FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

リアディレイラーのオーバーホール

リペアパーツ図
意外と簡単RDの分解…でも戻すのがねぇ…

RD-6700
リアディレイラーの修理でもあります。
先日の自転車作りの中で、RDのプーリープレートが曲がってたので交換を交えてバラし方を紹介します。
今回のお題の品はアルテグラ6700。構造はデュラ7700~7900
アルテ6700、XTR952~970シリーズで共通します。
※上記以外のグレードはこちらを参考に。

リペア
リペアパーツ。 シマノでは、
「ひとつの製品と末長くお付き合いいただくために。」
で、補修用パーツを用意してあります。

分解1
先ずは簡単に取り外せる固定ボルトや、調整ボルト、プーリー等を外します。
※小物が多いので無くさない様にボールか何かに入れて置きましょう。
※普段は全部外さなくても必要に応じる所だけ外せば良いです。

右プレート、ストッパー
ディレイラーの右プレートを外すには、このストッパーを取ります。
プレートを軽く手で反時計回りに押してプラスドライバーで取ります。

バネフリー
ストッパーを取るとPテンションのバネが緩みこの様な位置で止まります。

分解2
5mmアーレンキーで簡単に抜けます。小物はこの数、この配置なので。
プレートのバネ穴は2つあります位置を覚えておきましょう。
プレート歪んでますね…精密機器なので抵抗せず替えるのが一番!

Bテンション※こいつは最上級者向けです![YUMEYA]リアディレイラー・チタンブラケット軸「YM-RD91」とかに換える理由が無ければ外さない方が無難(戻すのが大変!(汗)
B軸外し
先ずEリングを取るのにキリでEリングを軽く押し上げます、次に外した反動で小物が吹っ飛ばない様にウェスとかで包みマイナスドライバーでEリングを抜き取ります、ポンとバネの弾く音で外れます。
※Eリングは外す向きがありますブラケット軸を回して合わせましょう。

B軸組
外すとこの様になります。
これで全ての部品を解体しました。

リペアパーツ図
並べて見るとこの様に…。
この並べ方…解る人だけ笑って頂ければ。

組み立てに入ります。
B軸バネ向き
Bテンションのバネ(太いバネ)には向きがあります。
端の長いのが本体側、短いのが押さえ側になります。
ブラケット軸とバネにグリスを塗りOリング(向きに注意)を挟みバネ押しを嵌める。
※ブラケット軸側のゴムパッキンも忘れずに。

B軸&プライヤー
Bテンションのバネは強力で素手じゃ回せません、Bテンションの調整ボルト穴部分をプライヤーで掴み回すと楽。
バネは反時計回りに。

B軸ストッパー
このストッパーに引っ掛けて固定。

B軸押さえ付け
中指でブラケット軸を人差し指・親指でバネ押しを挟む様に固定。
バネに跳ね返される前にEリングを嵌めます、ラジオペンチでカチッと留まれば終わり。

プレート&プーリー
本題のプレート交換、ついでにプーリーも交換。セラミックベアリングだぜ。

Pテンション取り付け
外した時の画像を参考にPテンション軸、プレート軸、バネにグリスを塗り本体にOリング(向きに注意)を嵌める、
バネ(細いバネ)は長い方を本体、短いのがプレート側、元のプレートの穴にバネを通しPテンション軸で固定。

Pテンション穴
右プレートを反時計回りに回して手で押さえる、小さな穴にストッパーのボルトを嵌める。
左プレート、プーリー、固定ボルト、調整ボルトを付けて完成。

RD6700改
RD6700改一丁あがり!。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< 隠れた名所 | ホーム | ウィンテック USB 使えね~!! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP