FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

渋峠を越えて日本海

ココへ向かう。。。
去年から始まった太平洋から日本海まで自力で行く日本横断の旅。
参加者はシルキーさん峠のゴブリンさん、監督、SLENDERさん、我。

6月1日の夜9時、茅ヶ崎の3×3=Cから走り始め日付変わった
2日の間に[3×3=C>相模湖>笹子>甲府>野辺山>佐久>
軽井沢>草津…]と云う過酷な内容;吾が輩も誘われたが生憎
平日込みなので不可能、初日の晩は見送り(海老名まで伴走)
間過ぎて日曜日に輪行して途中合流と云う形で参加して参りました。

3×3=Cスタート
6月1日の夜…この日のスタートは叶わないが、せめて見送りだけでも
と、準備を仕て居たが…前回は10時スタート@今回は9時と1時間
繰り上げスタートなので、去年の様にBDとは行かずロードで茅ヶ崎の
3×3=Cまで駆けるしかない!金曜はメシ当番で片づけ終わったのが
7:50(汗)9時出発だから1時間しか残って無い!しかし行けると自身
に言い聞かせ出発*急いでる時に限って赤信号&渋滞で幅寄を食らう!
最悪だったのが戸塚駅の開かずの踏切で10分ロス…ソレでも間に合う
などと根拠の無い自信で兎に角進む!R134に来れば50km巡航で
ギリギリ間に合う計算*息を荒げながら3×3=Cの交差点まで爆走=3
何とか間に合い↑の写真を撮り、皆に元気に成る回復の粉を渡したら
役目は終わった…が、コースを聞けば長後街道を通過する様なので、
ソコまで伴走して、お見送りする事と為り…独りに為ったら夜ポタ。

始発は眠い…
見送りの帰りに、最寄駅の指定席券売機で6/3の切符を購入して
行く意欲満々!1日半待って3日…始発なので、朝4時起き(つДヽ)
4:20に家を出発し、数分後…駅に到着!今回は特別な時に乗る
シャチ君なので、厚手の輪行袋(収納がラクなだけ)20分掛け収納
時間に余裕を持たせホームへ*始発は混むので何時もの社長席(爆)

座席もMAX
5:52東京駅に到着!次は6:08発の新幹線に乗るのだが…
横須賀線のホームから新幹線の乗り場までは遠いんだよね(焦)
何とか5分前に間に合い乗り換え*この時間に二階建て新幹線?
だから絶対に自由席に空きは無いと悟り指定席を選んで正解!
自由席は汽車名と同じMAX(笑)指定席もそうだが…特急券
買って立ち乗りは絶対嫌だから!再びミドリ車でも良かったが。

来たよ!
戸塚~高崎までは比較的スムーズで快適だったが…ココからの吾妻
線は鈍行…乗車時間も1時間30分と長い特別席なし、ドアは手動(!)
かなり昔の東海道線の車両じゃね?コレ…なんか懐かしいぞ。
乗るなら「リゾートやまどり」で行きたかった(時間的に無理だが…)
前半贅沢したから、鈍行も味があってイイ*この吾妻線も八ッ場ダムが
出来れば水没して別路線に変るから、この景色はソレまでの貴重なモノ
また日本一短いと言われる「樽沢隧道」の一瞬さにもウケた。(爆)
@7:24~8:53(乗り換え26分待ち)景色を堪能し@長野原草津口

悠々自適
長野原草津口は草津へのアプローチなのだが、仲間を待たす訳には
いきません。ココも乗り継ぎ!観光バスで草津温泉まで30分足らず♪
@前日3人は悶えながらココを登ったのだろう…バスは楽ちん(鬼畜)
※SLENDERさんは翌日仕事の為、途中離脱。我と入れ替わりと為った…

草津で合流
9:30草津温泉に到着!シルキーさん、峠のゴブリンさん、監督と
1日振りの再会♪バラした自転車を組み立て出発!前にコンビニで
食糧や防寒装備等の山越えアイテムを仕入れる*そー言えば標高が
高いせいか?ランチパックの包装が膨張してた…峠で破裂しないか?

監督が行く
10:00いざ!渋峠へ出発。
飛び出したのは監督、さすがに若い!シルキーさんは前日の疲れが癒え
切れず登りより下りで張り切る作戦?…峠のゴブリンさんは膝を痛めて
無理は出来ない状態、取り敢えず完走目標程度に抑えて走る様子。

アウターしばり53×17T
吾が輩は誰に言い付けられた訳でも無く、アウターしばり。
皆は前日の過酷な走りに引き続き今日も峠を越えて県境まで行く、
ソレに引き替え我に前日の疲労は無し、輪行で来たから体力が余る
限り無く不公平な気が仕たので、背に斤量を背負ってるが足りない
公平な立場に近づけるなら重いギアで渋峠を登るぐらいのハンデが
有っても良いかと思い、知ってか知らずか最後までアウターしばり*
※シートチューブのタンクは防寒具&消毒液です。

殺生河原
森が開けて渓谷地帯が現れる@殺生河原…ココまで来れば約半分。
標高は1600mを越えており寒い寒い山間に白い物体(雪)が見える!
下界は半袖が丁度良い季節なのにココじゃ着るモノに迷ってしまう。
※登って体は温まってる筈が監督は寒いと言いジャケットを羽織った。

毒の谷
名所の毒の谷、殺生河原で一息入れたのはココで止ると硫黄化水素
ガスを吸って仕舞うから…※低速でも高速時の過呼吸でも吸うが…
硫黄臭いね、ぐらいで進めば中毒症状は出ない#普通長居はしない。

荒野
火山ガスのせいか?毎回ココは不気味に生暖かい(^_^;)同じ場所とは
思えない程に、監督は危険を感じているのか?興味が無いのか素通り
前日の疲れを残しながらも一定のケイデンスで登るから後ろで追っても
走り易い(アウターしばりだし)毒の谷を越えれば後はキツイだけ。

五重の九十九折り
群馬ルートの渋峠は勾配が緩めで激坂は殆ど無く、激坂の長野ルート
より比較的登り易い道だが…直線が長いのと、渓谷地帯で九十九
折りが果てしなく見える所がイヤラシイ。景色が良いから苦では無い。

白根山が近い
白根山の山肌が見えてくれば白根の休憩場まであと2km程度と
伝えると、俄然やる気に!しかし…幾ら登れど終わりが見えない;
山の1㌔2㌔は街の倍に感じるモノ…ソコで吾が輩のアウター縛りに
気付くと監督も試しにアウターへシフト…その直後!声に為らない
声を荒げ失速…幸い立ちコケには至らず5秒後にはインへ落とした。

ゴールスプリント
標高2000mの標識を通過すれば(白根山まで)残り1km程度!
ココで監督が仕掛ける*序盤の疲れが有りながら、どんどん加速。
※降り積もった雪が今でも残る渋峠…疲れても止りたくない。

到着!
白根山に頂上に到着!余裕の監督ъ(゚∀゚)後ろには誰も付いて来ません。

記念写真
ココは押さえ処なので1枚*草津温泉から70分か微妙…
※いつも独りだから台数あると何だかうれしい♪
じゃ~これから2人を迎えに行きますか!と言うと、確か2時間を
見積もって今70分…残り50分の差<登り反し…監督「待ってます」

2人を迎えにDH!
で、独り迎えにDH(コレが目的?)ボーラをCULT化したから
究極の回転!傾斜だけで怖いぐらい鋭い加速をする!これはイイ♪

ココから伴走
只でさえ速い鯔に秘密兵器導入で下りを楽しめば、あっと言う間に
2人を捕捉!ココからは同行※勿論アウター縛りのままで。短く
感じた下りも結構下りたらしく登り反しが長い(汗)暫らく登ると…
監督が「下りは寒い」{{(>_<)}}と言いながら迎えに下りて来た。

揃って記念写真*
みんなで登れば寒くない!?揃った所で記念写真*
お昼だけど昼食は峠を登ってからに仕よう!と為って続行ー
※更に寒くなって来たので防寒装備を羽織ってピークへ向かう。

変態の谷です。
白根山からは一旦下り坂があるが直後に絶景&激坂の登り反しが…
ココは見ただけでも達成感を感じられる変態の谷です。(笑)

渋峠到着!
登るに連れて益々霧が濃くなり視界は10m足らず…展望はありません
毎回こ~なんだよね…それだけ天に近いって事か?緩めに登って着いた
2172m渋峠の頂上!R292は日本国道最高地点になります。
※そ~言えば、この3名は前日、国鉄最高地点にも寄ってたねwww

国道の最高地点
到達の記念に吾が輩も便乗して、渋峠をアウターギアで登ったどーー!
群馬ルート&草津温泉スタートじゃ自慢に為らないか(≧∇≦*)ゝ
よし!手応えは感じた次は極小径車で伝説を創ろう!Σ(゚д゚;)えっ?

証明書もある
因みにココへ来たら必ず欲しいモノが日本国道最高地点到達証明書。
5種類あって一部¥100で日時を印字*やっぱり↑の写真でしょう
今回霧が激しく展望0だったが…晴れてれば、こ~云う景色なのね…
※この券の発行はコチラで↓購入ですよ。

お昼はココで♪
ちょっと下れば もう一つのピーク県境に在るココで昼食♪
何も無い峠が多い中で、こー云った建物が有ると助かる。
※観光化は景観を損ねるから好ましくも無いが…ここはアリ*

カレーうどん
外は寒かったので、汁モノ“カレーうどん”いやぁ~温まる#
予定より40分遅れ?まあ…最悪6時の便に間に合わなくても
7時の特急に乗れれば帰宅は可能でしょう!と話し合い、休憩。

豪雪
6月回っても雪の山に雪上車!さすが豪雪地帯…気温は1ケタ台。
渋峠は雪が残るぐらい絶対寒いから防寒装備を忘れずに!と言う
言い付け通り厚手の装備を着込む。※吐く息が白くなったのは久々。

2000mのDH♪
後はお待ちかね*2000mのロングDH!皆さんスピード狂です。
ここで防寒対策の落とし穴、グローブまでは防寒仕様で無かった為
峠のゴブリンさんがメッシュグローブで痛寒いと言い、このままでは
ブレーキを握る握力が低下して危険!まして長野ルートの下りは激!
ソコで吾が輩の四次元ポケットから医療用ゴム手袋を手渡し効果覿面♪

雨だ…
渋峠から下る九十九折りも何故か加速しながら下り寒いが順調に飛ばす
ゲートを過ぎた辺りでポツポツ…やがて路面は水浸し雨も本降り…
そして雷まで鳴る始末…渋峠の雷って横から鳴るんだよね{{(゚Д゚;)}}
スキー場のホテルが並ぶ一角に一時避難し雨宿り、こんなに早く寄り
に由って下山する山で!この先雨が続く様なら長野で新幹線などと
一同諦めムード…送った酒は送り反してよ…これにはカチンと来た
絶対にソレだけは阻止させよう!自称・移動性高気圧の名に掛けて
晴れの奇跡を起し交渉で何が何でも直江津まで連れてってヤる。

防寒装備が本来の役目を果たす
雨が止む気配は無いが強まる感じも無いから停まるだけ時間の無駄…
濡ても仕方無いや…下界で晴れてる事を願って下り始めます。
※防寒装備として着た服が本来の役目を果たして、何か罪悪感を感じる
路面が濡れてるので速度を控えて下って行きます、ソレでも40~
50km/h台は出てますケド…ループ橋まで下れば寒さより暖かさを
感じる様になりゲート付近に来ると雨が上がって路面はドライ*

市街地は晴れた!
湯田中近くのコンビニに立ち寄り休憩です、下りは残念だったけど
ココまで来れた、残りは約70km…雨が上がったおかげで少し
気持ちを持ち返し続行する事に決定*しかし中野を過ぎた辺りで
再び雨…飯山街道の分岐前で最終決断#晴れる事を願って進む事に

本降りも関係無い
R292飯山街道を進んでも一行に雨が止む気配なし…でも向かう
先に希望の光が見える*一山越えて雨にも負けず頑張ろう!!
元気無く登り切り隧道からは下り基調♪殆ど漕がずに妙高市まで来た!

上越は完全晴れ!
そして上越の市街地まで来ると降った形跡は全く無い(我が奇跡どや
濡れた体を乾かす為か?高速巡航で一気に進み、R18の手前で休憩
この調子なら夕暮れ前に到着出来そう♪耐えた甲斐があったと云うモノ

@ココからは吾が輩が先頭…と言うのも例の荷物を受け取りに行く為、
背負って運ぶと重いし冷やし続けるのも困難だったので、直江津港に
程近い春日山の宅配センターに送って置き止めして置いたのだ*
コレなら割る心配も無いし常に冷やした状態で保管してくれてる♪

無事に荷物を受け取り印鑑を押して銘酒をゲット!持ったら狙い通り
よく冷えてる*ある意味コレが我の重要ミッションだったりする…?
遂に来た!日本海
その後、道を外したので船見公園まで引く事に(近くだけどー)
水族博物館側を通り海沿いへ!始めは建物で隠れて見えなかった
念願の日本海!夕日が良い具合に照らされ海風も心地良い♪

日本横断達成*
無事、日本横断達成!おめでとう*初日の山越え>翌日の雨走行…
波乱万丈な道のりも思い返せば武勇伝的な良い話に成るでしょう!
※我はオマケで写ってます(爆)

公園から駅までは道なり…6:20到着し輪行の準備!今回は比較的
収納がラクな輪行袋だったので15分でパッキング完了!皆時間までに
収納を終えて着替える余裕も*ココである事に気づく…コップが無い
せっかく極上の酒を用意しても杯が無きゃ呑めね~キオスク売って無い
駅周辺に商店も無い、コンビニも見当たらねー(汗)出発まで20分
そうだスマフォのアプリでコンビニを検索しよう!検索結果は…南口!
線路の向こうかよー!しかしココが最寄り…走れ!買った!戻る(汗)
ロードシューズで走るのは一苦労;何とか10分で戻って来れた。
移動酒場(爆)
自転車抱えて改札口へ…遅れそうだったので、前売り券は買っておらず
窓口購入、戸塚までの乗車券と新幹線&はくたかの特急券を購入して
ホームへ7:08丁度やって来た!しかし予想に反して混んでる…
シーズンじゃ無いから自由席でも向かい合わせの席が取れるかと
思っていたのに残念ながら全員バラバラの席で反省会(ビールで。)

中野市民(?)
越後湯沢まで48分の汽車の旅…夜で窓には何も見えず…
隧道だらけでケータイも繋がらない…話し相手も居ない…
これじゃ~早いだけの電車だよ(涙)2杯目開封。
@えのき氷…湯田中で買った、ご当地グルメ也*みそ汁や炒め物に
用途は色々、我は酒に沈めて呑んだ*ダシにも肴にも為ってアリ!

ちょっと残念だった特急はくたか…越後湯沢で新幹線に乗り換え
ココに停まったのがMAX…席空いてるのか?(´Д`;)また自由席
ホームは既に行列!期待は薄い…自由席は満席!指定席も4人
掛けは殆ど見当たらない…取り敢えず上下2手に別れ探すと何とか
指定席で並んで座れる席を確保♪ようやく宴会が始められる♪
十四代・極上諸白
日本横断達成を祝杯する為に用意した幻の酒「十四代・極上諸白」
諦めたら絶対呑めなかった至高のご褒美です♪改めて乾杯!!
※送り反しなんか仕たら酒ポタでも呑ませてヤんなかった処!

極上の味に舌鼓
注いだ瞬間に芳醇な香りが漂い日本酒とは思えない果実に似た甘さ

酒ポタ時、都合で参加出来ず…呑めない広葉樹さんに十四代は旨かっ
たよ~♪と冷やかされ、未だ味わった事が無かった峠のゴブリンさん
七垂二十貫を凌ぐ極上諸白の余りの旨さに手が震え、終始にやけ顔。

また酒にうるさい監督も今まで呑んだ中で一番美味いと思って居た
日本酒のランクが変わった!こんなに旨い酒と知って居れば直江津
まで雨が降り続いても走った。と嬉しいコメント*頑張った成果!
幻の酒と云う異次元の味を知った様子…次は酒ポタで呑みましょう。

お酒が呑めないシルキーさんにも、広葉樹さんが呑める銘柄を理由に
御猪口程度を注いで呑んで貰うと、呑み易いと絶賛!良かった。

※十四代が空になると山崎18年が狙われた(爆)
あ~森伊蔵を持って来るの忘れてた…まイイや。
最後まで堪能♪
極上諸白は我も初めて呑む酒だが(新作だから)まさに極上!
ちと豪華過ぎたか?(汗)まぁでも皆、相当の頑張りを仕たし
喜んで貰えたから選んで正解※SLENDERさん呑み奴だったらゴメン。

居酒屋列車は談話で盛り上がり東京駅まで時間一杯堪能して御開き。
厚木方面のゴブリンさん、監督と別れてシルキーさんと東海道線へ
フジ55の練習話し等して気付けば戸塚駅…地下鉄乗り換えの
シルキーさんと別れて我はバスに乗り換えて帰宅…皆と比べれば
疲れた内に入らないが…長い一日だった。お疲れ様でした。。。

※仲間のブログも続けてどうぞ。
シルキーさん峠のゴブリンさん其の2其の3SLENDERさん

スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< クランク移植で三浦100 | ホーム | 激坂に釣られて富士山一周 >>


コメント

お疲れ様。
アウターで登るとは・・・ヘ○タイ間違いなし。
王滝もアウター・ミドルで5時間狙い?

十四代の登場とは。

来年は是非!

広葉樹さん こんばんは。

アウターで登ったのはハンデですよ。
でもH止りで良かった♪てっきりkeiとか言われるかと(爆)
王滝でアウター・ミドル?地形次第だけど…初参加で5時間切りは無理でしょう。
目標は8時間ですよ(本気)舗装路ばかりなのでトレイル練も仕なきゃ…

※師匠はともかく…十四代が振られたのは初めてです(笑)

執念の直江津行き

お疲れ様でした & 凄いお酒の差し入れありがとっす

前夜の草津からのメールは、マジでみんな弱気になっておりました
完走できたのはスレイプニルさんのお蔭です

それに、中野あたりで雨を止ましたのも貴方の執念ですね(笑)

とにもかくにも、完走に向けてのご助力を有り難う御座いました
今後とも宜しくお願い致します

晴れ牡は自称です(∀≦∩)

シルキーさん こんばんは。

ブッ通し並にキツイ峠三昧de列島横断お疲れ様でした。
雨だと行かないよ~とか言ってたクセに結局
草臥れてる仲間を鬼牽きする役に(爆)
※9割は酒を求める力←なぬ?!

でも努力と執念が稔って、日本海の夕日が見れたのは感動でしたね!
@次回は仙台400kmを走りましょう♪

※我は芋煮会以外、晴れを呼び起こします&
背後から高気圧=プレッシャーも掛けながら(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP