FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

twitter

カテゴリ

検索フォーム

全記事表示リンク

月別アーカイブ

まとめ

手組みホイール JIS組み編

上級者向けの手組みホイール。
要領さえ覚えれば、組む(編む)のは簡単。
難しいのはスポーク長選びと真円仕上げ。

※JIS組みの正しい組み順は知らないので、
紹介するのは自己流の組み方です。

JIS組みはママチャリから、トラックレーサー
まで幅広く使われている組み方です。
ディスクブレーキの後輪にはJIS組がお勧め。
正しく組めば左右同じスポーク・パターンなので
前輪の向き間違いも無くて扱い易いホイールです。

お題は後輪のJIS組みです。
定番のタンジェント3本交差6本取り。


揃える物
ハブ
 ハブ リム スポーク ニップル
※スポーク径、主に2mmが14番、1.8mmを15番と呼びスポーク径に合うニップルを使います。
スポークのネジ山かニップルに注油しておくと回し易くなります。
(補足:リアの場合左右のスポーク長が違うので混ざらない様に上下互い違いに並べると解り易いです。ニップルも無くならない様にボールに入れて置くとやり易い)

工具
ニップル回し 振取り台 センターゲージ ‐ドライバー 
スポーク キー(エアロ スポークのみ)
テンションメーター(無くても良い)

リムは木リムですがニップル沈み止めの
ワッシャを嵌める以外の作業は同じです。

ハブ・スポーク
ハブの反フリー側にスポークを通します。
始めはどこからでも良いので、フランジの外側から1穴づつ飛ばして入れます。


穴
フリーを下向きにして、スポークをリムのバルブ穴(矢印)の左上(注意:右からだとバルブ上で交差します)から通して仮止め、(ニップルは指で回せる2~3回転程度の仮止め)次に穴3つ残して4目に通す。一周した時、全て穴3っつの間隔で残ってるか確認。

ひねり
フリー側を上に移して時計回りに回します。(スポークを通した後でも良い)

スポーク穴
フリー側のフランジ外側からスポークを垂直に立て、
必ず!図の位置(先に通したスポークのすぐ下)の穴に合わせてスポークを通します。
同じく1穴飛ばして通す。
※画像はフリーが下向きですが、スポークを通す穴の位置は同じ。

片側
時計回りに回してスポークを張った状態にしてフリー側のスポークを
リムに通します(ITA組みと違い並ばない)要領は上文と同じ。
お互い張る状態でスポークを組みますバルブ穴右側からが解り易い。
手でやりずらい場合-ドライバーでニップルを裏側から回すと楽。

ニップルエクステンダー
※ニップルがリム穴に通し難いときは、余ったスポークを使ってニップルの裏側にねじ込んで通す方法や、丸ヤスリの先端に刺して通す方法もあります。

両面
一周すると半ば出来上がり状態。
右も左もスポークの伸びてる方向は同じ。

ハブから
ハブ側から見るとこんな感じ。左右非対象の向き。

うちがわ
どっちからでも良いけど流れ的にフリー側からやりましょ。
フランジの外側から内側を埋めたので、
次はフランジの内側から外側にスポークを通します。
※画像はITA組だけど、通し方は同じ。

フリー
先ず、バルブ穴に近いスポークの首から左に数えて6目の穴に、
スポークを内側から通します。通したら右側に移動させ数えた6本目のスポークの後ろにくぐらせ交差させる。リム穴は交差したスポークのすぐ隣の穴、これを右穴から順に繰り返します。

※エアロスポークでも必ず交差させましょう。交差させないと、
剛性の無い弱いホイールになります。

反フリー
左側、こちらも同じように組みます。
右も左もスポークの向きが同じなので。

JIS組で前輪を組む場合も全く同じ。

仮組が終わったら、全てのスポークのネジ山が隠れる程度にニップルを回します。
ココまでは-ドライバーで、やった方が手っ取り早のですが、振れ取りからはニップル回しを使いましょう。

縦振れ
振れ取り台に乗せて縦振れから取ります。
ゲージ板から一番離れてる所のリムにゲージ板を寄せてホイールを回します。
ゲージ板に当たる部分のニップルを(ニップル回しは反時計回り)回して締めます。
一周して当たらなくなったら、もう少しゲージ板を寄せて縦の波打ちが無くなる程度まで合わせます。

横振れ
縦が終われば次は横振れです。リアの場合フリー側のスポークから締める様にします。
フリー側を右にしてセットします、左リムにサイドゲージを寄せて、(番離れてる所に)
ホイールを回します。リムにゲージが当たったら右側のニップルを回して右へ寄せます。
ココでは、ある程度治まれば良いので。

センター
センターゲージを反フリー側に乗せてリム・ハブの面を合わせたら固定、
ホイールを返してフリーにセンターゲージを乗せます。

ゲージ
センターゲージの先端が浮いていたら浮いている側が離れているので、
浮いている片面全てのニップルを回す。大体半回転ぐらい。
中央が開いてる場合も反対側が離れているので
(※決して緩めない)反対側を締めます。
これを繰り返し浮きの無い左右均等になればOK。

ニップル回し
エアロスポークの場合スポークごと捩り回ってしまうので、
スポークキーで押さえながら締めていきます。

テンション
スポークテンション。

縦2本のスポークを握り硬ければ大体○
緩い様なら全てのニップルを1~2回転締める。
メータがあればスポークの種類に応じた張力で締める。

プレーンスポークの場合、組み上がったホイールを
上から押し付けスポークの捩れ(なじみ)を取りましょう。
※エアロスポークはスポークキーを使っているので、不要です。
最終仕上げに、再び振れ取り台で振れ取りをする。

タイヤを嵌めれば完成。

スポンサーサイト

<< 手組みホイールITA組み編 | ホーム | 春の恒例お花見ブルベ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP