FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

twitter

カテゴリ

検索フォーム

全記事表示リンク

月別アーカイブ

まとめ

完組を手組化

しまだ邸
吾が輩にとって、心の恩師だましのしまださんが、このたび自宅を
新築に建て替えた事を記念して何かプレゼントを贈りたいと思い、
貰っても有難迷惑なんて言葉が有る様に、結構難しい…で!
吾が輩ならではの技能を使ったモノで喜んでくれそうな物を贈った。

※この建て替えの切っ掛けは…実は我の仕業で…この日依頼された
ハブのメンテをヤった時、組み付け順をネットで確認する際、自宅に
あがったら床がミシッ(?!)そりゃ~重種馬が入れば沈むあ。
築年数が経っており、究極の選択も我の訪問で即決したとか(爆)

XEROホイール
吾が輩が考えたのは、FELTに使われてるホイール。購入してから
一度も(確か7年?)交換して無いリム…その為、かなり摩耗して交換
時期の目安に設けられた印も原形が見当たらない程 擦り減ってる。
以前から、この減りが気になっており;リム汚れを落とす毎に窪みや
傷のささくれ部分が嫌で交換を促したが先立つ物が多いと言い保留。
超摩耗
で、我の悪企みは新しいホイールを贈るのでは無く、リム交換をヤる!
しかし…このXEROのホイールは年式が古くリペアも無い状態。
でも我はFELTを熟知してるから他の方法を探ったら条件が一致♪
予定通りハブは既存、リムは他メーカーを使って移植する手を決断。

ALX320用リペアパーツ
他社メーカーのリムに移植するには様々な条件を通過する必要がある!
①スポーク&ニップルが専用設計で無い、手組と同じ形状に限る。
②ハブとリムの穴数が同じ数(リムは必須)ホイール径にも注意。
③スポークのクロスパターン(編み方)が類似してる方が成功率高い。
今回の場合AclassのALX320DXと云うトライアスロン系ホイールを使用
全く同じパターンで条件も一致(゚∀゚)ъ Aclassは完組ホイールの有名
メーカーだから補修パーツも必ず在庫して在る♪数少ない650Cです。

ハブは流用
ハブはそのまま使います、分解前にスポークのクロスパターンを写真や
図面に描き記して置かないと完組の場合、特殊な組み方も有るので
戻せなく為る事があるので注意!

スポーク スケール
ホイールの形状(クロスパターン)が同じでもハブのフランジ(鍔)幅や
リムの高さが微妙に異なる場合が起こるとスポーク長も変る。
今回の場合元のリム高は26mmでコレは27mmと1mmだが誤差がある

スポークセット
スポーク長を計測して1mm誤差なら替える必要も無さそうだが、
リム高が1mm増しだと長くなるので短い方へ交換、
まぁ~スポークも大分使ってるから替えた方が良いモノね。

冷や麦と、そうめん
せっかくだからスポークにも拘ってみた♪同じDTスイスのスポーク。
カラーは同じブラックにし、元々使われていた物はプレーンの2mm
(チャンピオン)だが、1.5mmのトリプルバテット(レボリューション)
に替えて軽量化と空気抵抗軽減でペアで100gほど軽量化できた♪
因みに力の掛るフリー側のみ従来のプレーンスポーク。
並べると冷や麦と、そうめん…みたいな太さの違い。

アルミニップル赤
軽量化はコチラが大いに貢献!アルミのニップルです。
カラーバリエーション豊富だし外周の軽量化は長距離の強い味方
しまださんのイメージカラーは赤なので、レッドを採用。

無地でシブイ!
リムにはロゴやステッカーが無い無地で、ある意味シブくね~?
物足りなければ、BORA鯔とかジュラジュラとか~
なんちゃって(≧∇≦*)ゝ偽ステッカーを貼りましょう。

FELTホイール改
予め押さえて置いたスポークのクロスパターンを参考に編み上げ
コレもバラす前に計ったスポークテンションも適正値?に合わす。
後は同じホイール組の手順だ、完組はスポーク少なくてラクだね♪

馬好き さん御用達タイヤ。
タイヤはオマケです…ハブ以外全替えじゃない(爆)イイんだ!
贈り物は豪勢な程、思いが籠ってる証拠(笑)タイヤは半強制的に
コンチネンタルです!チューブもリムフラップも全てコンチで統一!!
馬好き さん御用達タイヤ…しまださんは馬好きなの??
GP4000は見栄じゃ無いです、650Cはコレしか無くて(汗)

XEROホイール
↑ビフォー↓アフター
移植後
一見…あんまり変って見えないケド、部分的にカスタマイズされてます。
軽さでは全部で200gの軽量化…微々たる数値;(´д` )
まぁ~缶コーヒー1本分軽く成ったと思ってくださいな。
スポークは微妙に細いッス!走るまで効果は不明(爆)
タイヤは非の付け処が無い!我が履いてる程だからε-(ー´*)

異なる二本のスポーク厚
こだわった太さの違うスポークの配分、元完組とは思えない
レーシーな雰囲気に吾が輩のマニア度が多いに滲み出た(笑)
※クロスパターンを良く見たらJIS組だった。解る人はPRO

XEROハブにALX320DXリムと云う異色の組み合わせだが、
リムが無地なので、違和感は無いε-(∀`*)我ながら会心の出来栄え
軽量化とアクセント
黒スポークに赤ニップルを使うと最近の完組ホイールっぽい
雰囲気に変貌するね、色合わせでバルブキャップも赤にした。

新品には新品を
あ~そうそう、コレもオマケでブレーキシューも!新しいリムに
古い金属片の刺さったシューで制動掛けられちゃ意味無いからね。

吾が輩の大好きなコンチのタイヤ♪しまださんにGP4000は
大袈裟かも知れないケド…実は安全面も考慮してるんです。
並のシリカコンパウンドとはワケが違うブラックチリ・コンパウンド配合
カーブやブレーキ時には強いグリップ力を誇りながら、走行時はその
グリップ力が嘘の様に感じ無い路面抵抗の低さがコレに有るんです♪
※スリックパターンながら雨でも滑らない特性も持っている。
そしてガラスを踏んでも跳ね返す対パンク材ベクトランブレーカー
峠のカーブ端って小石が散乱して穴開け易いからね、防備壁よ。
完組の改造版
リムを裏技で新品に取り換えたからコレで足回りの心配は無くなった♪
ブレーキの制動も安定するし、微量だが軽量化で輪行も楽に為りそう。
アルミニップルで加速もイイから長距離や峠越えにも活躍を期待!

しまださん
今年はFELTの乗車率が上がるかな?気に入って貰えたので今回の
ミッションは終了♪このホイールのインプレは今日?後ほど…??

喫茶
※オマケ…ホイールを贈ったら逆に、持て成されて終った(汗)
コメダ珈琲で白のワル(?)を御馳走して貰いました♪
スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< 次の一手へ | ホーム | 2011お花見ブルベ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP