FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

twitter

カテゴリ

検索フォーム

全記事表示リンク

月別アーカイブ

まとめ

リムの縦傷

溝に填まって(汗)
先週の日曜日、戸塚のさくまさんと足柄峠へ行った時の事、
我が峠で飛び出した後、戸塚のさくまさんにアクシデント!…
前輪を側の溝に嵌め込んで終った様で、登りの低速で転倒は無かったが

幸いケガは無かったが、代りにリムがガリガリッと深く引っ掻かれ
右側1/3面は、この様に縦に傷が付き危険な状態!
頂上で取り敢えず応急処置としてパンク用のヤスリを雪で濡らし
鋭利な棘だけ削り取り、ブレーキシューへの付着を抑える。
ボロボロ…
あの日、自走で帰れば修理を請け負うと申し挙げたので、
お互いホイール交換し合って帰宅、翌日見るとコレ!キツイわ。
取り敢えず…メーカーに現行ゾンダのリムを訪ねたら¥17893?
2万近く費ると戸塚のさくまさんにメールしたら削って直して(泣)

クラック無し
ホイールは使って1年程だし、傷は右の1/3面だけだから巧く
ヤれば使えそう…このリム、チューブレス対応でも有るから厚みが
あって丈夫!裏側を見てもクラックも無いしウン!イケる。

金ヤスリで削る
初めはグラインダーやルーターと言った電動削りを使おうかと
思ったが相手はアルミ製の競技用リムだ!こんなの使ったら壊れる。
ここは地道に金ヤスリで度合いを見極めながら削って行こう。

紙ヤスリで削る
金ヤスリで荒削りしたら、仕上げは紙ヤスリで整えて行く。
指の触覚で凹凸面を確認しながら、削って行き平にしておく。

見掛けは…ね。
で、完成!見掛けは新品同様に仕上がったケド消耗量は1万㌔相当
削った事になる…まぁ~ホイール生かしただけでも本望かな。

ついでのリム磨き
ついでだから、リム・ブレーキ面の汚れを落とす軽石で磨き
前後共キレイに仕上がった♪(板金箇所だけ綺麗なのは許せな
かったので)これで制動力も上がって安全度もUP!

試乗後
試しに試乗してみた所、異常無し!僅かに残った傷跡にシューのカスが
詰まる程度だが、当初より随分マシ!少し振れが出て居たので
振れ取りを行い、ゾンダ特有のラチェットも大音響していたから、
我の鳴く輪も黙る調合油で黙らせ完了。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< クロマニアと風張峠 | ホーム | 長かった1年 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP