FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

ヘッドメンテ(インテグラル編)

ヘッドメンテ
カーボンフレームのロードでは定番と、なっているインテグラルヘッド。
ベアリングの受け皿がフレームそのものに成って、ヘッドを圧入しない
で済み、一体に由る剛性UP、高さが無い為 低いハンドル位置も可能♪
そして、なにより100%シールベアリングなのでメンテナンスが容易!
~路面からの衝撃を直に受けながらも、ハンドルをスムーズに切るのに
欠かせない部品!しかし存在自体が目立たないヘッドパーツ…実は
消耗品でも有る…長持ちさせる為にも定期的なメンテが必要です。

ブレーキを外す
今回はロードを使っての紹介ですが、MTBやクロスバイクでも
インテグラルなら構造は殆ど一緒です。
まずフォークを抜いた時にブレーキが引っ掛るのでブレーキ本体を
フォークから外して置きます。※ケーブルに繋げ吊るしたままでOK!

トップキャップを取る
ステム上部のトップキャップを外します。

ステムボルトを緩める
ステムボルトを緩めます。
捩れるので必ず、交互に緩めて行く事。

アンカーナットを緩める
ステムボルトを緩めたのにステムが噛んで抜けない場合があります、
カーボンコラムの場合、スターファングルナット(星牙)が打ち込めない
構造なので、代りにプレッシャーアンカーが入ってる。コレが内側から
外側にカーボンコラムを膨張させてるので、ステムが密着した状態。
もちろんアンカーナットを緩めるだけで縮みます。
※ステムが抜けるぐらいの軽い緩めで止めて下さい、
緩め過ぎるとアンカーナットがコラム底に落下します。

ステムを抜く
アンカーナットを緩めたら簡単にステムが抜けます♪
ステムを取ったらヘッドスペーサーも取ります。

ヘッドカバーを取る
ヘッドカバーを取ったら次はヘッドベアリングですが…
割れ目の入った上玉押しが在り、コレが上に上げ様とすると
喰い付いて外し難い!グリスで充満して滑り易いし~
なので手荒だが(笑)フォークのコラム上部を叩きます!
コレで少し浮くので、割れ目の入った上玉押しを抜き
ベアリングも外せばフォークが抜けます※前輪は外して置く。

フォークを抜きベアリングも取る
全部外したら、古いグリスを拭き取ります。

ベアリングの状態をチェック
外したベアリングの状態をチェックします、手で転がしてみて
多少…回転抵抗が有ってもスムーズに回る様ならOK!
ゴリゴリ感や逆にグリスが枯れて空回りする様なら逝ってます。

ベアリング規格
長所もあれば短所も有る…インテグラルヘッドのベアリングには
複数の規格が在り、全て互換性が無い!しかも規格はフレームに
依存する為、欲しいヘッドが有っても替えられない事も有る。。。
ベアリングに規格が印してあるので、交換する際はソレと同じ物に限る。

ベアリングが分解
※装着時には向きが有るので要注意です!間違えても入るので厄介…
間違って付けると、いずれバラバラに分解してガタつきの原因になる。
向きは先の画像から…外輪の一ヶ所に角度のついた部分が有ります、
ソレがフレーム側にも同じ角度の付いた溝が有るので互いに合わす。
@逆に内輪にも一ヶ所、角度のついた部分が有ります、ソコは
フォークの筒(球押し)に当てる部分です。

フォークにベアリングを嵌める
グリスは惜しげも無くたっぷり塗ります♪フォークの玉押しに
塗ったらベアリングを付けます、更にグリスを塗り重ねます。

グリスをたっぷり塗る
椀にも塗りまくる!何故ココまでグリスを塗るのかと云うと…
防水・防塵の為、耐荷重に強くする為、ベアリング内のグリスを保護
する事で動きを良くし長持ちさせる為。@ココが重要ですよ。

元に戻す
元に戻します、手順は外した時の並びで嵌めて行きます。ベアリングに
は向きが有るので注意!物に由っては薄いスペーサーを噛ましてる物も
有るのでコレも忘れずに。グリスをたっぷり塗ったらトップキャップを
降ろしてステム(筒に付いたグリスは落とす)を付ける。

トップキャップのボルトを締め込む
ステムの固定ボルトは締めても、未だ仮留めまでに。
プレッシャーアンカーのネジを再び締め込みコラムを膨張させステムに
密着させる…次にトップキャップのボルトを締め込みます上下のグリスが
はみ出るぐらい締めれば垂直に嵌った証拠!ハンドルを切って動きが
重い様なら少し緩めて球当りの調整をする。シールドなら一発で決まる♪

平衡に合わせてステムを固定
球当て調整が出来たらステムを固定します。
ステムと前輪を平衡に合わせボルトを交互に締めて行く。
※トップキャップのボルトは回さない。

ブレーキを付ける
外して置いたブレーキを取り付け。※ブレーキレバーを握って、
ブレーキを掛けた状態でボルトを締めれば左右均等に固定されます。

ガタが無いか診る
最後にガタが出ないか?最後の確認!ブレーキを掛けた状態で前輪に
体重を掛けて、押したり引いたりする。この時にヘッド周りが浮いたり
ガタガタ(主に走行時のブレーキで)揺れる場合はヘッドの締めが甘い!

※対処法=ステムの固定ボルトを緩め、トップキャップのボルトを更に
締め込んで寄せる。コレでも変わらなければ、プレッシャーアンカーが
定位置より上に引き寄せられて居る事が考えられるプレッシャーアンカー
を少し下げれば、しっかりヘッドを挟む事が出来るのでガタは出ない。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< 布のバーテープ | ホーム | 猛暑の帰り道 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP