FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

手軽に本格派

気になるモノ
先日の続き…三溪園の帰りに本牧珈琲で買い物時コレも購入
対象だった@ハリオV60コーヒーメーカー。家電製品ながら、
ハンドドリップに近い淹れ方が出来る?とかで、物凄く惹かれた。

こんなにデカい!
しかし銀ぬこBDで運んで帰る事は不可能だった…って、こんなに
デカい箱だから(汗)翌日、配達の序でに寄って買いに伺った*
※これ車でも無ければ運べないよー…手さげ袋にも入らなかった(笑)

ハリオのコーヒーメーカー
ハリオV60コーヒーメーカーこのメーカーはガラス製品が得意で
コーヒーサーバーやドリッパー等を主に作ってるが、V60なら
コーヒーメーカーでも美味く淹れられるんじゃね?のノリか??
初の製品化でメーカーサイトに載ってない専門店の一部でしか
販売されて無い超マニアックな逸品*¥14、490円也(大汗)
※コレのデモ機で試飲した感想を伺った所、おいちょさん曰く
他との大きな差は判らない、ハンドドリップには及ばないとか…
(;゚Д゚)えー?!正直過ぎて営業に成って無いよ(汗)
しかしハンドドリップを悲しい程マズく淹れて仕舞う吾が輩は
手より機材に頼った方が、断然美味いのが飲める筈だ(自爆)

高額故のオマケ*
1万5千近い高額な商品の為か?ペーパーフィルター100枚入と
本牧珈琲ブレンド200gがもれなくプレゼント♪しかも豆に至っては
その場で焙煎&挽き*その間に珈琲1杯も付いて至れり尽くせり*
モノが良いから高価い…それでもサービスが付くのは嬉しい事♪

セッティング
セッティング!説明書は見ただけで読んでない(キリッ*
まぁ~挽きとか圧とか難しい機能は無いから@コーヒーメーカーだし
唯…杯数分に応じたボタンが有って、蒸らす水量が関係してるのか?
5杯分の水を入れて2杯抽出の意地悪を仕たら2杯で止るかな?
並のコーヒーメーカーじゃ水が無くなるまで注ぐからぬ。

取り敢えず3杯
取り敢えず…おかわり分も有るから3杯分を作ろう。
最低2杯か、1杯は無理なのか…つーか1杯なら使うなや!
2合の水に珈琲豆…1杯の匙が8gだ、手入れは12gなのに。
機械で淹れると、量を得するな~*抽出時間の関係なのか?

珈琲王…
湯が湧くまで待機…眺めて居ると珈琲王なんか凄いな。
大層な名称は拘りから来る自信の表れなのだろうか…
出来上がるのが楽しみである♪

淹れてる。
暫らく経つとシュバー!!ゴボゴボと水蒸気と共に、お湯が注がれ
プツプツプツと静かになって止った…蒸しか?並のコーヒーメーカーは
注ぎっ放しだから、ちょっと違和感…数秒後ジャババババ!!!と勢い
良く注ぎ、溢れない・途切れない程度の間隔で流す繰り返し。
騒音では無いが静音でも無い&蒸気がスゴ!高温なんだろうな。

出来上がり♪
出来上がるとピーピーと鳴って知らせる機能が*
取りたいんだけど~蒸気がシュォー!シュォー!って
機関車みたいに吹いて取って良いモノなのか~(汗)
※抽出後サーバーを保温するが30分後に保温が切れるらしい…
まぁ~30分も熱したら焦げけて真っ黒になるし香りも飛ぶからね、
温め直しはサーバーごと電子レンジ(対応だから)が良いそうな。

黒でイケる!
普段はミルク・砂糖を多めに入れるが、先ずは黒でしょう!
珈琲王を冠する実力は…?んー初めは苦いと感じたけど、我が淹れる
苦味より遥に淡い♪連日、本牧珈琲でハンドドリップを頂いたから判る
やや苦味を感じる…コクがもう少し欲しい…あの爽やかで香り立つ
ハンドドリップには及ばないが、かなり近い味がした!従来のモノに無い
拘りの機能が美味さを引き立て、以前使ってたコーヒーメーカーと明かに
違う。※挽き具合や豆の量で味を変えられる様だから色々試してみよう。
('A` )吾が輩の淹れるコーヒーより圧倒的に美味いのは確か(爆)

出涸らし
※インスタントだと出ないコーヒー豆の出涸らし、普通は廃棄だが
消臭効果がある様で、下駄箱に置いたり灰皿に盛ったりすれば
暫らく芳香するし消臭もするし一石二鳥*無駄が無いって素敵。

スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

<< メカニックサービス | ホーム | 三溪園を散歩 >>


 BLOG TOP