FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

青山荘deお山のお餅つき

2011お山のお餅つき
                photoしまださん(画像の拡大可能)
ヤビツ峠の憩いの場、青山荘の年末恒例行事「お山のお餅つき」
今年の〆に参加してきました!

三週連続の快晴
前日まで3日連続で降り続いた雨も、日曜日には雲一つ無い青空
そして、この時期には珍しく暖かい陽気で絶好の行楽日和♪

自己紹介
持ち合わせ場所の伊勢原駅に着くと既に多くの参加者(自転車海苔)
が集まって居た、結構な人数だった為?自己紹介は移動先の公園で。
※しまださんから参加者名簿を貰ったのに多過ぎて今回は省略(汗)

蓑毛ぬこphoto呼人さん
善波越えして隧道を抜けた先に見事な富士山が見えたが…
街と撮ってもイマイチ映えないので、例の所まで我慢!
途中のアプローチをショートカットして峠を登る、途中まで
列に同行…鳥居を過ぎた辺りで激坂スプリントを開始!

オルカ組
                         photo momongerさん
蓑毛からは、としろさんの牽きで結構なペースで進み菜の花台へ
この快晴を齎す御神体を作った菊次郎さんと一緒に走る。
実は菊次郎さん新車で、オルベアのオルカを購入したので、
次世代オルカの初期モデルと最新モデルのオルカ同士で…分り難い。

菜の花台&富士山
菜の花台を少し進んだ辺りで見れる絶景スポット!
ココの方が見栄えが映えるでしょ♪連日の雨で降り積もった冠雪が
富士山の魅力を一層引き立てて滅多に見れない!見事な光景*

焚火で蒸す
峠を越えたら青山荘まで下る、会場ではいつでも搗ける準備が整ってた
会費を払えば食べ放題!飲み放題(酒は無い)餅つきプレイも可能♪
昔ながらの製法!機械やガス火なんて一切ナシ!これぞ醍醐味。

親分が打つべし!
食い手も大勢なら搗き手も多い※搗く量は10ターンは有ったか?
先発は親分!毎年の事で手慣れてる

体力自慢の自転車海苔
序盤は皆ハラ減って搗くより食いたい派、兎に角搗いて作るしかない
体力自慢の自転車海苔ってよく言われるケド体験して解った事とは?
脚力と腕力は別物(爆)粒を捏ね終えた時点で次の人!ってな具合。

搗きたて♪
名水を吸ったもち米を薪で湯を沸かし蒸し木の杵&臼で人の力で搗く
まさに至高の手作り餅だ!搗き手に由って粒の残量は…御愛嬌。

餡子と護摩
お餅の御供は餡子とゴマ…おはぎかよっ!嫌魅か(蹴
滑らかに搗いた餅はよく延びて美味かった♪

汁もの温まる#
汁ものは温まるね♪餅が搗き挙がるまではコレで飢えを凌ぐ
しかし…汁もの飲むと餅が溶けてハラが膨らむんだよね~

汁モノの番人
ガスも電気も使わないから、火加減は重要!
この辺は火遊びに詳しいmomongerさんに任せて安心。

大賑わい
自転車海苔から一般参加者を含め大賑わい!
天気が良いから出席率も高く去年より多いのでは?

おみやげ分も搗く
いつもは監督席で指揮をしている戸塚のさくまさんも越後流で搗く。

全て搗きまくる
後半になると満腹でコレ以上は喰えない…残す所4回分はある
コレは、お土産として持ち帰る分として搗くので気合いが入る!

帰り道
午後2時を回り陽が落ちない内に自転車海苔は解散、裏組・表組に分れ
各自帰路へ向かう、宮ヶ瀬の紅葉は終わっても遠くから見渡せば綺麗だ
吾が輩は戸塚のさくまさんと一緒に寒川の日本一たい焼きに寄り道して
冬休みにドコ行くか話しながら帰路に向かい7時頃に帰宅。

※今週もニトロを搭載(爆)
※おまけ※
コレは先週のオフ会で装備し放しだったSURLYのフラスク…
中身は真冬の寒さでも燃え上がる一種の爆薬(呑むと暴走状態に陥り
危険な為、乗れなくなる)車体も人気だったが、コレの存在に気付く
自転車海苔って…輪行ユーザーにお勧め☆

※参加者の視点からも、ご覧下さい。
だましのしまださん
momongerさん
Mちゃりさん
菊次郎さん
戸塚のさくまさん
呼人さん
スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< 届け遠くの友へ。 | ホーム | チェーンリングの脱着 >>


コメント

オットー!危険なものが・・・次回が楽しみですな。我輩はバランタイン17年物が好きですよ。
これってクロモリの方がマッチするような?!偏見でしょうか。

日本酒は冷やしたり温めたりして飲むもんじゃないっすよ。すきっ腹に冷や酒(今じゃ常温でと言うらしいが)を煽るんですよ。これが一番です。女々しい飲み方はおフランスのワインだけにしましょう。
これは完璧な偏見(偏屈?)です。

最後のはギャグ!

azukさん こんばんは。

輪行袋持参で来れば、ありったけ呑めたのに~
SURLYはクロモリも作ってるからソレ向けかも?
炭素は太すぎでボトルが当たって収まらない・・・
でもソレに見合う鉄車は所有してない(涙)

※日本酒の温度…生酒・要冷蔵と書かれると、
味が変化しそう?なので従って終います。
熱燗で呑んだ事ある酒は「甘酒」だけです(爆)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP