FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

サスペンションフォークのオイル交換

フォーク艸
MTBでは標準装備となったサスペンションフォーク。
スプリングはコイル式・空気式・ゴムバネ式…等々、
バネだけだと反動でブレが生じて仕舞う…のを防ぐのが
ダンパーオイル*中間クラス以上のフォークなら装備されてる。
滑らかにフォークをスライドさせるのに欠かせない油だが
勿論!使用環境で劣化する消耗品、動きが鈍くなったら交換を。

注意:フォークはメーカーに由って構造や仕様が異なる為、この方法
が全てのフォークに通用するとは限りません、この記事は構造の
参考までに止めて下さい※鵜呑みは結構ですが責任は負いません。

フォークの整備
フォークメンテの際はフレームからフォークを抜き取ります。
※付けたまま行う玄人技も有るが説明が面倒なので。

底のネジを緩める
分解前に、エアーサスの場合はスプリング&リバウンドの空気を抜く。
フォークの底には必ずボルトが付いてます(無い物はバネのみ。)
コイツを緩めます。主にダンパーシャフトで繋がれてる場合が多いが
エアーサスの場合はリバウンドエアーも存在して両方で固定されてる。
ネジが緩んだらフォークのクラウン部分を持って引き抜きます!

@インナーレッグが異様に伸びても引っ掛かって抜ける気配が
無ければボルトを半分ねじ込ませプラハンマーで叩く!少し引込んだ
様ならネジを外して再度引っ張ってみると、抜け易くなる♪

インナーレッグ
普段は半分ぐらいいしか出て無いインナーレッグ…意外と長いです。
軸の出てる片側がオイルの入ってるダンパーシャフト*軸の無い片
側は(空気)バネが入ってる。左右独立だが2つで役割を果たす。

アウターレッグ
コチラは外側のアウターレッグ、インナーレッグが捩れない様に支え
車輪も支え路面からの衝撃もアウターレッグを通して伝える大事なモノ
@中身にオイルが浸かってたらオイルバス・タイプ!アウターレッグ
側でオイルの流動を支え持つ構造…オイル量が多く稼働域も広い*
単純で良く動くが、重い!倒立で漏れる事も・・・。
一方…シリンダー・タイプはインナーレッグ内で↑を担ってるので
アウターレッグ内は只の空洞でオイルは(漏れ除き)一滴も無い。

ダストシール
アウターレッグとインナーレッグを繋ぎ絶えずスライドする
ダストシールこれが有るおかげで泥や水の侵入を防いで内側の
オイルがインナーレッグを常に潤滑してくれる役割を果たす物。
淵がひび割れてたり、捲れて穴が開いてる様なら交換!
汚れてる程度なら洗浄剤は使わず拭き取り、ゴムにも使える
潤滑材(グリス)などを指で丁寧に塗って仕上げる。

ダンパーシャフト
ダンパーシャフトは穴の開いたT字型のピストン軸なので、別に外す
必要はありません、オイル汚れも徹底洗浄する程頑固な汚れでも無いし
オイルバスなら、このままでOK!シリンダー型だと開けないと中身を
取り出せないのでインナーレッグの底を開けます。
※ダンパーと間違えてスプリングを抜かない様に!バネが飛び跳ねます。

廃油
開けると変色した廃油が流れ出て来ます(汗)全く違う色に為ってる。
しかも水も混じって分離し合ってるしー!汚ぇーの見えたら即替える!
@サスペンションオイルは機械油です、排水溝に流さない様に!
※買い物袋に流す#拭き取りに使ったティッシュに吸わせながら。

きつね油因みに きつね油は10wt
サスペンション・オイルには粘度があって、指数はwtと表記してあり
主に2.5wt/5wt/7.5wt/10wt/15wtの粘度がある。
指数が低い程ダンパーの流動が早いが、熱を帯びると底打ち仕易く
なるので、~5wtはXC等サスがあまり動かない所で使う分には良い
15wtのドロドロは激しく動くDH向け、中間の7.5wt~10wtは
広い範囲で使える粘度で耐久性もあるので、待ち乗り系にも向く*

クラウン側のネジ
クラウン側にあるナット…コレを取るとダンパー側ならオイルがあり、
スプリング側ならバネが取り出せる※バネはココから脱着する。
シリンダータイプならココからオイルを注いでも良い*適量に。

エアープラグ
エアーサスの場合、スプリング側にエアープラグがある。
これも外す事が可能だが、抜いても筒があるだけ…得に弄る
点は無いので、エアー漏れやオイル漏れ等…パッキンが傷んで
ない限り開ける必要は無いので、このままに仕ておきましょー。

戻して稼働試験
サスのオイル交換を終えたら、逆の手順で組み立てて
車体に付ける前に上から体重を掛けて押し込んでみる*
オイル漏れや硬くて動かない様な事が無いか確認する為!
初めはジャボジャボ.。o○ブクブク鳴るけど馴染めば黙る。
動きに異変が無ければフォークを車体に装着し試走で確認。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< 王滝の前夜祭 | ホーム | 無くても良いが有ると助かる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP