FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

そこまでするか!ブレーキ点検

なに?このテカリ*
この前の樹海トレイルまでは順調だったディスクブレーキの後輪側が
突然効かなくなる現象が起きた!油圧が掛るからオイルの不足では
無さそう、何て言うか…ブレーキにオイルを浴びせたぐらい効かない。
この場合パッドとローターを外し中性洗剤で洗って脱脂すれば戻る
でも~油の影響が無い後輪でなぜ?パッドを外そうとしたら、ブレーキ
キャリパーに妙な照りが…ドコかで漏れてるのか?まさかシールΣ(゚д゚;)

ピストン押し出し
考え難いけど、一番怪しいのがピストンとシール、普段は開けないが
取り敢えずブレーキピストンを外して診る*対向2ピストンなら片方を
押えてブレーキレバーを引き続ければ方1個がオイルに押し出される。
※キャップを開けて押し出す手もあるが★型レンチなので止めた。

シリンダー
これがディスクブレーキの油圧ピストン、押される事で鉄板を挟み
制動をする胆部品、あまり外すべきモノでは無いが点検の為に…。

シールは無傷
シールです簡単に言えばゴムパッキン、コレが気に為って…
内側からの影響は無いが、外側は砂とか汚れを拾うからソレが
カジるとシールを傷付けて、オイルが漏れだす虞があるので。
診た所…異常なし!一応保護にラバーグリスを塗って戻した*
※このシールは圧力鍋と同じで、油圧が掛るとゴムが変形して
ピストンとキャリパーに押し付けられるので、オイルが出ない。
またゴムの収縮性が押したピストンを押し返すのでローターから
パッドが適度に離れる、パッドが減っても常にこの間隔を維持する。

オイル注入
2つのピストンもシールも異常は無かった(有ったら困る)
ブレーキオイルも汚れてたから序での洗浄にも為って一石二鳥*
だがエアー抜きが毎度の厄介者だった(汗)この作業がラクな
現行モデルのM980化…レバーだけ、如何すっかな?
倒立してもエアー混入が起らないのも魅力だし(輪行のせいも?)

元通り
油まみれ?のパッドとローターも家庭用洗剤でゴシゴシ洗って装着
クリアランスと油圧量を調整しながら取り付け、油圧を限界まで
掛けてもオイル漏れは起き無かった*肝心の効き具合は…微妙。
パッドがオイルを吸ったか?効くには効くが、本調子ではない何故?
制動は前輪メインでもトレイルはコントロール重視なので主に後輪
妙な現象が起きてるが、知らない間に当りが出る様に為ればイイな。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< 梅雨の晴れ間のヤビツ峠 | ホーム | 極小径車を個性派改造 >>


 BLOG TOP