FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

チューブラーのタイヤ交換

28”×19C
気が重いなぁ~チューブラーのタイヤ交換…
消耗品だから替える必要あるけど、楽に出来ればね~
最高のタイヤなんだけど、はい今回は28×19Cにしてみた。
ボーラのリム幅20mmに対して19mmって連一…??

チューブラー糊
チューブラータイヤはクリンチャーの様にリムに引っ掛ける物が無く
タイヤの乗る所、浅いすり鉢状の所に粘着剤を付けて圧着させる。
粘着剤は液状のリムセメントと言う粘着剤がある、
コレをタイヤの乗る部分に塗ってタイヤを嵌め固定させる。
※剥がす際はリムセメントクリーナーでリムセメントを溶かして取る。

リムセメントは固定力が強くて劣化し難くい、制動時の高温にも強い
しかし粘着剤が固まるまで待つ必要があり24時間は乗れない、ムラ無
く塗る必要がある為、装着後はみ出たリムセメントを取る手間もある。

リムテープ
今回リムセメントは面倒くさいから、リムテープを使います。
このリムテープはチューブラー専用両面粘着!要は両面テープです。
リムセメントの様な手間も時間も掛らず簡単に貼り替えられます♪

固定力はリムセメントより劣りますが、走行で剥がれる事は無いし
スプリントでズレた事も無いから結構イケますよ。
※リムセメントは固定力が強過ぎて剥がした時カーボンの表皮が
剥がれる事も…リムセメントは金属リム、リムテープはカーボン用?


剥がす
じゃ、作業に入ります。
先ずタイヤ内の空気を全部抜き取ります、バルブは開き放し。
次にリムサイドのタイヤを指で起こして粘着剤を剥離ます、左右共。
※リムセメントの場合は先にリムセメントクリーナーを染み込ます。

挿してスライド
左右のサイドを剥がしたら次は届かなかった中心を、やります。
マイナスドライバーを挿します、タイヤレバーでも可能ですが、
マイナスの方が挿し易いので…サイドを剥がしたので簡単に通る。

起こして捲る
マイナスドライバーを横に動かしリムとタイヤの間を剥がします、
大体4分の1剥がした所でマイナスドライバーを起こして捲る。

引き剥がす
後は、ゆっくり真っ直ぐ引き剥がすだけ、勢い良くやるとカーボンの
表皮が剥がれたりリムテープの欠片がリムに残ってしまう。
※リムテープの場合テープはタイヤ側に着くのでリムは綺麗です♪
リムセメントだとリムに残りますので、除去する必要があります。


引っ張って貼る
取り付け、リムテープは2~3回使い回しが効くけど、タイヤ交換
なので、新たに貼り直します。バルブ穴から貼り始め一周させます。
@貼る時はシワやズレが出ない様に一方は、引っ張って縁に合わせ
も~一方はそのラインをなぞって貼り付ける。
※リムセメントの場合、古いのを除去してからリムセメントを
2回程重ね塗りした方が固定力が増して、長持ちもする。

テープを巻く
ディープリム(リム高のある物)は通常のバルブ長では届かないので、
バルブエクステンダーを使って延長します、チューブラーは全てバルブ
コアが外せるので、同じネジ切り径の延長バーを付けます。
※カタカタ音や浸水を防ぐ為、ビニールテープを貼っておくと良い。

最後がツライ!
タイヤはバルブ側から始めます、剥離紙は少しだけ捲って
タイヤの外に挟んでおきます、全部はまだ捲りません。
タイヤを引っ張りながらリムに乗せ、後半はキツくなるので
ズレ落ちない様に膝で挟みながら端から嵌めて行く…
かなり力が要ります(滝汗)ムカシはタイヤを延ばす工程があった
モノ…今のチューブラーは伸びないヤると縫い目が切れます!

一周させて中心出し
やっとの思いでタイヤを装着させたら、センター出しです…
まん丸タイヤなので、リムに乗せても微妙に捩れてるから
中心に合わせる必要が有ります。まず少し空気を入れ…
面倒なんで(爆)またマイナスドライバーを使います。
剥がす時と同じ要領…コレを一周~戻ってまた一周♪コレで終わり。
※リムセメントの場合は出来ません(汗)

左右均等か確認
さっきはラクしたケド(;^_^A 基本は↑横をみて生地の部分が変に
リムに隠れてたり、逆に他より出てる(反対側と均等であるか?)
リムセメントを使った場合は、はみ出たリムセメントも拭き取る。
センターが出て居れば車輪を回した時、タイヤが上下左右にブレない。

剥離紙を剥がす
センター出しが完璧なら空気を抜いて、予め引っ掛けておいた
剥離紙をゆっくり引っ張って剥がして行く、強く引くと千切れます。
捲り取ったらタイヤに適正空気圧を送りタイヤを圧着させる。

交換後
1本でも、しんどいのに~2本は大変だ(´Д`;)これで暫らくは
新しいタイヤで走れる♪チューブラータイヤの脱着は難儀でも
カーボンリム オーナーの定めかな?乗り心地の良さで許せちゃう。

※所有してる車輪を見たらボーラ・木リム・Ti塊ホイール…
チューブラーだらけだ(汗)。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< 去年の10倍 | ホーム | 意外な所にトレイル >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP