FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

焼津でお花見*

花見の後は♪
今年も桜の季節到来!早咲き桜=河津桜で相変わらず本家に興味なし
行く道のりの面白さと、着いて見る喜び、夜の楽しみと充実出来るのが
焼津の朝比奈川 河津桜めぐり*満開の知らせを受けて来静しました♪

いきなり輪行
通常では御法度…しかも企画主が(汗)いくら今年の抱負が「趣味で
努力しない・楽(ラク)しもう」だからって、輪行?…コレには訳があって
前日に内蔵に罹るウイルス性の風邪か何かで容体が悪化し企画に
乗れるか否かの状態だった…投薬と安静状態で翌朝には改善して
万全では無いがSSを除けば行けると判断して輪行に至った訳です。

沼津合流
沼津9:30到着予定とメールでやりとり仕て、お互い丁度に合流。
自転車組み立てて出発します!焼津まで80kmぐらいか?

びゅうお
沼津港から堤防の道へ行く前に、ちょっと寄り道して@びゅうお
近くで見ると超巨大!この水門も凄いが、ソレ以上に凄かったのは
台風並みの超暴風!駅でも凄い風が吹いていたがココは自転車が
舞い上がるぐらい異常な風が吹いていた…コレが向かう先に?(汗)

堤防へ
恐る恐る堤防に上がると海は白波立つ大時化、ディープリムは
横風で簡単に倒れるから下ハン持って制御!堤防の壁寄りに
走り、リムに受ける風の量も減らす様にして進む…

じゃ
台風とかで壊され、その度に作り直す積み石で描く地上絵。
今回は簡易的な仕様でもメッセージ性はありますね。

富士山が見えない
凄まじい風が吹いていたが、序盤はソレが追い風で高速巡航*
アレが向かい風だったら即座にL22に方向転換してた、その後は
追い風・無風・向かい風だったり仕ても比較的走り易かった♪

富士川越えて
運が良いのか?新富士川橋も無風状態で難無く渡り堤防の道2
工場の煙突から出る煙も流されず上昇、風向きが変わる前に進も。
初回向かい風・去年追い風・今年無風…台数も年々増えてる。

SS@サッタ峠
由比を過ぎて、話に出た薩埵峠のオプションを付ける事に(大汗)
我は病み上がりでも輪行で体力温存で居るが2人は自走で箱根越え
更に激坂オプションを追加とは…このメンバー危険すぎる(爆)

下が見えない
独りなら絶対止らない斜面でも、挑む者が居れば雄姿を見撮る*
※停めたのは登り切った平になる所ですが(笑)

景色は良いが物足りない
登った序せっかくだから薩埵峠の展望台まで歩いて行った。
分っては居たけど、富士山が見えないと物足りないなぁ~

昼食は…
前日からロクに食べてなく、向かい風ダメージも受けて失速気味…
何とか昼食に辿り着いたがココも定番の難所(汗)食えるか心配。
ココで合流予定のMさんを呼んで一緒に食事にしました♪
※skiさんにメール返すの忘れてた(自爆)そー云えばskiさんも三保に
来てた様で、五郎十でなくmassimoの方に。今度はココも良いな*

デカ過ぎ&多!
混んでいたが、並んで席に着けて各自注文*調子の悪い吾が輩は
作戦通りエビフライ、脂身は衣ぐらいで身は肉ほど量が無いから*
ソレでもこの量です!こんな巨大エビが存在するのか?と言うサイズ
エビフライと言うよりアメリカンドッグみたいな印象それが3本(汗)
病弱なんで1本は監督に頼みました(´Д`)人おかげで完食できました。
※難易度は☆☆☆☆★一番やさしい方。価格は一番高く¥2000也

久能山東照宮
食後のカロリーを夜の宴までに消費するべく焼津まで運動!
行きの追い風が帰りの向かい風…重い体・受ける空気抵抗・疲労と
眠気…地元のMさんも敢えて向かい風の中は走りたく無いので旧道
途中に久能山東照宮が見える。どーやって建てたんだろ~アレ。

洋館
行く途中に洋館が在るとの事で見学に*旧マッケンジー邸
国道沿いなら分り易い場所だが旧道だと先ず気付かない場所。

暖炉
囲炉裏ではなく暖炉ですね和洋の違い

食堂
広く大きな部屋は食堂らしい、明るい間取り。

居間
当時の家財道具とかも展示されてあり見応えある。

茶葉
我は歴史に疎いが家主は、お茶の貿易商の様ですね。

外車
表のガレージには当時のCadillacが!窓越しで写り難い。

大崩
静岡から焼津へのアプローチは山岳の宇津ノ谷か沿岸の大崩に分れる
大崩が近道だが朝比奈川を遡って戻る形になる…山側は雨雲が見え
用宗でも雨が降り始めたので、近道の大崩海岸から回る事に。
崖を避ける様に湾曲に反った橋を渡っていると崖沿いに洞門が…
昔はあそこが道だった様だ、斜面の崩落で寸断され今の橋に?

朝比奈川
旧焼津港側に下りたら(2年前はこの道なつかし~)朝比奈川に
向かって一直進!向かい風は強いが帰り楽な方が良いので我慢

河津桜満開*
段々と鮮やかなピンク色が見えて近づけば、この通り*

見惚れる
コレを見る為に自走で箱根を越えて(ワープ仕たが…)西風にも負けず
進み五郎十で満腹になっても尚進み、苦労あってこそ得られる達成感と
ソレを見届けてくれる満開の桜♪これがあるから毎年来れる*

日差しがあれば最高…
サクラと菜の花とスイセンの三色*これで日差しがあれば鮮やかだが
天気ばかりは仕方ない、さっきまで雨がパラついて居たもののココで
雨が上がっただけでも運が良いと捉え様ー♪西風は季節柄仕方ないに
仕ても、この曇った天気の割に異様に暖かく道中は過ごし易かった。

花見の後は♪
時間も迫って来たし上流の花は散り始めてるモノも有る様なので
ココで折り返し、花見ながらのパレードラン*(*´∀`) (゚∀゚)(´∀)彡

ぼんやり富士山
ココへ来てお土産を買わずに帰ると再静されるので、しっかり買い物
食い物・ご当地モノの他、我用に「海鮮丼ストラップ」これも入手*
桜えび&しらす仕様…今度来る時には「カツオのたたき」入りverが
仕入れて在るとイイな~焼津港を走るとラストで富士山が見れた。

魚いち 静岡県焼津市栄町4-3-3 
魚いち
今宵の反省会場は「魚いち」前日TV番組で放送され、ネタが尽きたら
店じまいのリスクが有ったが何とか入れる様だったので開始出来ます♪
店の前にはハナカミさんと夢津軽さんが先に着いて待って居ました。
酔うと輪行に手間取るので先に収納;待たせた2人を更に待たせ(爆)
パッキング中に開店(汗)店の人に自転車も飲酒禁止と断わられたが、
ご覧の通り、乗れない載せる状態です*Mさんは歩いて10分だしね。

始の一杯
居酒屋でも御食事処だろうと始の一杯は泡から始めて喉を潤す♪
地ビールって言うのか?静岡麦酒(しずおかばくしゅ)静岡県限定ビール
他のブランドより割安ながら味は新感覚のビールで本調子なら4~5杯
イケるのだが調子悪く、この一杯でフタ('A` )を仕て お水を注文…
お水の注文に、もう終わり?ブーイングを受けたが、薬を飲むだけです。

お通し
お通しは泡の御供 枝豆とイカの酢の物。
枝豆は食べたが、酢の物は病気が移るとマズイので割愛。

焼津割
泡は量があるから胃が冷えそうなので、薄めた酒なら呑めると思い
“焼津割”を注文*温冷があって温で行きたかったが冷が呑み易い
なら冷で…@焼津割は鰹出汁を焼酎で割った酒!イイ出汁効いてるが
芋焼酎なのか?癖が;米焼酎なら合い料理にも応用が利くかも♪

刺し身盛り合わせ
焼津と言えば海の幸*コレだけは外せません!刺し身7種盛り合わせ。
カツオのたたき・まぐろ赤身・鰤?・太刀魚・鯛?・生しらす・BORA
ボラは初めて喰った!泥臭も生臭さも無い噛むと生イカの様な甘味さえ
感じて珍味だ*この刺し身を食べるとアレが欲しくなる♪抜群の酒が…

磯自慢で合わす
コレです!焼津の肴には地酒の磯自慢”実に合う!胃腸の調子が
悪くても不思議と、この相性では口に入る…グルメ細胞の仕業か?

鰹のたたき
これは固い定番料理、かつおのたたき。これが実に美味い!
磯自慢と物凄く合う!魚臭さが無く旨味だけ凝縮して現れてる!
さすが店主が魚河岸Tシャツ着てるだけの事はある*

談議
料理ばかり載せましたが反省会のテーブルでは、こんな雰囲気です。
反省点としては、五郎十後は食も呑みも減ると結論着いて後脱線↷
奥の席は骨折2組、中央の席は日本一周2組、手前の席は大酒飲み
初顔合わせでも共通の話題で盛り上がり話が弾む*5時に始めて
8時…そろそろ帰りの準備を仕ないと、また終電に為るので解散。

新幹線のホームで
預けて貰った自転車を受け取って、駅まで歩き改札口までMさん見送り
ホームでハナカミさんと、静岡駅で夢さんと別れて、遠征組は超特急に
乗り換え*汽車が来るまで反省会の反省会(爆)酒ポタに参加出来な
かった2人に残して置いた幻の大吟醸を呑んでもらい最後まで宴会状態

こだま号終了です。
新幹線に乗車して小田原まで一気に移動!仙台程では無いがお疲れ様
小田原で乗り換えて2人は小田急なので改札前で別れて独り帰路に…
@今回は突然の腹痛で企画主不在に為りそうだったが意地で病を封じ
SS回避で続行し恒例の河津桜も見れて焼津の美味い魚も食べれた♪
こんな我に着いてくれる仲間と居られるから自転車は止められない。
※因みに:帰宅後に腹は完治ました*呑んで治したかグルメ細胞?(爆)

続編 峠のゴブリンさん 焼津のMさん ハナカミオヤジさん 夢津軽さん

スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< 自走主義の肩書きを降ろします。 | ホーム | 希少な大吟醸の酒粕 >>


 BLOG TOP