FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

クランク外し(XTR970タイプ)

FC M970
ホローⅡのクランクの脱着方法の中でFC-M970と
非売のFC-7800-Cだけは左のクランクに割が無く
従来の圧入方式と同じだか、脱着方法は少し異なる。

クランク工具
脱着にはコレだけの工具を揃える。
以前のは上2個に対して今回は下の4個使う、
専用工具TL-FC35クランク取り付け工具(取り外し?)
専用工具TL-FC17アジャストナット工具
8mm&2.5mmアーレンキー…重いから持ち運びには向かない。

クランク ボルト
先ずは専用工具TL-FC35を嵌めるのに、この工具の片面
(小さな突起部分)でクランクボルトの部品を外しておく。
※ネジ山は逆ネジなので、時計回りで外れます。

外す
専用工具を返してクランクに反時計回りに回して締め入む、
クランクを固定するボルト自体が時計回りなので、
この工具は共回りしない様に逆にネジ切ってある。
8mmレンチを穴に入れて反時計回りに回して軽くなるまで回します。
※かなり固いので体重を掛けて回します。
※専用工具TL-FC35がクランクにカジリ付いて外せなくなった場合
TL-FC35に開けられた穴に5mmレンチを差し込み梃子にして回す。

取り外し
これで外れました、左側の軸を押せば右側クランクが外れます。

外すとデカいオクタみたいですね、この脱着方法はISISや、
M-950のワンキーレリーズ(レンチ1本で脱着)と同じか~
オクタリンクより大径軸だから大掛りな工具を要したのかも?
剛性あっても気軽に脱着出来ないから汎用性(レース物に?)
無くて面倒!人気無かったのか?M980では割型だし~
期待のFC-7800-Cは自然消滅…このせいだと思う。
クランク軸
知らんケド、他メーカーもこの割の無い圧入方式のクランクなら、
取り付けボルトだけで脱着するのかも…高速頭や競走顔なんかの
クランクは割が無いし、軸の方も圧入型の軸だ!クランクの方は
昔のワンキーレリーズの様な形状のボルトが付いてる、だから
シマノみたいなデカ重い工具は使わないだろーけどね。???

アジャストナット
今度は取り付けます。
左クランクのアジャストナットを奥まで回して置きます。
最初に外したクランクボルトの部品も取り付けておく。

締め込み(圧入)
クランク軸と嵌合部分にグリスを塗ってから左クランクを
溝に合わせ8mmレンチで回らなくなるまでガッチリ締め入む!
専用工具は不要で、8mmレンチのみで締め込みます。
※クランクとレンチの位置関係はこの位置が力を掛け易いです、
左手でレンチを押さえ付けて固定、反対側の右手でクランクを
回して力を入れ締める(この時はチェーンを繋げてない事)

隙間
本締めしてもコレは僅かな隙間が出来る物です、この隙間埋めに、
アジャストナット専用工具TL-FC17を使って締め込みます。

アジャスト
専用工具TL-FC17を挟み入んで時計回りに回すとBBに寄ります
BBを押し当てながら球当て調整しますイイ位置で2.5mmのレンチで固定。
右側クランクにチェーンを掛ければ完了。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< 大野山からの紅葉 | ホーム | クランク外し(ホローテックⅡ) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP