FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

リンク

カテゴリ

検索フォーム

全記事表示リンク

月別アーカイブ

プチ海外旅行

見えない
離島へは海外旅行と言うのだろうか??
利布創さんのリクエストで、伊豆大島に行こう!
と言う話しを思い出し、船の運行表を見てたら
7/7迄は6時間滞在出来るが以降は4~2時間
この機会を逃したら、秋まで行く機会は無さそう。
天候は不安定だが;取り敢えず決行する事に”

高速船8:40
大島行きの船は熱海から発着してる*
しかも高速船だから、移動が速く時間を買える。
&Mさんの情報で通常往復運賃¥9040の所
56%オフ¥3980で乗れるから素晴らしい。

速い!
船の形をしてるがスクリューも舵も付いてナイ
ジェットエンジンの推進力で船体を浮かして走るから
異様に速い!波の影響も受け難いから揺れない
面白い船です、今日は伊東経由で大島に向う。

乗り換え10:24
トラブルで出港は遅れたが、殆ど定時に着岸
船にも回復運転が有るのか~只でさえ速いのに。
おかげで乗り換えのバスにも間に合い、山へ。

ミスト
登山口は霧と言うか雲の中と言うか…視界悪。

見えない11:10
大島への移動条件は最高だったが天候は最悪
観光は期待できないが;折角来たから行ってみよう。

進む
視界が悪くても、取り敢えず1本道なら迷わない。
晴れてれば三原山が正面に見えてた筈…

殻11:20
所々にシェルターが在ります、活火山なので。

火山灰
火山灰と言うか墳石?
こ~云うの見ると火山島に来た感が。

鳥居11:40
歩き始めて30分ほど、火口の上まで来ました*
意外と近い;展望0だから登りに専念したからか。

鉢へ
山頂に着いた途端に暴風!取り敢えず鉢巡りを。

火口へ
火口が最もよく見えると言う展望台へ…

展望台?11:50
ココが展望台…展望はありません。

火口?
この下に、呑み込まれそうな火口が在るらしい。

トイレ
分岐点に折り返して来た、この要塞はトイレ。
さすが都会の山ですな、上は展望台、展望ナシ

鉢巡り
視界は悪いが、行く事に意義が有る”ので鉢巡り
ココから先は未舗装のダート、登山フル装備なので。

超暴風
正午を知らせる放送が流れる…山の雰囲気台無し;
先に進むに連れて風が強くなる!火口に近い位置
画像では分からないが凄い暴風が吹き上がってる。

撤退12:03
竜巻に巻き込まれた様な?凄まじい暴風”
吾が輩でもよろける風圧”これは危険と判断し
撤退!折り返しても、受ける風で息苦しい;

墳石
ある程度戻ると岩が風避けになり少し穏やかに
ソレでも強風;さっきのは風速50m…大袈裟?
鳥居の分岐まで戻り、帰りは別ルートで下山。

分岐12:20
分岐点…鉢を回ってココへ出る筈だったのに;
この近くに20~30年前の噴火口が有るのだが
この天気じゃ、どーせ見えないでしょう、下山!

下りも向い風
下りも向い風です、吹き下ろしでなく吹き上げ!
こんな天気でも雨でナイのが救い、気温も20℃台
登山装備のせいか?ダメージは軽い方。

黒砂漠12:31
だいぶ降りると風も弱まり、周囲も変わって来る。
富士山の様な細かな砂利道で膝に優しい*
火砕流も黒く、黒砂漠みたいな雰囲気。

岩だらけ12:46
更に進むと岩が沢山”溶岩石と言うか墳石だろうか
こんな岩が高温で飛んで来たら生きた心地しない。

奇岩
奇岩がたくさん*鬼押出しみたい…
行った事無い(行けない)けど。

森
後半は殆ど平坦な道、山をナメた格好の人も目立つ
我々(ガチ装備)が大袈裟なのか?高尾山みたいだ。

三原山温泉13:11
下山を終えた所に温泉場が在るのは至高!
@三原山温泉。
霧を浴びて変な濡れ方;汗を流して着替えたい。

漬かる粟
宿だが日帰り入浴可能@入湯料は¥800也
内湯は熱く泉質も濃い、露天風呂は温め、、
三原山を一望出来る筈が、例によって。
風呂揚りはタンサン♪また汗が噴き出る;
バスを待つ間に停電が起きた!色々あるな

IMGP22066.jpg15:12
バスは予定より早目に来た、登山口をパス?
乗客全員岡田港目的で、快速状態で船着き場へ
下界は停電の影響を受けてナイ様子だ。

もー1杯鼈甲寿司
帰りの船は16:45の便、時間が有るから
1杯呑みましょう♪肴は名物@鼈甲鮨*

岡田の町八幡
出港まで1時間近く余ってる、山歩きなら
滞在時間6:30も要らなかったかな?
取り敢えず、岡田の町を散策してみる事に。

帰り
時間になって乗り場へ向う。。。
次は自転車で来たいモノだ。

派手な船16:40
帰りの船は派手ですな(汗)

お伴デカイ船
帰りの お伴はチューハイ。船酔いが先か酒酔いか?
帰りは↑の接岸待ちで、出港15分遅れ;
波も高くて船体に当ると揺れた&横揺れは苦手。

徒歩18:20
到着は10分遅れ、まぁ帰りは時間の縛りは無いから
歩き足りない&バス待ちが嫌で、徒歩で熱海駅へ。
約30分、駅に着くと18:40の汽車が有る様子、
寄り道ナシで汽車に乗り解散、平塚対策は緑。

ミヤゲ
8時過ぎに帰宅、風呂は済んでるからメシと晩酌。
今日のミヤゲ物は名物っぽい岩のり。
ツバキも有名みたいで、椿アブラも*
初の大島は曇りで残念だったが、成果はあった。
今度は晴れでリベンジ!&ポタも計画してる。
@利布創さんのログ

テーマ : 山登り - ジャンル : 趣味・実用

<< 梅雨時はメンテに限る。 | ホーム | 第1回・さわやかオフ >>


コメント

コメントの投稿

 BLOG TOP