FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

ブレーキシュー交換(カンパ編)

カンパ・ブレーキシュー
09以前のカンパブレーキのシューブロック交換です。
※11以降はホルダー後方に小窓が有ります※

替え時じゃ
削る事で役目を果たすブレーキ…リムも削れるが3倍減るのが
シューブロック…側面に使用限界の印が有るがココに達する前に
取り替えた方が安全の為に良いので、取り替え時です。

押し出す
方法はシマノの時と同じく車輪を外し、ブレーキレバーを引いて
シューブロックを手前から奥へ押し出すだけ*シマノの場合は
逆回転時・シューブロックが外れるのを防ぐボルトが有りますが
カンパには無い(11を除く)シューのホルダーに窮屈に圧着
させる仕組み、その為…脱着の際は結構力が要ります(汗)
※11以降のパッド・フィキシング・システムはホルダーの小窓から
シューブロックを押さえてるロックを外し奥へスライドさせるだけ。

アルミとカーボン用
交換するブレーキシューブロックには大きく分けて3種類
アルミリム用・カーボンリム用・セラミックリム用とリム別に違う。
※専用シューを使わないと制動が効かずリムへのダメージも大!
他に用途別…雨天で発揮するモノ・制動力重視・耐久性・全天候型
様々あるが、カーボンの様にデリケートな物はメーカーが推奨する
モノの方が無難※ヘタするとリムが熱で溶ける(汗)

押し上げて挿し込む
外した時と同じ手順で嵌め込みます、カンパシューはシマノの様に、
一目で判り難いですが…シューブロックには進行方向があるので、
上下・左右を間違えて填めない様に(たぶん入らない)
外すのも一苦労;容れるのも大変です(汗)途中までは入るものの
ソコから硬く収まり難い!真四角に見えて微妙に曲がってます…
なので、後ろを持ち上げる形で押し込むと収まり易い・・・。

強引に奥まで挿す
シューブロックは必ず奥までしっかり納める事が重要!
隙間が空いてると嵌って無い証拠!一番硬い所ですが妥協無し。
どーにも力尽くでダメなら、6角の先端(球じゃ無い所)で押す!
※この時 滑ってケガしない様、気を付けて行って下さい。

シュー工具
※こ~んな気の利くツールも有るんですが…
カートリッジごと外して…付け直しが…面倒(汗)
もの凄くラクに脱着!奥まで挿し込めるけどね♪

アジャスターで開く
車輪を嵌め戻して、引いたアジャストボルトを下げます。
減ったシューの位置じゃ新しいシューの位置と異なり
リムにブレーキシューが当ったままに為っているから。

リーチ調整で完了
アジャストボルトを時計回りに回してアーチを広げ
あとはブレーキレバーの引く量を好みに合わせて調整。
※ケーブルの固定部分で調整するのは×ほつれるから。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< お取り寄せスイーツ | ホーム | 季節外れの水仙ポタ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP