FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

ケーブル引きのカーボン化

そろそろメカニックらしい記事を書かないと期待外れになってしまうので、第一弾目は、さりげないけどマニア度の高いカスタマイズ。
比較的簡単で、素材の持つ優越感に浸れるから興味のある方はお試しあれ。

使うパーツは、ジャグワイヤーが出しているカーボンロケットアジャスターというSTIに取り付けるアジャスター。
アジャストボルトの無いフレームやハンドルを持ったままディレイラーの調整が出来ると云うスグレモノ。
ジャグ
しかし、悲しいかな…7900デュラ&アルテはケーブルがハンドル内に回って、もう使う機会が無くなった。
そこで、形状がフレーム側のアジャスターに似ているから互換性は無い物か?と試してみたら・・・

どうやら使えそう上がフレーム付属のアジャスター下がカーボンロケットアジャスターを分解したもの。
下の土台部分は使わず上の3点をフレームの物と差し替えるだけ。
分解
ネジの径も同じみたいで(※特殊形状を除く)取り付けてみると、↓こんな感じ。
取り付け
ちゃんとアジャスターとしての機能も果たし、滑り止めもあるので緩む心配も無いです。
注)カーボンだからと言って軽量化や剛性は微々たる物なので優越感や見た目重視の改造です。
軽量マニアやカーボン好きには最適かも。※値は張りますがね。
スポンサーサイト

<< カンパフリーをシマノフリーに移植 | ホーム | 春の恒例お花見ポタ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP