FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

8インチ車で箱根ターンパイクを走破

8インチでターンパイク制覇
“スーパーヒルクライム2011 in TOYO TIRES ターンパイク”
今年も走りました!訳あって8インチ径の極小径車でレース(爆)

始めから極小径車でエントリー(通常不可能)した訳では無く、元々
C-1MTBでエントリーしてMTB為りのトレーニングを仕ていたが
大会40日前…ブレーキに異変?油圧が掛らず調べると油圧ホースに
穴が開いて漏れ出していた(汗)急遽取り寄せを仕たが欠品しており
入荷が不透明Σ(´Д`;)で、一応…代車の小径車でエントリー
出来ないかSHC実行委員会に連絡#検討した所オープン参加と云う
形で暫定許可が下りた(通常、折り畳み自転車は強度的な問題や
折り畳み稼働部分の分解・欠損の虞が有る事から出場不可能。

大会一週間前に成っても部品が入らず、結局 極小径車で出る事に。
※SHC=Super Hill Climbの略。

超体力温存(輪行)
仲間が「馬なら極小径車でターンパイク登れるよ。」と言って居た事が
まさか!現実に成るとは(汗)登れる自信が有るから実行委員会に
無理難題を言って出させて貰う事だから後にも引けない;
車輌が車輌だけに自走で箱根まで行くと絶対登れなくなる!
ここは素直に輪行で小田原までワープ♪6:55の汽車に間に合った。

一行と合流
駅から1号線に向かって居ると、nobuoさんと合流!こんな小さいので
ターンパイク走るの?と苦笑いされながら待ち合わせ場所のコンビニ
まで走る@他の参加者もココを集合場所にして居た様で…我は見送り
側かと思われて居たが、やる気を表したら絶句してた(笑)だよね。
暫らくするとシルキーさん率いる列車が到着!ココでも第二波が(爆)
BD-1かと思われてた?らしい…BDニャは角ハンでレギュレーション
違反に為るでしょう!(折り畳み車も違反だが…特例*)大急ぎで
朝食を摂って居ると置いて行かれた(爆)受付9時までだもんね(汗)

異様な光景(爆)
今回はカテゴリ別に受付を行う方式に変わった為、並ばずスムーズに
受付完了♪一応コレ(極小径車)なんだけど…と見せると普通にOK!
「他より大変かも知れないけど」完全に許可が下りて一安心(*´∀`)~3
ゼッケン・計測チップを着けて入場 誰が見ても選手!車両以外は(爆)

会場にて。
開始まで1時間ほど余ってるので、yabitsuしまだ組と
Team三連敗で談議をしながら、出走前の緊張感をほぐす。

待機場所
通常・小径車はC-1ROADに分類される、要は無差別級…響は良いが
猛者揃いの修羅場!ある意味極小径車もコレに分類しそうだが絶対イヤ
スタート直後に呆気無く置いて行き放りにされる事、間違い無い!!
順位付かなくても良いからMTBと走らせてと頼んでコチラ♪

スターティング・セレモニー
去年は西湘バイパスの分岐まで遠く離れ全く観る事が出来無かった
スターティング・セレモニー今回はスタート順が早い位置の為見れた♪
テープカット後、順次スタート!C1ロードの次なので早いスタート
今回はMATSUさんと一緒にスタート出来たが一緒に走るなんて到底
不可能!去年&今年入賞する実力派に8インチ車が付いて行ける筈も
無く、一旦平地に成った辺りでMTB全に追い越された気がする。

ひたすら10%台
1km地点で早くも、ふくおっとさんに捕まる(速!)
その後UKON-OYAJI良二くんに「後で追い越さないでね」ソレは無い!
2km地点に公衆トイレが在り駆け込み(会場の仮設トイレ満員で)
出て振り返るとターンパイクの勾配の激しさが目認出来た(冷や汗)
シルキーさんからエール♪なな吉さん対向車線で高速スルー…(∵ )

背後を捕(撮)られるあの橋↑
※勝手に頂きました(爆)画像デカく出来ます posted by (C)Mちゃりさん
ラルゴさんに追い付かれた辺りは丁度ラルゴさんが去年、橋の上で
写真を撮ってくれた場所!タイミング良すぎ☆SLENDERさんキター!
みんな速!吾が輩が遅いだけか?そ~言えば親分いつ抜いた???

半分来た所で一息♪
13.8kmのコースなので、やっと半分(´∀`∩)まだ半分(´Д`;)
物凄くキツイ!箱根のヒルクライムにSUPERと冠するだけの事は
有る!ロードでも音を上げる急勾配をひたすら極小径車が登る異様振り
勿論アシ着き休憩多発(10回以下)でも全く許される♪去年の
シャチ君で出た時はフルレコ+ボラで気を抜く事さえ許され無い程の
プレッシャーが在ったが今回は、仕方ないよね・休んで当然な空気感♪
また追い越す選手からも「おぉー#凄い!コレで登るの??頑張れー」
一般道から応援に来た沿道の観客からも、尋常で無い我を見て絶賛の
応援をしてくれた♪遅くて、どんどん抜かれても嫌な気はしなかった。

給水無い!!!
10km地点で去年はココで給水が出来たが今回は一ヶ所も無い(汗)
幸い涼しかった為ボトルは足りたが、期待してただけに落ち込んだ。
※この先はココ一番の激坂13%だし~

レーダードームを一望
10kmを越えると勾配も幾らか緩み下り坂も現れる為、序盤の
ダメージを幾分…回復出来る♪そして周囲が開けて椿ラインの
レーダードームが見えてくれば…怖ろしいモノが待って居る…(汗)

最後のモガキ(汗)
極小径車じゃ下りの加速も役に立たず登り反しで即減速…前はココを
40kmオーバーで100人抜きを仕たが、今回は抜かされっ放し(爆)
この激坂&超ロングストレートは精神的に猛毒!しかも曲がった先に
も~一発!平衡感覚鈍ってもココだけは壁にしか見えない※残1km

余裕♪…嘘。
                          photo momongerさん
そしてゴール前でmomongerさんがカメラ構えてる所を
見付けたので大ウソな余裕ポーズで手を振る、
ゴールスプリント?
                            photo かいちさん
最後のフィニッシュラインが見える登りで、
大人げ無く極小径車のオーバースプリントでゴール!!
終わって気分MAX☆
                            photo かいちさん
先にゴールした選手や観客から声援を受けたが、係り員に止っちゃ
ダメと先へ流されたが、ビンディングを外すした左脚が攣って
橋げたの下で隠れる様に悶絶(恥)見かねたS木さんが寄り添って
くれた、その後…救護班が水とアイシングスプレーを持って来て
何とか治まった(汗)計測チップを返して完走証を受け取った。
8インチでターンパイク制覇
よくコレで登れたモノだ!極小径車に残酷な事したな~と関心して
しまった(蹴)コレで、また一つ変な伝説を創り揚げられた☆

しまだ組ブース
                            photo かいちさん
yabitsuしまだ組が集まるブースに着くと我が一番最後だった様子(笑)
みんな完走を果たしてイイ顔してる!

湯河原町からの差し入れ
表舞台に行ってみると、前半の表彰は終了(爆)いつもは閑散とした
大観山の展望付近も自転車海苔で埋め尽されて活気がイイ!
ソコに湯河原町からの差し入れ、湯河原みかんのジュース♪
乳酸が溜まって攣る様なアシにはクエン酸が効く♪さすが!

得も言われぬ達成感!
今回も大観山からの富士山は一望出来なかったが、天候が怪ぶまれ
ながらも菊次郎さんのテルテルのお陰で、雨気はナシ!しかも登りに
最適な薄曇りで気候的には絶好のコンディションだった♪
この天気じゃ無かったら、吾が輩の伝説は達成…出来ても気分は↘

個人的に山岳賞
今回の記録は25人中20位但しオープン参加なので20位にランク
されず20番目と云う着順…まぁ~自慢に成らない順位だから気に
しない、タイムは1:32:05と、1:18は言過ぎだったかー(失敗)
でも8インチでコレなら大健闘でしょう!きっとコレで出る人なんて
現れない筈だから、この記録は破られる事は無いでしょうね。
※表彰対象外でも、極小径車でターンパイクを完走した自分に山岳賞

2011SHC
                                   photoしまださん
今年は全員参加!全員完走を果たし、頑張って良い記録を出した
仲間も居て最高のヒルクライム・レースを楽しめた♪〆の記念写真!
※大勢居ると誰かが漏れて終いますね…また来年ノシ
SHC 2011
                            photo かいちさん
も~一枚! ※画像は少し拡大出来ます。

椿ラインを下る
吾が輩はコースの下山を自走で下るのは、お止め下さいと云う
約束なので大会側の車両に運搬して下山か、一般道を下りる選択肢。
晴れたら椿ラインを下って湯河原でカレー食って後は輪行!
グリーン車に乗って戸塚までビールを飲み続ける予定を立てて居た。

ししどの窟
                             photoしまださん
みんなターンパイクのDHを楽しむのかと思ったら、意外と裏派が多数
下山までの時間が長い&待つのに寒い事が理由の様だしビューラウンジ
混んで飯に在り付け無いから下りて昼食を食べたい事も理由かも??
ココでシルキー師匠が最近ハマってる坦々やきそばの店へ行く事に。

坦々やきそば
総勢16名の大所帯がいきなり入って来ても何とか対応してくれた♪
我はK林さんIさんK島さんTeam三連敗メンバーの席に
そしてコレが湯河原の新名物@坦々やきそば。¥840也
坦々麺の様な酸味が無くて食べ易い♪味もグー!唯…量が少ない。

〆のおじや
量の少なさを補うのが半ライス!¥105+で汁浸ご飯コレが美味い
ココの坦々やきそばは、他の店と違って汁が多いから可能に出来る
事なのだそーだ…シルキーさんお勧めの組み合わせに全員注文。
※Team三連敗のIさんは炭水化物×炭水化物の組み合わせに萌えて
半では無い並盛ライス(爆)他の席でも並み盛りが…?なな吉さん?
意外とガッツリ系なんですね、同じ量でこの体型差って何でしょう??

記念写真
                             photoしまださん
店を出ると店主が店のデジタルフォトフレームに乗せる写真を
撮ってくれたので、次いでだから同じ集合写真も撮ってもらった。
※似た写真が湯河原町の「山ごや」と言うお店で見れます♪。

真鶴道路・新旧分岐地点
                             photoしまださん
御当地グルメに満足して後は帰るべ~で…?何故か湯河原駅から
離れた方向に(汗)まぁ~少し行けば真鶴駅があるさ~
・・・旧?自転車海苔って後半ドSに成る傾向が在るのか?

真鶴旧道
駅が無い旧道に連れて逝かれた(嵌)この高さが分る様に登り基調!
あろう事か列の中心で後方を詰らす訳にいかない、誰も追い越さない
プレッシャーがS!20km未満の巡航に仕てくれてもターンパイクを
走った後の極小径車でロード群団には馬でも付いて行けないよ。

部分解散
取り敢えずココで解散となって各自、自分のペースで進む事に。
イニシャル通りドSと化した、さくまさんが遅い人の気持ちを解って
もらおう!と言い皆彼方へ…我は追いません;追えないから最後方…
後ろを気遣う必要無くてラク♪もう誰も見えません独走状態(泣笑)
しかし新旧の分岐点の渋滞で敢え無く合流(爆)渋滞を抜けると
今度は仲間に囲まれ併走!弱い所突いたシゴキだシゴキ(笑!)

各自解散
全く予定して無かった湯河原縦断コレじゃ~下山した方がマシだよ。
ヒルクライムより疲れるわ!ココで正式に解散と為り我はすかさず
早川駅に戻って輪行して帰るつもりだったが、さくまさんがポタって
走るから一緒に埜庵に行こうよ♪と言う…嫌!鵠沼まで40kmは
あるしターンパイク走って湯河原からココまで走った疲れで進めない
二宮の坂を上りたく無い!登りはターンパイクで腹いっぱい(本音)
※真鶴道路に置き去りにされて自身の劣度に気付いたから・・・。

しかし聞く耳を持たず結局20km未満の巡航速度厳守の約束で、
走る事に(泣)ロードでも長いが極小径車だと、もっと永い!!
時間が無いのに大磯のコンビニで休憩…あまり回復しないまま
走り出す134号線で半分?長い…閉店時間までに行くだけが目標。
かき氷♪
6時を回ってダメ元で行ったら、一応作れるとの事♪2Fに上がり
今日一番の褒美がコレ!この一杯の為に極限状態に為って来たんだ。
2時間も埜庵でマッタリお喋りして帰路へ、輪行手段が中途半端な
場所なので、もう全自走で帰る!行きが輪行なんだから帰りぐらい
自走しなきゃ完全自走主義者の面目が立たない(※行きは御愛嬌)
ヘロヘロな状態で柏尾川を進んで1号経由~平戸でさくまさんと
別れて未だ続く坂道…途中で押したいが極小径に不似合いなSPD
SLを装備してる為、徒歩で歩けない(苦)自宅行きの激坂を
登れず、迂回した階段で帰宅!恐ろしく疲れた(屍)今年の峠三昧
なんかより数倍過酷だった!ソレでも辞められない自転車バカ(爆)

***みなさん お疲れ様でした。***
yabitsuしまだ組のメンバー
だましのしまださん、なな吉さん、ふくおっとさん、さくまさん
MATSUさん、YASUさん、ラルゴさん、nobuoさん、
UKON-OYAJI良二くん、Mちゃりさん、メトロンさん、yokofujiさん、
SLENDERさん菊次郎さん(2部)シルキーさん、我。

Team三連敗
K林さん、Iさん、K島さん

応援組
かいちさん、としろさん、リベールさん、momongerさん
三島のS木さん、良二くんの息子さん、パンクで来れなかったazukiさん



凄いな~マネしない!と思った方は拍手を。(*゚∀゚)ノシ
ある意味…山岳賞モノと思った方はコメントを。...〆(゚▽゚*)
スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< BD-1シートピラーの延長 | ホーム | 極小径車に気合い注入! >>


コメント

お疲れ様でした。

昨日は、大変お疲れ様でした。
はっきり言って、1時間半で登って
しまう気力&パワーに敬服します。
来年は超小径車と言うカテゴリーを
作ってもらいますか(笑)

え^、あれで、、

お疲れさまでした。よく登れましたね。かなり注目されたんでは?小径で参加してしまうスレイプ二ーさんに拍手を送ります。やはり人間ではないのでは?、、、。。

2度は無い。

ふくおっとさん こんばんは。

お疲れ様でした&草臥れました…
今年はMTBで真面目なレースを仕様と思ったのに、壊れて結局ネタ(爆)
2時間位だと思ったら意外でした(!)極小に劣った方を敵に回したかな?
でも極小径車でも登れる!と云う宣伝効果…無いか(笑)
※新カテゴリ・超小径車”エントリー数は一桁でしょうね。

SHCお疲れ様!

極小径での疾走凄い!
来年の目標が出来ました!スレイプニルさんのタイムを抜くぞ!ロードで…
(爆)これをスローガンに一年間まったりと走ろうと思います(笑)

でも恥ずかしいッス…
あ、機会が有ればドクターに診断して頂きたい小径患者が居ますので宜しくです…でも病院まで遠い…
またの機会ヨロシクお願いします。

レースより帰路がツライ…

nobuoさん こんばんは。

お疲れ様でした!SHCはレースと言っても大会規定の厳しい殺伐とした
競技と違って個人戦に為るから、いろんな意味で楽しめますね♪
※大会HPのトップ画のイメージ通りに楽しく激坂登り(爆)
来年の目標が早くも決まりましたか!吾が輩のTTタイムは
1:00:48(鯱)ですよ…って事は1時間切りって事ね(凄)
34分更新の素晴らしくデカイ目標に向かって頑張って下さい!!。

※小径患者ですか、容体が悪化しない内に診断にお越し下さい。

帰りが辛い

まさに伝説をつくりましたね。次回以降小径車のカテゴリーが出来ても、こんな極小径車で登る人は出て来ないでしょう。
私は8km地点くらいでしょうか、丁度立ち止まったところを抜かさせてもらいました。その時声をかけたらちゃんと返事があったのに、それすら忘れるほど過酷な登りだったのですね。
帰りが辛かったのは私もです。真鶴旧道では最後尾を走っていて中段のスレイプニルさんがもっと間隔あけてくれればなぁと思ったほどです。

初コメントです。SHLお疲れ様でした。
最初に極小径車で出たと聞いたときは、驚きのあまり、椅子から転げ落ちました。そして、見事完走。まさに伝説として後世に語り継がれると思います。
そして、自走で自宅まで帰るその根性。とかく凄いとしか言えません。
体を休めて疲れを癒してください。GJ!でした。

体力140%消費

しまださん こんばんは。

ゆっくりとしたポタから、こー云った実力を試せるレースも良いですね♪
当初の狙いはMATSUさんとガチ勝負などと身の程知らずな意気込み…
結局天罰が下って罰ゲーム的な極小径ヒルクライムに(爆)
でも、2度と出来ない極小径でのレース!伝説に成りそうです(笑)
※追い越し際に返事してましたか~抜かれまくって覚え切れませんでした…


新刀無乃さん はじめまして♪こんばんは。

フツーに在り得ませんよねポタでも、やっとの極小径車が天下の嶮・箱根の
ヒルクライムレースに出場なんて(笑)極小径は過去にも異様な
伝説を創り上げて来た中でも今回は一番の功績かも知れません(自賛)
多くの応援や実行委員会の協力で成し得る事が出来ました!
※代償として滅多に起らない筋肉痛が(爆)BCAAで治療中…

後姿発見

後姿をこの方のブログで発見しました。
探せば他にもありそうですね。


http://blog.goo.ne.jp/imeay1868/e/834dd5b97cb4692e1c4219b507ade356

SS*

momongerさん こんばんは。

異様に目立つからネタにされますね(笑)
待機場所で撮ったモノや応援組からのモノ
選手側はMちゃりさん以来です#
この方は覚えてますよ♪唯一抜かした人だから。
でも背後は撮られてましたか(爆)

前人未踏のバカぶりですね~
楽しいお話ありがとうございます

奇馬変馬

MuAuanさん こんばんは。

でしょ!でしょ♪誰も真似しない(容易に出来ない)からウケる。
前回の箱根ヒルクライムも伝説ですが、今回は盛り上げました≧∇)9
次回はコレを上回る…難しい課題ですが、最終目標は富士山!!!?
この企画の際には是非お越し下さい(笑)あざみラインです(爆)

追伸:ストレスフリーヒルクライム@ロングライドの秘訣とは。
Qシートが必須と云う事ですね!夏に走った超峠三昧
http://sleipnir179.blog2.fc2.com/blog-entry-253.html
の時も、Qシートの進行通りに進んでおりました。

はじめまして、時々拝見させていただいております。
ちょっと遅くなってしまいましたが
SHCに出場した仲間の応援に旧道からやっとこさ大観山に上ってゴール前、みんなを待っていたところ・・・
えっ?えっ?まさか!あの小径車は間違いなくスレイプニルさん?!と思ったらやはりそうでしたか!
お声をかけさせていただこうかと思ったのですが仲間を探しているうちに迷子に・・・(汗;
いやぁ、感動しました!
お疲れ様でした!

伝説創るのもラクじゃない(汗)

ebizouさん はじめまして。

今年のスーパーヒルクライムは沿道での応援が出来なかったので、
フィニッシュラインでの爆笑を狙ってました(爆)
ebizouさん旧街道から大観山いけるなら、来年は出場?
比較的よく会いそうな所を走ってる様なので、機会があったらご一緒したいですね。
※皆…ウマとは互角に走れないと怯えて居ますが、遅く走る練習も仕てます(爆)

1ヵ月過ぎて(汗)

コメントの管理画面を確認したら1通、未公開が有りました(汗)

f さん 遅れ馳せながら、こんばんは。

はい!スタートからレース中~ゴールまで絶えず視線をウケてました
小径車と言っても径が極端に小さい極小径車ですからね(爆)
>「やはり人間ではないのでは?」影を見れば尻尾が見えるカモ?

ps拍手ありがどの♪励みに為ります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP