FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

手前を変える

ブレーキケーブル
馬の歩調の話しでは、ありません(似てるが…)手前を変える意味とは?
ブレーキレバーを引た時、右手側が前ブレーキ、左手側が後ろブレーキ…
普通このカタチで組まれてます、乗り手の利き手や握力のコントロール
し易い方で組まれてる様に思えますが、海外産のモノだとコレが逆向き!
ケーブルの取り回しではスッキリ纏まるし慣れも有りますが…
違和感も大アリです!ブレーキ系は重要なのでコントロールし易い方に
合わせる事が望ましい物です。今回は簡単に手前を変える方法です。
※フラットバー編なので、ドロップ&ブルホーンには対応していません。
ドロップ&ブルホーンの場合、インナーケーブルを外しバーテープも
めくり外したりと面倒ですが、手前を変える事は可能です。
アジャストボルトを上げる
ワイヤー式ディスクブレーキの場合アジャストボルトを
反時計回りに回し、ローターに当るまで引き上げます。
※この調整ネジが無いモノはレバー側で行って下さい。

ケーブルを外す
ケーブルを固定しているボルトを緩めケーブルを外す
これでケーブルがフリーの状態になりました。
※Vブレーキ&カンチブレーキの場合、車輪を外す時の要領で
解除するだけでケーブルがフリーに為るのでラクです♪

アジャストボルトの割れ目を合わす
アジャストボルトには割れ目が有るので連一に合わせます。

ケーブルが外せる
ブレーキレバー本体にも溝があり、ココから斜めにケーブルが通せます。
反対側も同じ要領で外せば左右を取り替えられます♪
こ~する事でケーブルを切らずにブレーキの手前が変えられます。
※あとは逆の手順で組み付ければ終了です。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< 試走ポタ | ホーム | 奇跡の晴れ♪目指すは山! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP