FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

超峠三昧の2日目

シブ峠
今日も良い天気♪コレなら雨に降られる心配は低そう。
これから登る峠は国道の最高峰!標高2172mの渋峠。
志賀高原の横手山~白根山を横断する長野~群馬の県境。
この峠で豪雨に降られた恐怖から、雨対策はバッチリ-*(行くんかい!)
※我は渋峠で満足しません、オマケを付けて〆ます(爆)

お宿の朝食
栄養管理のズボラな我…下手な食事を摂るより宿で拵えた物が望ましい
なので、2食付きプランに拘る(ビュッフェはNG)今朝の朝食は定番の
白飯・塩鮭・煮和え・小松菜と芽株の御造り・お新香に、みそ汁、コレが
嬉しい♪温泉たまご!コレの「たまご かけご飯」は別格!喰い過ぎた…

田園平野
8:30に宿を出発!天気予報では降水確率20%を印していたので、
山は倍の法則に置き換えて40%か~雨は降らないケド展望は微妙…
山は出来るだけ午後に成らない内に越えたい所、早めの出発で急ぐ。
※庄内平野の規模には劣るけど、田園風景は大好き♪

ココのアプローチも有
ココから行くのもMだが、今回は正統派(?)に基づいて湯田中経由!
このまま直進して小布施>中野へと進む※この辺りでスーパー、薬局
コンビニが在るので調達出来る物は揃えて置こう(荷に為らない程度)

R292を進む
市街地を越えるとバイパス道らしき道に変る。自転車通禁の標識が無い
から車道走行が出来るって事だよね?一応歩道も有るからソコでもイイ
※画像デカくなります*あの山を越えるのか~嶮しいなぁ。

湯田中のコンビニで補給
バイパス走ってると気付かないけど、湯田中駅に近いココ!道の駅の
方が分り易いかな?その辺りに在るコンビニ…ここが最後になるから
必要な物は揃えて置こう!※市街地の道にも、別店舗が在ります。

氷らせたドリンク
夏の必須アイテム!氷らせたスポドリ。ジャージの腰ポケに入れれば
アイシング効果&程良く溶けて常に冷たいのが飲める♪量が少ない
から重量増にも成らないしゴミは小さく畳めるので無駄が無い。

いざ志賀高原!
バイパスの終点に辺るココから?がスタート。既に登っては来たけど
集落は無くなり勾配は更に増して来る、景色も峠らしい林道に変る。
@10:00 標高763m

ループ橋…?
さっきの看板から登って除雪基地の広場から進む事しばらくして
ループ橋を登る、この写真じゃ分らないけどグルっと円を書く様に
一回って登ります。このアプローチは見てても走っても楽しい♪

勾配は5~7%
勾配計が無いから解らないが、平均勾配は5~7%ぐらい?
個人差あるけど、比較的登り易くシッティング(座漕ぎ)でも行ける。

白樺の木
シラカバの木や高山植物の群生地で、避暑地のハイキングに最適かも♪
目的が違うので通り掛かりでしか見れなかったケドなかなか良さ気な所。

丘に建つ橋
白樺の先で宙にそびえる橋…遠くからでも良く見える怖い所((((;゜Д゜)))
地にアシが着かない所は落ち着かない…でも景色は最高♪
※下は見ない方がイイかも。※路肩のゴム片を踏むとパンクしそう…

澗満滝公園
澗満滝の先にも小さい滝のある公園が在る。
我が輩は必ず立ち寄る休憩ポイント!
@11:00 標高1288m

水浴びに最高!
なにせ湧水だからタダで水を飲み放題♪浴び放題☆
火照った体をクールダウン*そして給水も。
※写真の所は原水なので飲み水は滝の横にある処理済みの物を。

琵琶池
琵琶池では一瞬下り坂なのだが、すかさず登り(汗)
この辺りから一層涼しく為り、セミの鳴き声も聴こえなくなる。
@11:20 標高1413m

コーラで一息
ヒルクライムでコーラは御法度だけど、登りの配分を承知してるからイイ!
※飲み物は重いから最少量(2本まで)ただ水分補給は多目に、湧水や
スキー場とかで自販機が在ります、血がドロドロになる前に飲むべし!

微かに下り坂
蓮池のバス亭で、まったり休憩してたら寒く為って来た{{(>_<)}}
でも予定通り水分補給のポイント通過でアシも大分回る様に為った!
暫らく登ると下り坂…から平地、湿地の様な道になる、雰囲気の良い所

平床大噴泉
ココから緩やかな登りに戻り、「平床大噴泉」なる湯煙が上がる所を
通過する。※この先で、今朝の別ルートからの道と合流する事が出来る。

スキー場
風景がガラッと一変!周囲はスキー場の風景に変り、周りも開けて
遠くまで見渡せる!夏のゲレンデは広大な野原と化していた。
※ココに公衆トイレが有ります♪飲み過ぎには丁度良い軽量化(爆)
@12:00 標高1700m

☆ココからも…
車坂峠の悪夢が再びΣ(´Д`lll)近くに見えて随分遠いー。
標高にして200m差!距離は3kmの九十九折りの路…
※よく見えない方は拡大して建物を見付けての。

ゲートからは寒い
スキー場が見えなくなる辺りに、何で今更的なゲートがある…
ココからが踏ん張り所!気温21℃寒い!!体は火照りません♪

堪らず残りの一枚
どんなにキツくても最低23Tで堪えて来たものの、ココで最後の
切り札。残りの一枚にギアチェンジ!気持程度しか変わらなくてもイイ!
コレが有る無いでアシに掛る負担は随分違うから。

のぞき
頂上ー~…じゃ無い(消)さっき遠くから見えたドライブイン…。
路線バス停留所の名前は「のぞき」…なんとなくエロい(陰)。
@12:38 標高2034m
※のぞきの売店で袋が破裂寸前のポテチと炭酸飲料を買って、景色を
堪能しながら、ひとまず休憩。炭酸飲料を開けたら噴き上がった!!

☆その風景
「のぞき」からの景色を展望台から、のぞき込みましょう!
※拡大画像で、お楽しみくださいまし~

☆大パノラマを一望
さっきのスキー場が小っさく見える♪あ~嘆いた道まで(笑)
※コレも拡大して、ご覧下さい。

ピークは少し先
真夏なのに凄く寒い!富士山五合目より上だもんね、周囲は山だから
熱を帯びる物も無く、寒さに輪が掛ってる。体が冷めない内に出発!
※この如何にも地崩れ跡らしい断崖絶壁…通る毎ちょっと恐い。。。

断崖絶壁!
のぞきの景色もイイけど、ココもなかなか良い日差しがあればなぁ~
断崖絶壁に吹き込む冷気が一層不気味でスリル満点!(lll´∀`;)ъ

渋で自分撮り
やっとピークの渋峠に到着!経過3時間(爆)休み過ぎだ!
そんなヘタレの姿を曝すべく初の自分撮り!…難しいね(汗)
@12:54 標高2172m

国道最高地点
因みに…少し先へ進んだ(僅かに登る)所にも~一個あるのね。
どっちも2172mって書いてあるけど20mぐらい誤差あるけど…
ま、いっか♪コレは日本国道最高地点って書いてある立派な石碑!
ヘタレを持ち上げたシャチ君と記念写真。ウン!画に成る。

霧=雲の中
後は下りだ!(登り反しも有るが)遅れを取り戻すぞ!(遅れて無い)
ガスって視界が悪いな~予想した40%の法則通りだ、走って即止めた
18℃寒い{{(>_<)}}ウィンドブレーカーを羽織らないと…この視界の中でも
目立つ色に為るしね~。やっぱ違うわ!寒いけど凍えない♪

高い木が無い
コレだけの高さのせいか?高い木が生えて無く低い草ばかり
一部では枯れ果てた荒野に…火山ガスの毒で散ったのかも。

こんな道…
横手山から、白根山に移動中…こんな道を発見!恐ろしい…
自転車海苔は、こんな道を走って来るのか~ こりゃ変態向けの山だな。

シラネーヨ!
再び山を登り反すと次は白根山、標高2160mって書いてあるけど
ソレはココの標高じゃ無く、山の標高の事だろうね。GPSは2022m
ココのレストランで昼食に仕ようと思ったのに凄い人集り!こんなに
天気悪いのに、わざわざと思うぐらい…時間を無駄に出来ないから下山
@1:18 標高2022m

湯釜
※因みにココの名物は草津温泉の源泉(?)とも言える湯釜。
火口に出来た湖で、天気が良ければ翡翠色の綺麗なカルデラが見れる
コレは2年前に撮った物…これでも、この曇り…夏は確立低いなぁ~
この日はもっとガスってたから行く気ナシ!だって見に行くのに丘を
徒歩で登るし…嫌なのは石段!装蹄靴じゃ滑って危ないからね。

☆毒の谷間
曇りは幾らか晴れて来たけど、寒いので速度が上げ難い…しかも
この辺は急カーブが連続するコース!勾配が低いのでバンクも浅い
で、渓谷地帯で周囲は崖!コースアウトすれば確実に落下する恐怖。
らしく無いが、慎重に下って行くと…臭っ!ココは毒の谷じゃん#
@1:35 標高1500m ※拡大画像あり。

ヤバい物が吹いてる!(゚Д゚||)
地崩れなのか?元々ココだけ緑が生えないのか~?
タマゴ臭くて殺伐とした荒野から不気味に暖かいガス(危)
よく見えないが、トゲトゲの結晶からヤバそうな汁が出てた(毒)

草津温泉
およそ半分ほど下った辺りで草津の交差点渋滞!ココで気付いたのは
草津の名物でも撮って行こうか?時間に余裕は…まぁ~寄り道は
我のサガ、別に遠くないから行こう↑湯畑に♪流石に温泉湧いてて熱い
@1:53 標高1166m

湯畑
高温・強酸性の性質を持つ源泉…あの箱の中に通して冷ましてる
とか…何とか?聞いた覚えが??取り敢えず名物が見れて満足♪
足湯に浸かれなかったのが心残りかな?※人多過ぎ!!!

☆温泉が湧いてる
ココから温泉が湧いてました、動画でもないと分らないケド…
一応…拡大してみて。凄い量が湧いてた!

森の中を気持ち良くDH♪
後半も下りだぜ!森林の中を爽快に下る!ウィンドブレーカーを脱いだ
から肌寒いけど下るに連れて気温が上がって来るから丁度良い♪

誰か止めてくれ~@68km/h
渓谷エリアと比べると森林の方が安心して速度が出せる(危)
60kmで片手撮り(!)3時間掛けて登り、1時間半で下り終了。
駅の様なバス亭
時間と体力が有れば暮坂峠もイイかな?なんて考えて居たがリアルに
無理!無難にR145号八ッ場でラクします♪起点は長野原草津口駅
ココって変ったバス亭だよね、なんで鉄道ホームの屋根なんだろ~?
@2:25 標高640m

長野原草津口
長野原草津口…長野って付いても群馬県なんだよね。
※我…鉄道に興味無いけど珍しそうな汽車が停まってたので撮りました。
興味のある方は拡大でどーぞ。@リゾートやまどり。高価そ~

長野原高架橋
駅を過ぎてすぐに派手な橋が…この先で須賀尾峠への道も有るけど
そんな所に逝ったら、さすがの我でも榛名で陽が落ちて終うので×。

丸岩大橋
丸岩大橋が見えて来た!Y字型の橋脚デザイン美よし♪難しく
言うと「PC5径間連続Y脚ラーメン箱桁橋」略してPCラーメン橋(爆)
なんか知らんけど、ラーメン!これにグッとキター!麺は関係無い?

不動大橋
2~3年前はデカイ建造物だなぁーと眺め上げた不動大橋。八ッ場ダム
建設中止の一件で騒がれるまで、存在の意味さえ知らなかった…
ダムが出来てたら、あんな高さまで水位が来るんだろーな~

遅い昼食
吾妻渓谷を進み、岩島駅近くのコンビニで遅い昼食。3:05
コンビニメシも美味く成って来て下手な外食よりイイかも?
※夕食の出ないプランの宿なので念の為、食糧も調達。

雨降りそう…
休憩を取りながら天気予報をチェックすると5時には20mmの雨
遠くには厚い雲が見える…予定では5時過ぎ、遅くても6時には
宿に着く予定で走って居たが、この様子じゃ途中で降られそう…
一応雨具は装備してあるのでDNFは免れるけど、出来れば其の前に。

〆の榛名山
普通-渋峠を登ったら草津で一泊とか、輪行で帰るのが一般的なのに
まだ登り足りないてか?!ハイ、渋峠で終わったら普通…超峠三昧
にも成らないから、〆は標高差700mの榛名山を登ります♪
@3:29 標高400m

緩いケド長い!
榛名山のアプローチは複数あるので、レベルや気分で変えられる
から登りも下りも飽きない!最短ルートで来たので県道28号線。
勾配は3~5%と緩やかで元気があればアウターギアで進めるLV

鶏さんから先は苦しくなる。
交通量も少なく(時々暴走ゾク出現)静か(´∀`*)標高も上がって
涼しくなる♪しかし!ラクなのはココまで!この鶏フィギュアから先
登坂車線の辺りから勾配が少し上がる…せいぜい5~7%台だが、
道幅が広い・直線が長い・カーブが大きい・日陰が殆ど無くなる。
距離も残り8kmと精神的に悶…だから走り応えを感じる(M)
@4:02 標高708m

何も無い頂上…
ピークと浮かれ勢い良く下ったら、その先で登り反し(爆)ココの道…
登り反しが在ってソコからの勾配が悪魔的にキツく残り2㌔も反則的!
後半キツく為る榛名山…ダラダラ登り平地に変りだしたらピーク♪
@4:49 標高1150m 苦労しながら何も無い頂上…

山の上の山
登り反しは1回なので、後は爽快に下るだけ♪始めは木々に囲まれ
展望は無いものの、下って行くに連れて展望が開けて眼下に榛名富士!

疲れたけど満足♪
この景色が見たくて、わざわざ登りに来るんだよね~
山の上なのに山が沢山…湖は火口に出来たカルデラ湖。
標高1000m級の高地で涼しい♪来た甲斐があった!
@5:00 標高1095m

祠…榛名神社じゃ無いよね?
※途中で祠を発見…榛名神社じゃ無いよね?規模小さ過ぎるし~
ここら辺でも、ゆうまちゃんの幟が沢山立てられてた。
何時から?そんなローカルに広まったん??

今宵は湖畔に面した、お宿
今宵の宿は吾が輩が毎度贔屓している湖畔に面した お宿、湖畔亭。
100年の歴史を持ちレトロな雰囲気の館内、味があって実にイイ♪

無理言って作ってもらった夜食
到着した5時に1Fの売店が閉まったので夕飯は無理か~※宿泊プラン
は朝食付きしか無かったので…コンビニで買った僅かな食糧だけか~
ダメ元で女将に頼んだらカツ丼やカレーなら出来るよと言われ♪
名物の手打ち蕎麦やワカサギの天麩羅なんて贅沢言わない!お願い。
@無理を言って作ってもらいました♪空腹だったから頼み過ぎた…
カツ丼とカレー以外はサービスでした♪嬉しい おもてなし*(ノ∀T)

やっぱり飲む!
満腹に満足!さっきまで喰い過ぎで魘されてたクセに炭酸飲料で更に
胃を膨らませ悶絶しながら大ビンを呑みだす(爆)風呂上り後は
天然のクーラーに涼みながら爆睡!※しかし深夜の雷鳴で目覚めた…


DST 405km(107km) AV21km MAX72km
移動時間8.3時間 獲得標高2715m 最高高度2172m
スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< 猛暑の帰り道 | ホーム | 超峠三昧 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP