FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

twitter

カテゴリ

検索フォーム

全記事表示リンク

月別アーカイブ

まとめ

夏尾瀬歩き

oze
尾瀬に行ったのは3年前の2015以来か…
2016はDNE”2017は曇り(雨)で予定変更
今年は妹が山歩きで「憧れの地」と称する程
行きたがってる尾瀬、コチラも3年振りだ;
異常に疲れるが、この絶景は虜に成る*
過酷な旅に為ったが苦労の褒美も有った。

新宿バス亭
流石に終電輪行&ハイブリッド登山とは行かずw
1ヵ月前から、尾瀬行き高速バスの予約を取り
待つ事1ヵ月…異常な猛暑続きだったのに今日に
限って雨!と言うか予測不能の逆走台風が来た!
バスの運休は無い様子だし嵐でも行く気満々;
喫茶搭乗口
台風接近で汽車が止まる前に、戸塚で合流し
新宿へ…予定でも1時間の余裕を持ってたが
今回は早目速目で2時間、遅延も無くバスも◎
取り敢えず喫茶店で時間調整しようか。。。

尾瀬号21:46
バスが来て乗車。コチラ↑が新宿から尾瀬の
登山口(大清水)まで運んでくれる@尾瀬号。
22時出発で3:50着と仮眠が取れて早朝着と
時間一杯使える、気の利いた内容のバスだが
今回は台風の影響で殆どキャンセルが相次ぎ
乗客は我々を含め3名(!)でも決行と神対応。

大清水3:39
台風に由る倒木の遅延を考慮し、定刻より早い
3:20に到着”もう1人の乗客は戸倉から鳩待に
内容を変えた様子、我々は予定通り大清水から
真っ暗なスタート地点;雨も降り出して最悪だ。

@計画は尾瀬沼~尾瀬ヶ原の縦走コース。
04:00>大清水~3.5Km(1:10)
05:10>一ノ瀬~3.3Km(1:30)
06:40>尾瀬沼~3.0Km(1:15)
07:00>休憩*(0:20)
08:15>白砂峠~5.0Km(1:50)
10:05>見晴~2.4km(0:40)
10:45>竜宮~2.0km(0:45)
11:05>休憩*(0:20)
11:50>牛首~2.2Km(0:45)
12:30>山ノ鼻~3.3Km(1:20)
13:50>鳩待峠(到着)
※全長24.7Km 所要時間9:50

一ノ瀬4:40
先日買った雨具が早速役立つとは…ポンチョ+
スパッツの組み合わせは◎だったが結構蒸れて
汗で貼り付く;アームカバーも必須と分かった。
ヘッドライトも1~2時間程度だがコレも役立った
装備が充実してると不快感も緩和されて不思議。
大清水から砂利道を登る事1時間”一ノ瀬休憩所に

登山口
休憩所で一休みしてから出発”砂利道から登山口に。
やっと尾瀬入りか~長かった、この先は更に永い…

滝名水
木道を進み尾瀬らしい雰囲気だが、地形は絶えず登り
ハイキングと言うよりトレッキング感覚で疲れる;
途中で滝を見たが遠い、天然エイドステーションも
コップが有れば飲めると言う事だから飲んでみる*
冷たくて美味かった♪補給は間に合ってるから進む。

木道
一応コレも撮らないと@木道"登りだから階段状。

朝霧
夜が明けて明るくなっても5時台、鳥の囀りも聞えなく
静かな朝です。霧も出て幻想的な風景”これも醍醐味。

三平峠5:55
歩く事2:16ヤマ場の三平峠に到着!永い登りだった
大清水の標高が1180mで始まり、三平峠は1762m
582m登ったか;後は降りるだけだ♪その下りで転倒
雨で木道が滑り易く為ってて、左腕を打って仕舞った;

朝日
暫らくして尾瀬沼に到着!草原とも違った雰囲気。
@仙境尾瀬沼 花の原”ココもゲットしたぜ*

尾瀬沼6:27
雨が止んで日差しも出たからポンチョを脱いだのに(涼)
風が吹くと木の滴が落ちて、晴れてるのに雨と変わらん
で傘を出したら、道がガレ過ぎて不安定また転びそー。

進む
険しい湖畔沿い(南岸)を進み、だいぶ周り込んだ所で
歩き易い道に、こんなにハードと思わなかった(汗)
※遠回りでも北側(福島領地)の方が整備されてる。

花7:20
距離はそんなに無いのに歩き難いから時間掛って
もう1時間も経ったか;一応計画通りに進んでるが
まだ1ヤマ越えると成ると、体力が心配…
鉱山植物とか見て僅かな癒しを貰おう;;;

沼
沼尻に到着”また雨が降り出して来た!しつこいな。
折角の景色も台無しだが、到着直後は晴れてた。

雨宿り8:10
3年前に焼失した沼尻休憩所が再建され、数日前に
オープンしたばかり*で椅子やテーブルは未だ無し…
火災前は水や電気も使えたが、今は法や基準が変わり
再建しても昔の様には出来ないと店主が嘆いてた。

道が…シラス峠
メシ画像無かったが、軽く朝食を摂ってから出発
話しに聞いたがココも結構ガレてます;木道の先に
岩場!しかも雨のせいで道が沢登り状態になってる
尾瀬沼南岸ほどではナイが、険しい道を進んで
白砂峠に到着”看板落ちてるし、誰の仕業だ!

滑る8:30
峠=下り、しかし尾瀬沼から見晴まで5kmと言うが
この5kmが兎に角永い!2時間と見込んでるから
長丁場である;下り基調でも緩く、なかなか下りない
地形もやはりトレッキング系、滑り易い所も幾つか。
雨も降ったからポンチョを羽織る;@少数派だった。

自然美
川に差し掛かり、橋を渡ると、なかなかの自然美*
人工でなく自然が造り出した世界”見居って終う。

見晴9:40
少しペースを上げて行こう”と空いてるから早足で進み
2時間の所を30分短縮して、見晴の集落に着いた*
井戸水で冷やした泡に見惚れるが¥700にブレーキ
そりゃ~歩荷で運ぶから手間賃は解るけど…
必要な飲料・食糧は持参してるから、この場はスルー

高原
永い道のりを経て、尾瀬の真髄”尾瀬ヶ原に到着”
尾瀬沼と尾瀬ヶ原を一度に観て仕舞う贅沢旅*
雨も上がって晴れ間が広がっている”台風に怯まず
暗闇の大雨の中、ココまで歩いて来た者への褒美。

山小屋村
振り返ると見晴の山小屋村と燧ケ岳を一望”
ドコから見ても画になる景色ですな~

オゼ
取り敢えず見晴から竜宮へ、尾瀬らしい道を進む
前半がハード&雨で景色もイマイチだっただけに?
ココでは盆地なのに、止まりまくって撮りまくり。

県境
暫らく歩くと国境線”ココまでは何気にフクシマ@檜枝岐
そー言えば木道の質がグンマーと違って見えた様な?
※標高は1400m也。大分降りたが充分高原。

昼食10:23
今回も絶景を望める竜宮十字路の休憩場で昼食*
ハイキングは、おにぎり派!前回は暑さで腐らせた為
今回は保冷剤込みで持参したら冷えて、パサパサ;
お茶はポーションで希釈する物”水筒に氷水入れて
良い具合に冷たく濃いお茶(抹茶)が呑めて満足♪

おにぎり
大自然の美味い空気の中、おにぎり屋のメシ
雨も上がって、この時を待って居た!登山サイコー
折角ココまで来たなら、この楽しみは外せませんな。

尾瀬ヶ原
メシも喰った事だし、この道は飽きる程続くから、、、
日陰が無く暑いが風も吹くから、比較的快適*
牛首の分岐に差し掛かると、人が増えて来る…
それでも今回は、台風の後だけに人数は少なめ♪
諦めずに来た者だけが観れる絶景てなモノだ。

尾瀬
尾瀬ヶ原の景色は、和”の印象が微塵も無い。
妹曰くサバンナ…キリンやサイが出て来そうな
居たらグンマーの世界だな”未開の地であるが。

至仏山に続く道
至仏山が大きく見え出すと、終わりも近い…
名残惜しいが、自力でココまで歩いて来て直に見る
広大な尾瀬の景色に満足した様子、水芭蕉やキスゲ
と言った花のシーズンを敢えて外したが、結果◎。

山ノ鼻11:45
山ノ鼻に到着、温度計は26℃を指して居た;温い。
後は永い登りだ(汗)予定より早目、登りで失速しないか
まぁ、その分を考慮しての早足だった訳で…

階段
暫らく緩やかな木道の登り坂、木陰で涼しく沢の流れも
涼しげ*しかし長い!隣に見える至仏山の巻き道だから
鳩待峠は、あの稜線の所まで登ると思うと…そして階段
傾斜は段差は低いものの、ココまでの疲労が溜まって;
序でに木の焼印”見ると東電のマークがイヤラシイ。

ハト待峠
12:44予定より1時間早くゴール!約9時間”
相変わらずの耐久戦;早朝スタートと時間に余裕
あって、トラブルも無かったからココまで来れた*
ちなみに:鳩待峠の標高は1591m也。

タクる
戸倉迄の乗車券を買って、時刻表見ると…
あと1時間か~早く来ても乗り逃し(自爆)売店で物色
しようと仕た所に、乗合タクシーの人が乗車券を
見付けては集めてた*定員発車だから都合が良い。
バスより早く確実に座れ、値段も一緒!いがった♪

戸倉温泉13:16
乗り逃しを一気に解消出来たから、次のバスが出るまで
1時間の余裕が出来た、早ければ候補に入れてた温泉
ポンチョで汗だく状態に為ってたから、温泉でリフレッシュ
空いてたが、結局中は撮れず終い…戸倉温泉も◎です。

風呂揚り
風呂揚りはAlcですな*チューハイから始めます。

路線バス
20分前で行列が出来始めたからバス亭に;
帰りに高速バスはリスク大なので、路線バス。

途中下車14:57
途中下車します、この時間でも帰りの汽車まで1時間
以上の余裕が出来たから、もう1つ通り沿いの観光地
ふきわりフキワレの滝へ、途中下車の旅*

浅い滝
バス亭から直ぐ行けます、この通りもフリマの様に
路地に商品並べて売ってた;中には歌ってる店も(!)
で、滝の方へ>>>雨の後で水量が凄いです。

通路
更に進んで吹割の所へ、ココから進むの久し振りだ。

フキュワーレ
自称:東洋のナイアガラ@滝は吹割 片品渓谷。
吾が輩は、上毛かるた”の名所巡りが好きだ。

内阿柄
今回は水量が激しい!水飛沫が涼しい*
この滝にはフキュワーレが棲むとかなんとか?

尾瀬カード
次のバスに乗ります、遅くてもコレに乗らなきゃ
間に合わない;時間調整で温泉と滝まで観れた♪
バスは目敏くカードを購入¥3000で¥4350!
¥1350も得するカードで、戸倉~沼田間は¥2050
2人で¥4100”¥250の残が付く程、得なカード*
吹割下車で長距離割が減ったが;+550程度で済み
正価より¥1350は得して観て回れた♪目敏いっ!
※この割引率&利用エリアは利根・沼田地域のみ。

ヤマドリ
帰りは恒例のヤマドリ*沼田~上野を走るから
乗車時間も長く寛げる、毎年恒例になってますな。

シメ16:50
シメの反省会”今日は独りでナイのが救い。
今回の旅も殆ど自身のプランで取り纏めて仕舞ったが
長い時間の中、正確に?進めて尾瀬沼・尾瀬ヶ原~
温泉・吹割の滝・ヤマドリ反省会と、お互いに楽しみ
疲れたが;充実の旅が出来た!余韻に浸り一献*
最後は緑で二次会して、帰宅、爪先はヒリヒリだった。
※歩数45351歩・距離34km・2011kca;疲れる訳だ

テーマ : 山登り - ジャンル : 趣味・実用

<< 家族旅行 | ホーム | 道楽の旅 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP