FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

ボトムブラケット(BB)の脱着

オクタリンクBB
普段は滅多に外す事の無いBB…
ココも一応ベアリング内装の消耗品。
力が最も掛る部分なので、メンテも定期的に♪

BB抜き工具
スポーツ車のBBの抜き工具は、この3種類が主…
BMXとか軽快車のモノとか挙げるとキリが無いので…

@真ん中のデカいのがホローⅡ等に使われる大径用のBB外し。
規格が統一されてるので、クランクの互換性が無くても
ウルトラトルククランク&MegaExoのBB外しは可能です。

@左の黒い物がスクエア・オクタリンク系のBB外し
旧式のテーパー型BBなら殆どコレで脱着可能!
※ISISのBBは工具の溝は規格が同じでも、シマノ工具では
軸が引っ掛かって微妙に長さが足らず届かない・・・。

@右の小さい物はカンパ専用のBB外し。
カンパユーザーなら解ると思うが…これスプロケ外しでもある。
現行のウルトラトルク・パワートルクは真ん中の工具使用だが、
旧式のスクエアテーパー時代はコレでBBの脱着を行う。


では外します!BBにはペダル同様、逆ネジが存在します。
これは回転方向に対し力も掛るので、クランクを回しながら
ネジが緩むのを防ぐ為(逆なら締める事も出来る)
右外し(JIS)
画像は右側:コチラが逆ネジです!クランクの回転方向が動力なので
対してBBは逆方向に力が働きます、外す時は時計回りで緩めます。
※逆ネジに為っているJIS・BSC規格(シェル幅68mm)の例。

@ITA規格と云うモノも在りますコレは左右のBBが
正ネジで両方とも反時計回りで緩めます。
※規格の見分け方はBBシェル幅が70mmあります。
(BBシェルとは=フレームの最下層、BBの取り付け部分)
ITA規格は構造上、右BBが暫らくすると緩む事があります。

左外し(共通)
左側はJIS・BSC・ITA問わず正ネジです。
外す時は、反時計回りに回して緩めます。

BBを外すのは、ベアリングの状態を診たり…交換。
規格違いのクランクに取り替える際の共同作業。
異常音が発生した時の整備面…etc

外した後は取り付けです!外した時に苦労された方も多いはず。
動力を掛けて締める方向にネジ切ってある訳だから・・・(汗)
なので取り付け時、ネジ山に至っては必ずグリスを多量に塗る!
惜しげも無く全面に塗り、取り付け後 はみ出たら拭けばイイ。
ネジは締めると言うより「閉める」いつか…取り易くする為に。
挟んで締める
BBの取り付けですが…JIS・BSC規格には向きがあるので注意
R=右 L=左 と記号が譜ってあります、左右間違えても嵌るので
絶対間違えない様に!(BB直すのにクランク外すのも面倒いべ)
締める方向は…外す時の逆です(単っ)本締めの時はレンチの端と
チェーンステーを同時に握って締める!(ITA以外は左右共)
※締めが甘いと音鳴りの原因(金属の弾けるパキパチッ*って音)
あとはクランクを取り付けて完成です。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< 季節外れの水仙ポタ | ホーム | フロント ディレイラーの調整 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP