FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

twitter

カテゴリ

検索フォーム

全記事表示リンク

月別アーカイブ

まとめ

異種部品で治す

だほん
今回の患者さんは広葉樹さんのDAHONのリアハブ。
空転で直ぐ止る・ゴリゴリ感が取れないと言うもの・・・。
タブン…箱根の旧街道(石畳)を走ったのが原因でしょう!

これは許せる
開けて診た所、カップ&コーン式のハブ。
通常は球の当る場所は削れて輪っかが出来る、この程度なら
まだ使用に支障は無いし球当て調整で回転具合を合わせられる。

これはダメ
一方これはひどい('A` )球に押し潰されたのか?ボコボコ#
これじゃ~指で回しても重固くゴリゴリする訳だ!
幾ら調整してもコレが抵抗になって滑らかな回転にならない。

カップは無事
ハブ側のカップには円と多少の凹みが出来てるが、辛うじて使える*
ここがコーンの様に虫食いに遭うとハブ自体が逝った事になる。

ドコのメーカー?
シマノハブならモデルに合った規格のスモールパーツで修復可能だが
このハブは…(((((KinetiH)))))…ドコ?年式もモデルもメーカーまでも
不明…しかし修復不可能ではない!一途の可能性に賭けてみる事に。

互換性は運次第
ハブのパーツは専用設計では無く、規格が揃ってシマノの部品と
互換性が合いそう*ベアリング球は1/4”片側9個(18個)
球の大きさ&数が同じなら球受け・球押しの角度も同じになる。
軸もM10で互換性がある!後は球押しの幅、フリー側は15mm
で実寸と一致*シール付きの球押しの幅は表記が無く勘(爆)
これ等の互換性を照らし合わせたモノを購入!非設定で巧く行くか?
※使った物はFH-2200とFH-4400のハブパーツ。

分解前に
基本的には反フリー側の球押しのみ分解するが、今回は左右の
球押しを取り替えるので、フリー側も分解します!ここで注意する
のがエンド部分これはフレームに乗せる部分なので、左右均等に
合わせる必要がある!片側が浅いと片側が出っ張る…これでは
車輪を固定出来ないし外れたり破損する虞もあるので、分解前に
何ミリか計って置く。組み立てる時は其の寸法に合わせて固定。

かなり傷んでる
外した球押しとベアリング球、傷だらけで輝きがありません。
ボールは変色・コーンは穴だらけ…よく耐えたものです。

新たな部品で復活*
例の球押しをセットし巧く嵌った♪ベアリング球も新調しないと
効果が出ません!グリスを塗って馴染ませ、片側の球押しも
取り付けて球当て調整*カップに多少のキズが在ったせいか
滑らかには回らないが、あのゴリゴリ感は消えて軽く回る♪

蘇った♪
微調整を施し、最後の仕上げ!車体にセットしたいが生憎
車輪しか無いので、台座に乗せ回転試験#スムーズに回り
異常音・妙な揺れ・不規則な回転など微塵も無い出来栄え*
やったね♪これで末期ホイールの延命が出来た(゚∀゚)互換性
だけで異種部品を無理矢理合わせた修理*小径車…難い!

スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< 王滝に向けて… | ホーム | ICE TECHNOLGIES >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP