FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

芋煮会レシピ

芋煮の具材
このエントリーは2010年にも書いたが、余りに適当過ぎたので再投稿
お山の芋煮会用に用意したが雨天中止!具材の賞味期限が切れるので
今回は芋煮会で作る芋煮汁(庄内風)の調理法を載せてみます。

具材は「里芋」かなり多め!冷凍剥き芋でもOK♪ジャガ&薩摩はダメ!
「蒟蒻」1~2個、「厚揚げ豆腐」1~2丁、「豚肉」300g量は好み。
きのこ類は「しいたけ」、「しめじ」、※えのき・エリンギ等は合わない。
〆に「長ネギ」@調味料は、味噌・鰹だし・酒・砂糖・醤油。

里芋は多目
里芋の皮を剥いて、鍋の底が見えなく成るぐらい里芋で埋め尽くす!
芋煮会と言うぐらいだから芋が主役!溶けるのも有るので大量投入
水は浸した程度に半分嵩増しする程度注ぎ、鍋に火を入れる。
酒を投入すれば臭みが消えて柔らかく煮える(初孫がお勧め)
※内陸風なら、みりんでOK!庄内風だと甘くなるので日本酒!
捕捉*里芋は毛や皮を残すと泥臭いので、厚切りで剥く。
里芋のヌメりが苦手な方は剥いた後、湯通しすればサラっと仕上がる

肉を一口大に切る
里芋が煮えるまで具材の下拵え*味噌仕立てなので肉は豚肉を
使用します*庄内豚ブランド平田牧場の三元豚と言いたいが贅沢
出来ないのでスーパーの薄切り肉(爆)バラでもロースでも、
しゃぶしゃぶ用が手頃♪長く切ってあるモノは、一口大に切り揃えて
おきます、肉も酒漬けにすれば臭みが取れて煮ても柔らかく仕上がる。

コンニャクを下茹で
次は蒟蒻です(順番は無いが…)蒟蒻は手で一口大に千切り取ります。
手で千切った方が裂いた断面に味が絡み易いので&箸で掴み易い♪
ソレを一旦お湯で茹でて(1分程度)灰汁取りをしたら完了!

厚揚げも湯通し
次は厚揚げ、コレも湯通し仕て油を取ります。
豆腐屋で出来たてのモノなら油も旨味なのだが、購入2~3日経つと
油が酸化して胸焼けする様な体に悪い油に為るので茹でて落とします。
これも1分程度で上げて水を切ります。

灰汁取り
仕込みを仕ている間に里芋が茹で揚がって来ました*
同時に灰汁も浮いてきたので掬い取りましょう。

肉・蒟蒻を投入!
鍋が沸騰する前に肉と蒟蒻を投入して、ひと煮立ちさせます。
この辺でダシ(顆粒のモノでOK)を入れます。

厚揚げは短冊切り
まだ仕込みが有ります(汗)先程の厚揚げを短冊状に切ります。
横・縦縦縦縦縦縦縦な感じに。一口サイズの厚みは、このぐらい。
捕捉:大きさは好みですが、大きいと熱くて食べれない;
小さいと煮込んでる間に崩れて原形が無くなる。。。

しいたけ千切り
椎茸は生でも干した物でも*切り方は普通に千切り。
煮ると縮むので厚めに切った方が食感が楽しめる♪

しめじ…裂く
しめじは石突きの土を取るだけ、コレは丹波しめじ…
デカイ!ここまでデカイとバランス悪いから裂きます。

全部投入!
仕込んでる間に煮えてきました!ココで先程の具材を全部投入!
まだ味噌は入れません、もう少しダシ汁で煮込みます。
※速い段階で味噌を入れると、味噌が焼けるので。

ネギは斜め切り
最後に入れる長ネギは斜めにカット*大きさは器に合わせて切る。

味噌を溶いて味見*
里芋に火をかけて30分ぐらい煮込めば、具材も煮上がる頃♪
ココで味噌を溶いて入れます、味見をしながら好みの濃さに合わせ
甘さが欲しければ砂糖・コクが欲しければ醤油を足し味を調える。

ネギを入れて、ひと煮立ち
最後にネギを入れて蓋をして、沸騰したら火から下ろす。
暫らく余熱でネギがしんなりするまで煮込みます。

余熱で完成♪
ネギがしんなりしたら、かき混ぜて出来上がり*
汁より具の比率が高い程、美味い芋煮汁になる!
この方が食い応えもあるしね。

庄内風  芋煮汁
丼に盛って、初孫をグイッと呑みながら芋煮をつまむ…ホントは
河原(最上川)で遣るんです(´ヘ`;)家庭料理では無く郷土料理なので。
※今回ヤビツ峠の芋煮会は5年連続不参加(爆)ジンクス通り越して
もはや呪としか言い様が無い!でも、お山のママにレシピを伝授でき
コレを見てるか?分らないが、参考に出来れば正統派の芋煮汁で
芋煮会が出来ると思う*成し得れば我が二度と出る事も無くなるし。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< ディスクブレーキにオイルが掛って… | ホーム | 嵐前のポタ >>


コメント

初孫のラベルが懐かしい

30年位前、第一次地酒ブームの頃。
筆頭は越の寒梅。

山形の初孫や住吉、茨城の一人娘や熊本の美少年。
デパートの日本酒売場で買った記憶がありますね。
色々呑んだけれど、今となっては記憶は曖昧。

信州は真澄と神渡。
中乗さんは呑んだことがないですね。


ラベル収集も趣味*

焼津のMさん こんばんは。

東北銘醸の初孫…地元に行けば普通に置いて在るのに
離れた地だとなかなか見られませんね~
今は網通販で地酒を購入出来る時代ですが、酒屋で試飲して
好みの酒を選んで、ソレに合う酒をツマミに一杯呑むのがイイ!

※我も木曽の地酒@中乗さんは初めてでした!
クセのある日本酒らしい呑み口で後引きます(爆)
来年は王滝に出ましょう!前後は絶えず、あの雰囲気です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP