FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

twitter

カテゴリ

検索フォーム

全記事表示リンク

月別アーカイブ

まとめ

ポストマウントの落とし穴

メカディスク
戸塚のさくまさんからのヘルプで、MTBのフロントブレーキの
効きが甘くて、危ないから診てほしいと…診断に来ました。

洗浄
聞くとメンテ後辺りから、こんな状態に為ったらしく?
ブレーキ周辺に注油をしたから?鉄板には当てて無いと言う。
スプレー式のオイルだと散るから可能性は有るし、ブレーキレバーを
引くと ソレっぽい掛り方をするので…外して洗う(只の中性洗剤です)

ブレーキパッド
勿論ブレーキパッドも洗いました、パッドの残量を見ても限界には
程遠いぐらい残ってる!バッドとローターを戻してブレーキレバーを
引いて見ると…変わらない?!アジャストケーブルや、手動ピストンで
リーチを掛けても依然効きが甘い(?)何コレー?調べると意外な所が

よく見ると、ワイヤーを引いてピストンを押すアーム部分…ココが
コレ以上引けない位置まで達して居た!これじゃ~ケーブルを
引いた所で、片側に押し付けられる筈ない!…しかしパッドが
余ってるのに、限界値に来るのも変だ。更に調べると
1ピストン+ポストマウントならではの現象と解った!
センター合わせ
ポストマウントのキャリパー固定部分は楕円形に作られており
横方向へスライドさせて中心を取った後、固定する仕組み。
通常なら左右対称に位置してるが、パッドが減るに連れて左右
間で開きが出来る、ピストンはケーブルのある片側のみ なので減った
片側を寄せないとピストンの力でキャリパーごと片側に寄せて仕舞う
例えるなら車のピンスライドの原理…ピンスライド構造じゃ無いから
ただズレてパッドが当らない届かない状態に為って居た(汗)
原因が解ったので、手前に来たキャリパーを奥へ押し込んで再度
ブレーキパッドのセンター合わせを仕たら強靭な効きが戻った♪
スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< BD-1の8インチ化 | ホーム | 無念… >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP