FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

ブレーキケーブル交換(ロード編)

ケーブルセット
ワイヤー交換なら挿し込むだけで終わるが、今回は外側のケーブル
ごと交換します。ロード車の場合、このブレーキケーブルはハンドルの
バーテープと一緒に巻かれてて交換がとても面倒ですが、ワイヤー同様
外側のケーブルも消耗部品なので、劣化して傷む前に交換しましょう。
※フルアウター以外ならケーブルセットがお勧め☆

インナーケーブルを抜く
先ずは古いケーブル類を外します、ブレーキのケーブルを固定する
ボルトを緩めケーブルを解除する(ケーブルカッターで切っても良い)
STIの7900シリーズからはネームプレートを外さないとブレーキ
ケーブルが外せない(ネームプレートが蓋代り)ケーブルは解除済み
なので、ブレーキレバーを引いて戻せばケーブルのタイコが突き出る。
このまま引き摺り出せば簡単にインナーワイヤーは外れる。

フードを捲ってテープを解く
STIのブラケットフードを予め、めくって置きバーエンドキャップも外す
そしてバーテープを剥がす、握力で引き締って剥がれ難いので
ゆっくり剥がしていく(無理矢理剥がすと途中で千切れる)
※カーボンの場合…表地(樹脂)が剥がれる事もあるので特に慎重に。

断面は削っておく
古いケーブルを捨てる前に、新しいモノと揃えて同じ長さにカット。
断面は潰れているので、外側は型枠で丸く整え、中は太い針で広げる。
ケーブルカッターで切ると断面が荒いので、ヤスリで平らに仕ておこう♪

90°切っても張らない長さに
ケーブルの長さは、おおよそハンドルを90°切っても張らない長さ
余り詰めると転倒時、強くハンドルを切られケーブルがその勢いで
引っ張られディレイラー等を壊し兼ねないから。&輪行に不便。
@ステムの角度・長さ変更や、ヘッドスペーサーの増減でもケー
ブル類の長さが影響して来るので、その際はケーブル交換と成る。

光る先に
アウターケーブルの用意が出来たら、インナーワイヤーを通します
最初と同じく、ネームプレート側からケーブルを通し・奥の穴に通す
※アウターケーブルを先に挿すと、あの光が見えないのでアウター
ケーブルはインナーワイヤーを通した後で挿し込む。
@7800以前のSTIは「シフトレバー」を引き回したままブレーキ
レバーを引くと、ハンドルにブレーキレバーが当らない程大きく引ける。

アウターはインナーを通した後
インナーワイヤーを全て通し終えたらネームプレートで逆戻りしない
様にフタして固定、反対のインナーワイヤーの先端からアウターケー
ブルを通し途中で…ワイヤーにオイルを注しておくと引きが軽くなる♪
但しグリスは抵抗に為るので御法度!油を注したらSTIの枠に収める

ビニールテープで仮留め
バーテープで直接巻き押さえても良いのだが…
ビニールテープで固定した方が纏まってて巻き易い。

バーテープで仕上げ
ケーブルが変な方向に絡んで無いか確認してからバーテープを巻く。
※〆のバーエンドキャップも忘れずに(笑)

アジャスターを半々に合わせる
ケーブルを固定する前に、ブレーキアジャスターを反時計回りに
回し上げ、ネジ山の上下が半々になるぐらい合わせる。

手でキャリパーを挟む
ケーブルを固定位置にセットし、よく引っ張った後ブレーキキャリパーを
手で挟みリムに密着させたままケーブルのボルトを固定(本締め)

ブレーキの初期伸び取り
シフトケーブルほど延びないが一応、ブレーキケーブルも初期伸び取り
アジャスターを戻さないまま、ブレーキレバーを引く!グイグイ程度*
ワイヤーが引き締まったら初期伸び取りの完了♪※必須項目では無い。

アジャスターを戻してアーチを開く
アジャスターを時計回りに回してアーチを広げます。
レバーのリーチ比は個人の好みに合わせて調整を。

ケーブルを切る長さは…
余ったケーブルは程良い長さにカットします、目安はブレーキの
シューブロック(ブレーキゴム部分)の固定ボルトと並行の位置…?

キャップで〆
ケーブルをカットすると断面が解れるので、キャップで固定。
ニッパーでアウターキャップを固定すると↑な感じに。
※試験は乗らずに、押して制動を確かめてから乗る様に仕て下さい。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< 相模七福神めぐり | ホーム | 2012の初乗りはポタから。 >>


コメント

成る程

>アウターケーブルを先に挿すと、あの光が見えないのでアウター
ケーブルはインナーワイヤーを通した後で挿し込む。

言われて見れば、この手順は納得ですね。
やはり、オヤジは頭が固いのでしょうか。(そんなの知らないと、言われそう)
ガイドのケーブルとその中を通るワイヤー。
どう考えても、ケーブルを先に入れてしまうのです。
先日も一台、やらかしました。(汗)
発想の転換ですね。
頭が軟らかくなるように、ポン酒じゃなくて酢を飲む事にします。
あっ、申し遅れました。
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

挨拶が2回目…

オヤジさん こんばんは。

ケーブルの通し方に定義は無いんですが、この方法が通し易いので。
※インナーケーブルのみ交換の場合はバーテープを剥がさず直に
ワイヤーを装入しますから、元々目隠し状態でも通せます。
@この方法は定義と言うより手際と云う事で&シフトケーブルも同様です☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP