FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

twitter

カテゴリ

検索フォーム

全記事表示リンク

月別アーカイブ

まとめ

極小径車de大弛峠

極小径車de大弛峠
8インチの極小径車で次に挑んだ山は↑通りの@大弛峠!
標高2365mで一般車が登れる標高の高い峠に、紐みたいな
チェーンの極小径車LGS-CM(CARRY ME)で挑む峠伝説*

横浜線
今回は戸塚ではなく東神奈川から輪行です(乗り換えが面倒で)
6:10の始発に乗って八王子~高尾から中央本線に乗り換え…
余裕あるから鈍行(※出遅れたら特急)で向かったが失敗!
始発だから席は確保出来たが退屈、緑車無いからサービスも無い。
特急あずさの緑に仕とけば良かった('A` )自由席の鈍行はつまらん。

信玄公
結局2:34揺られ変に疲れた状態で塩山駅に到着!8:44
幸い大月まで本降りだった雨はココでは上がった様子でセミドライ
車体を組み立てて、呟きで告知したから誰か来てくれるかな~?
など見込みの無い期待を持って9時まで待ったが誰も来ない…
だよねー我の企画に賛同してくれる奇特な方は少ない!
まして遠征じゃ…分っていたので、9:10に出発します。
※ちなみに開始時(塩山)の標高は400m峠は2365m
つまり獲得標高が2000m近く有るって事!ソレをコレで(笑)

L210
最初のコンビニで水と食料を調達して最初の難関に挑む!
峠よりキツイんじゃね?的なMチック7%超ロングストレート…
長野の地蔵峠(L94)に匹敵する最も苦手なアレである…
L210に入ってる筈が妙に勾配が緩い…おかしくね?やっぱ
道間違えてた(爆)直進して集落を通り抜けてた、戻る分岐に移り
同じ7%を登ってL210魔のロングストレートを回避!イイ道だ♪

恐怖のブドウ畑10:03
でも1/3程度しか回避してなくブドウ畑の激坂区間を登るハメに…
長いキツイ勾配が増してくる!琴川浄水場もうすぐだ!が、ゲートが
見えて杣口林道に突入!まだかよーっ!山もガスって嫌な感じ…

琴川の橋
やはり極小径じゃ無理なのか?ギアがバキバキ鳴って勾配キツくて
蛇行運転;体力は残っているのに足取り重い、踏ん張りながら登って
琴川に掛る橋*やっと見えた(´∀`;)ココからはラクなんだ♪

戻れ標識?
さっきまでの7~10%に比べると3~5%台なのでアシにやさしく
周囲も木々が茂って程良く涼しい*こんな大きなカーブが有っても
それ程、苦に為らないから少しペースを上げてみる♪

巨◦11:20
飲み物が半分ぐらい減って、ダム湖周辺に自販機とかあったか?
分らないが水分摂取は吾が輩の絶対条件なので、無いと終わりだ。
そんな時に巨◦ が!巨◦フェチが見たら萌えそうな立派な巨◦!その
脇に水汲み場と書かれた看板が♪隠れた天然エイドステーション*

琴川ダム湖
一旦ピークになって琴川ダム湖が見えてきた、軽く下って即上り
琴川ダムが出来ても観光クラスじゃ無いのか?展望台はあるが
自販機類は見当たらない、湧水汲んで良かった。

少し晴れてきた?
長い上りをダラダラ登って行くと次々とローディーが追い越して行く
さすが人気の山だね、極小径車でも無ければ抜くか会えないか?
ぐらいしか見掛けないが、抜かされっ放しだから良く見掛ける*
行き先の山を見上げると雲が取れてきて晴れるかも♪展望を期待。

ココからが本番!11:49
暫らくしてゲートと大弛峠まで14kmのキロポストが現れる
自転車海苔はココまでも大弛峠の一部と考えて登るが、本番はコレ。
この時点で結構な標高!タイヤの空気圧が上ってパンパン、破裂
する前に軽くエアー抜き!極小径のチューブは厚手で丈夫だが、
破裂なんかしたら交換が大変なので、簡単な微調整で防ぐ。

自転車海苔が多数
ゲートから、いきなり10%近い急勾配が始まり峠らしい道に(汗)
取り敢えず14km頑張れば頂上だ!勾配もターンパイクと比べれば
緩いぐらい(スタート地点が7合目ってのも…)追い越す自転車海苔に
励まされ、時に驚きのリアクションも取ってくれるから、やる気に!

良い雰囲気*
急坂を登って平坦な道に出たら、もう一つのゲート。
一方は通行止めなので本線を進む>ココからが幸せ♪
1%勾配の緩い平地*このまま峠まで続けばイイな~
※標高も高くなってきた為か?木々の紅葉が目立つ。

まだ先は永い12:23
平地部分を順調に進んで10km地点まだまだ元気*
涼しさもあって水の消費が少ないのも助かる♪

広葉樹の中を広葉樹さんが走る*と云うネタも遣りたかったが
王滝のダメージが残って今回の企画参加を断念された(惜しい)
暫らく平地基調
空が晴れて来て木漏れ日射す心地イイ空間♪負荷が少ない
緩い登り…しかし!そんな甘い峠じゃ伝説に成る分けない!
残り8kmの標識の辺りから勾配が復活!(´Д`)

謎の物体
周囲が拓けて山脈が一望できる、この辺り*あの山の天辺に見える
謎の物体は何だ?妙に突起してて山の風合いとは違い自然に出来た
物には見え難い!望遠の利くカメラじゃ無いから判らん!人工物なら
一体誰が何の目的でアレを作ったのか?全ては謎に包まれたまま。

天然エイドステーション
巨◦で汲んだ水は既にカラ…給水ポイントは沢の水のみ!
飲めるか?どうかは不明だが、脱水症状に罹るぐらいなら腹下しの
方がマシだし@天然エイドステーションの響を聞けば何でも飲める*
王滝から野生化してきてる様な…良い事だが。

涼しさと紅葉
時季本番の紅葉と比べると色付きが甘いと言われそうだが、
これはコレで吾が輩は満足できた*赤系より黄系の方が見易いので。

これはひどい('A` )13:00
兎に角キツイ!ひたすら大変、雲が取れて気温上昇(汗)
勾配も尚上昇(爆)弛く見えるこの道…振り返ると激坂なんす。
何が大弛峠だ!ちっとも弛んでねーじゃん、☆☆☆クラスの峠じゃ。
@こんな所を極小径車が登るのだから異様な光景である(笑)

この5kmほど長いモノは無い
残り5km半分の大台は越えたが、終わりが見えない…
さすがに疲労も溜まって腿裏が攣りそうな前兆!
非ビンディングで引き足使ってる訳でも無いのにナゼここが?
ハムが攣ったら一巻の終わり、ココは休んで粉で散らそう。

岩
もう疲労困憊;粉も即効性あるとはいえ、極小径のギア比と勾配に
対する負荷トルクはアシの回復が間に合わない程…ここから先は
1km毎に休憩を入れる事にしたが、途中で座ったり寝そべるのに
最適な岩が並んでたので、この上で暫らく休憩*膝を曲げて座らな
くて済むから、姿勢が楽で直座りより回復効果があった♪

ヘアピンカーブ
見事なヘアピンカーブ!こー云うの見ると撮りたくなる*
そ~言えば…この先に箱根の七曲がり坂みたいな九十九折の
道があったな~(´Д`;)変な事を考えるのは止めよう。

キター!13:47
あと2km♪やっと来た!残り1kmじゃ無い、有る意味ココで満足*
よくぞ極小径車でココまで揚がって来れた物だ(独り前祝い状態)
※必死に自身を勇気づけさせて居ました先の九十九折りを忘れる為に。

見事な紅葉だ*
景色は最高♪撮影と誤魔化して休憩*しかも残2kmを出た直後(爆)
紅葉も色彩が良くて季節を感じる※気温も下がって寒い{{(゚Д゚ )}}
やっぱり黄色系がイイ*きいろいことはいいことだ。

あと1km…ガスってね?
残り1km地点ゴールは僅か!このキロポスト序盤は1km毎に設置
され嫌魅に感じるが後半は励みに為る♪しかし雲が掛かって嫌な天気…
これだけガスってると展望は期待出来そうも無いな。

ピーク目前でMATSUさん
黙々と登り続けピーク手前に天然エイドステーションの溜まり場に
見惚れたが汲めそうに無いからスルー本線に戻って登り始めた時に
前から下りてくる自転車海苔…?見覚えある人、向こうも気付いた
様でコチラにやって来たMATSUさんでした!偶然出会えて驚き
※MATSUさんの方が極小径車を見てビックリしたと思う(爆)
我の告知とは別にソロで紅葉狩に来た様子、今日はダメだったとか。

MATSUさんと別れて残り500m!路駐の車を交わしながら
登ればギャラリーが沢山*何時間掛ったの?と聞かれ、5時間!と
答えると、お疲れ様ん!疲れたよ~;そして頂上に到着!ヽ(´∀`*)ノ
伝説誕生!
8インチ極小径車de大弛峠に…着いたどーーー!!!
9:10に塩山駅を出発して、かれこれ到着が14:13
5時間3分ですか…速いのか遅いのかコレじゃ~比較が難しい(汗)
周りはロードですね、異様なぐらい場違いな光景(爆)
つーか看板の前に駐輪すんなよ!画に成らないだろ。
紳士のスポーツ自転車海苔なら他の者への配慮・行儀を弁えろ!

…さいでっか。読み方がよく解らん('A` )
これで極小径車の新たな伝説が誕生した!しかし今回も残念な天気。
夢の庭園とか言うヤバ系な名前の展望台も、これだけガスってたら
15分歩いて行くだけ無駄!昼食にしたいが、外は寒くて堪らんし
大弛小屋って飯処も在るが、人が多くて何だか寄る気が起きない。

下りは寒い!!!
下りは寒いだろ~なー…寒いのは分かって居たから上下ウォーマーを
装備して下り用に風避けを羽織る…所までは計算通り!やっちまった
グローブが指きりタイプ(爆)スマフォの操作が容易ってだけで、
防寒対策の盲点だった(>_<)こんな時にゴム手袋を持ってないしー!
仕方なく強行下山、寒さで指が痛い!あ…握力が低下して止らん(汗)

リムの冷却途中休憩
長い・寒い・坂が急…とあって、ブレーキ頻度が高い峠の下り。
しかし極小径車の怖い所は、この超小径リム!この円周だけで止める
タイヤが8インチならリムは6インチと言った所、ディスク並の制動は
勿論無い!速度に対し制動有効効果が無さ過ぎる(爆)元々峠を走る
乗り物じゃ無いけど…減速はするが急ブレーキは効かない!長く掛け
ると摩擦熱でタイヤ内の空気が熱膨張する、由って数回は停車して
リムの冷却*その間に遅い昼食♪塩味が美味い*今更絶好調に回復。

逆からの景色はまた別!
寒い寒い下り坂も、景色を見れば嫌に為らない。
登ってる時は雲の中で何かに夢中で上の景色ばかりだったが、
晴れた帰りの道は行きと違った雰囲気で、この峠の全体が見渡せた。

戻って来ました♪15:49
大弛峠のゲート>ダムから琴川>集落>駅…休憩やコンビニでの
買い出しも有りながら3:49着…タブン下山が2:20頃だから
1時間半?異様に速くね?!まぁ~陽が沈む前に着いて良かった。
※こーして見ると、この自転車はホント小さいな~異常だね。

どれに乗ったでしょう?
駅に入ると再びMATSUさんと合流*輪行準備の間に追い付いた;
汽車が来るまで談話*違う汽車だったのでMATSUさんはお先に。
吾が輩は其の後…この中の↑どの特急に乗ったでしょう?

待合室で吞み会
速く着いたは良いが、早過ぎて汽車が来るのに1時間待ち(爆)
極小径車って速いんだか遅いんだか予測がつかないから結局
時間を余らすんだよね~そんな時はコレ♪コンビニで買い込んだ
物は、寒いのでアルコール燃料だん*独りでも反省会しないと
〆られないじゃん。※山梨なら笹一だが、真澄が呑みたくて…

はまかいじ
特急キタ!コレに乗れば乗り換え無しで横浜駅まで直行出来る!
…んだよね、乗れれば;残念ながら4時前の時点で、はまかいじ満席
今朝までは緑車に空きは有ったが…競争率高いのね~予め買うにも
4:58までに塩山に戻って来れる保証が無かったから止めたら…
※この車両を見ると伊豆の踊り子号に見えるのは吾が輩だけ?

ホリデー快速ビューやまなし
はい次発のコチラに乗りました@ホリデー快速ビューやまなし。
まぁ~コッチの方が新型だし、二階建てだし、特急料安かったし
しっかり指定席で新宿まで(八王子直通)席は譲らなかったヨ。

車内でも
17:04~八王子直通18:55新宿に着、乗り換えは
19:04発の湘南新宿ラインで戸塚まで19:44の旅、
東海道線に乗る時は100%混んでて自転車が押されるし他の
乗客にとっては邪魔かも?なら安全な緑車に立掛けて席も確保!
帰るまで呑み放し*コレなら遠征も楽しいね♪次はドコへ挑もう?

スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< 気持が乗らないが自転車には乗る | ホーム | 日本酒の原点を(買い)求めに… >>


コメント

2年越しの計画に参加できなくてすみませんでした。

体力が、落ちているのはわかるがなさけなかぁ。
3度目で何とかしたいが、また一つ加算だからどうなるか?

懲りずに誘ってください。

見届け人に。

広葉樹さん こんばんは。

今回は残念でしたが、天気も紅葉もイマイチだったから
或る意味…登りで快楽を感じ無ければ面白く無かったかも?
来年は渋峠に逝きましょう!アシが不安なら700cや29ersとかを
使えば極小径車とは対照的な相手なので、歓迎ですよ♪

伝説

4年前に登った時は、人数が多く休憩も多かったとは言え、6時間強かかりました。それを極小径車で5時間とは恐れ入りました。そればかりか、あのMATSUさんを帰りの駅で捉えるとは驚きです。来年の渋峠是非ご一緒したいです。勿論緩い方のルートでお願いします。それに場合によっては適当なところで私は1泊したいです。

次は渋峠で決まりか。

だましのしまださん こんばんは。

確かに しまださんの過去ログを見たら6時間近くあったので、
極小径じゃ+1時間かな?と想定して特急券を見送りましたが
結果はソレより2時間も早い到着(驚)休憩時間が短かったか…
一定のAveが必要だから実は速かったのか??
※下りは普通に速いんですアレは(笑)足柄DHで64km/h出ました。

来年の渋峠チャレンジ是非!極小径車のAveを考えると小径車より
FELTの方が長い登りで疲れないかも?途中合流なら草津de温泉*

こんばんわ

はじめまして。fretta乗りです。
いや~驚きました、感心しました。10%の勾配? 5時間登りっぱなし?
しかも8インチで…。誠にお疲れさまでした。
しかし、よくこれだけ写真撮れましたねえ。感服です。さらに言うなら、
帰りの電車でよく呑めましたねえ…。 重ねて感服しきり。

あ、標高上がったらエア抜くっていうのも初めて知りました。
勉強になりました。
また寄らせていただきます。お邪魔しました~

伝説創りは容易じゃない(汗)

ふじつぼだんきさん はじめまして*こんばんは。

年に1度?は極小径車で無茶な事やってます(笑)
大弛峠は獲得標高が高いのでコレで登れば伝説に成る!
と登ってみたら…2回は無いかも(爆)
※勾配10%は少な目な所です、その分距離が長め;
休憩は目茶苦茶取りました(本音)でも5時間…速。
写真は休憩中や景色の良い所で立ち止まって撮りました*

イイ汗掻いた後の一杯は至福のひと時*この後2本追加入ってました(笑)
これが無いと輪行が苦痛なので毎度呑んで帰るんですよ~
勿論、飲酒運転は御法度なので下車後は徒歩で帰ります。
こんな奇行な自転車海苔ですが、またお越し下さい♪

※標高上がったらエア抜き※
標高1000m程度なら空気圧MAXでも破裂しませんが、
2000mを越えると大気圧が下がって密閉空間のチューブ内が
膨張し破裂(登りは抵抗軽減に高空圧を入れるので…)する事が…
Mt富士ヒルクライムで良く見られます(爆)

お互いに...

大腿骨を骨折して24Km走る俺も変わり者だが、8インチで大弛峠登るあなたも変わり者で酢。

また一緒に走れる日を楽しみにしています。

もはやMやHを超越してます(K)

峠のゴブリンさん こんばんは。

体が動く内は事態の深刻さに気付かないモノですぬ*
我も樹海でコケた後も痛て痛てー言ながらギャップの乗り越え(汗)
大腿骨の骨折&緊急入院とは比較に為りませんが…
手術も無事済んで驚異的な回復力で帰国出来てなにより*
暫らくはリハビリで自転車は自重でしょうが;
脚が治ったら自転車のリハビリも仕ましょう!
取り敢えず↓ココまでアシ慣らしに♪
http://tabicycle.blog28.fc2.com/blog-entry-754.html
※極小径の次のステージは渋峠ですよ(群馬ルート)

伝説を見ました!

先日はお疲れ様でした。
「うわぁ、なんか小径車が登ってくるぞ」と思ったらスレイプニルさんでした。
嬉しさと驚きで写真を撮ってあげるのを忘れてしまいました。
すみません・・・。
あの寒さの中、小径車であの速さで下るとは、登り+下り両方伝説ですね。
見届けられた事を嬉しく思います(笑)。
今度は一緒に走りましょう。

標高2000m越で、こんにちは。

MATSUさん こんばんは。

まさか峠で出会えるとは思ってもみなかったので、
見届け人が居てくれて嬉しかったです♪
※下りは顔と指先だけが凍えてヤバかった(爆)
標高100m置きに-1℃の世界…油断してました。

塩山駅でも少しの間ご一緒できて楽しかったです*
次回は是非スタート地点から登りましょ♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP