FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

SIDI テクノⅡシステム交換

SIDI リペアパーツ
ぼちぼちコレも替え時だったので、取り寄せました。
SIDI TECNOⅡSYSTEMって云う靴紐です
切れそう…
2年程度ながら使い古してヒビ割れが目立ち切れそうなので、
テクノⅡシステムのユニット交換と行きます。

テクノⅡシステム
足の甲の部分を適度に締め付けるSIDIシューズの部品。
リペアパーツは¥3000也…ちょい高っ。
構造はロード・MTB共通だとか。

説明書1
説明書は全部英語…読めません!

説明書2
なんとなく絵柄で想像がつきます。

工具
工具はこの2点だけ。
※留め金具と同じ径の針があればソレ1本で十分

押し出す
旧式は、どっちからでも良いので、片側を押し出す。
※留め金具と同じ径の針なら貫き出す、次はパス。。

引き抜く
飛び出た部分をラジオペンチで引き抜くと上の紅白色の
2個の部品が外れて黒い突起だけが残る。

押し込む
説明書の図3”に描いてあったリリースレバー…?部分を
(枠を押さえながら)押し込むと簡単に外れる。

引っ掛け上げる
靴紐の一端の外し方に説明書ではフタか何かを取るってあるケド
軽量化のロードだから省略されて、こんな形にくぐって留めてある。
片隅から針を通して引っ掛け上げる。

古いの。
全部外して、こんな具合。壊れて無いけど良く持ったもの

新しいの。
そして新品のテクノⅡユニット!柄が少し変わった♪
※ユニットに右用左用は無いです。

引っ掛け穴
引っ掛け穴が2ヶ所あります、突起部分を穴に嵌めて紐を
引き上げながら本体を下から押し上げます。
※紐は先にくぐらせて置きます。。

くぐらせ
締まるとパチッっと鳴ります…鳴らなくてもガタ付かなければ○

ココもくぐる
忘れがちなココも忘れずに紐を通しておく。
注:よじれて無いか?確認!クロスしてると締めた時痛い。

引き出す
出すのは簡単、入れるのは…紐は固いので簡単に出て来てくれない;
針を使って僅かな隙間から引き摺り出します、
出て来たらコレを端に回して引っ掛ければ完了。

穴
次はピンて固定します、紅白と黒い突起の穴が一直線に合う様に
揃え留め金具を填め込んで固定。
※新型は留め具の通す方向が有るらしく穴の大きい方に金具を
通して填める、小さい穴には金具が入らない。

ピン押し込み
金具を押し込む、緩み止めのギザギザが付いてると入れ難いが…

交換完了
交換完了!ココだけ妙に白いぞ(爆)使う内に馴染むか~
スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< 今週もトレイル | ホーム | 整備依頼 >>


コメント

写真の説明書は英語じゃないみたいです。
スパニッシュぽい。

スパニエルは知ってるよ♪

かいちさん こんばんは。
英語じゃ無くスパニッシュ??尚更解らない訳です(汗)
アルファベット=英語…と勝手に解釈し誤魔化してました(大笑)

パーツ交換

SIDI_GENIUS6.6CARBON が、オヤジと同等位の年齢になりましたので(爆)、SIDI エルゴ2ライト VE を、予備で購入しました。
えっ、こういうパーツも、購入・交換できるのですか。
踵の赤いのしか、交換した事ありません。
エルゴ2の真ん中のこれ、微調整が走りながらでも出来るので有りがたいシステムだとおもいました。

意外と消耗品

オヤジさん こんにちは。

ロードシューズってクリート交換すれば無限に使えると思ってましたが
中身は磨り減り臭いが馴染む(爆)踏み外しで底はボロボロ
やっぱり交換は余儀なくされますね…高価いのが(汗)

因みにSIDIのこの部品、微調整出来るので良い物ですが
交換で、外すのは簡単でも取り付けは結構大変です。
紐が切れたら釣糸の16号で代用出来ないモノか…?
※走行中の調整は危険ですよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP