FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

奥日光の紅葉ポタ

奥日光@金精峠
今回はskiさんの企画で日光いろは坂~金精峠をめぐるポタ*
当初は8月25日の予定だったが、当人が体調不良で延期…
再開するなら紅葉の時期が良いかも*と促し連休中ではあるが
時季・天候・都合等々…絶好の条件なので行ってきました♪

内容は宇都宮に前泊して、翌朝一番の始発からスタート>いろは坂
明智平>華厳の滝>中禅寺湖>竜頭の滝>戦場ヶ原>光徳牧場>
湯滝>湯ノ湖>金精峠>丸沼高原>吹割の滝>沼田駅と巡るモノ。

仕事を早々と済ませ戸塚行きのバスに乗ったがR1の渋滞で直通の汽車
に乗り遅れる…次発は乗り換え有…2時間待つより良い、で何か違和感。
ア━━━Σ(゚Д゚;)荷物をバスに忘れて来た!!時既に遅くバスは移動してた
問い合わせても今日中の回収は無理と言われ…行くか止めるか決断!
序盤から反省会
財布・携帯・自転車は無事、荷物はジャージ等の着物類…取り敢えず
走るに必要なモノは自転車側に揃ってる、金と情報系も有る*無いのは
翌日の寒さに耐えるモノ(爆)悩んでも時間が過ぎるだけ、行くぜ!!
自転車に乗れるなら気合いだけで乗り切れ(汗)と自身に言い聞かせ
籠坂行きのSSLに乗り赤羽で快速兎に乗り換えて鬱のまま宇都宮へ。

個室の宿
土用に休める先行組は駅上の宿、殆ど寝るだけの我は駅から徒歩
10分の素泊まり宿(笑)狭小に必要最小限の設備、トイレ・風呂共同
空調は天窓のみ、隣の部屋と壁一枚、AV見放題(>_<)スゲェ宿だ!

コレだけ贅沢
別に駅上のホテルでも良いんだけど、7時間滞在(9割就寝)は贅沢
なんで安い宿に…でもメシだけはプチ贅沢して*お菓子じゃねーか。
緑車の車内販売で衝動買い!下車が遅く餃子は喰えなかったがコレで
満足出来る我って…まぁカシとアルコール燃料チャージ出来たから◎

宇都みゃ~
宿では隣部屋の尋常でない鼾が煩く殆ど寝付けなく寝不足気味で5:30
昨日までは暑かったのに今日に限って寒い!奥歯ガタガタ言わせながら
駅まで歩くとロードレースの横断幕がある、レースは興味無いから解らん
けどコンビニのフリーペーパーにコレのが有ってソレを腹巻き代わりの
防寒具に使ったら究極に効いた#よく解らん事言っても我しか解らんかも
で、日光線のホームへ…最後尾車両は自転車糊の指定席?ソコで合流。

晃
始発から乗り6:39晃駅に到着*寒い!取り敢えず組み立てよう…
忘れ物したが自転車は普通に乗れる状態だ*靴は元から装蹄靴だし。

*10月です
どー云う事って↑言う事(爆)10月なのに真夏のスタイル!前日は
暑かったのでコレで通し当日はジャージに着替える…筈だった!
バスに忘れ物しなきゃ普通に過ごせたのに、気温7℃体感気温1℃
この時間じゃユニク□が在っても開いてない(涙)仕方なくこの格好で
標高1840mの金精峠へ{{(>_<)}}或る意味伝説・無駄に最凶。

抜群の天気*
ベストシーズンに抜群の快晴♪だが寒い、連休のせいか?
紅葉のシーズンだからか?車が異様に多くて危ない!
渋滞で止まってる時が一番安心して通れる*

決断の処
しばらく登って最初のCPは@馬返…戻るなら今かと問われてる気が。
ココから先は例の、いろは坂…九十九は激しいが意外と緩い。
※自転車は純粋にロード乗り系…糊手は如何にも盗難犯(爆)
ヘルメット・グローブ・サングラスで誤魔化してるが…異様に変り無し

いろはにほへと…
秋に入っても寒い日が続かなかったのか?いろは坂は色付いてない。
冬空で景色は最高に良いけど…展望台から先は大渋滞の中を進む>
※カーブ毎にイロハが書いて在るが、いろはにほへと ちりぬるを…
までは聞いた事あるが先は…れ>そ>つ>…どう綴るのか?読めない。

明智凸
速くも無く遅くも無いペースで程良く登れ、寒さは肌寒い程度に
体が温まり比較的順調♪CPは明智平。男体山が一望できる*
皆はココで串焼きとかガッツリ喰べてたが、吾が輩は今朝のおにぎり
1個で充分!出力の割に低燃費※昨夜満タンに仕たから平気なんだ。

華厳の滝
ココは押さえ処の@華厳の滝。紅葉は来週か?微妙に黄葉。
時間が良く(9:30)日差しが射して良い具合に映える*
※デジカメも置き去りに仕て代わりの携帯カメラ、普通に良い。

中禅寺湖
道に戻って@中禅寺湖。ココに来ると日光に来た!って感じがする。
標高が1200mで箱根より高いんだな~当然、半袖は1人も居ない
ココに唯一貴重な祭り者は居るが(笑)極小径ほどのインパクトは無い

竜頭の滝
渋滞の列を交しながら進み@竜頭の滝…こ~も観光名所が多いと
全然進みません(≧∇≦*)ゝ登りっ放しは疲れるから休憩に最適*

戦場ヶ原
雰囲気は良いが絶えず登り、急に平原が現れたら@戦場ヶ原。

猫の額
戦場ヶ原って何だか物騒な名だな~猫の額ほどの広大な平原は圧巻!

光徳牧場
Mさんのリクで@光徳牧場へちょっと寄り道*脇道入った奥地でも
観光客が多数!売店でホットミルクを購入温まる~#アイスは勘弁!
牧場は牛のみ、牛じゃ言葉通じないからな~馬なら栃木弁かな?

紅葉の道
分岐から金精峠へ登り、標高も上がり木々の色付きも、この辺りから
ソコソコ見頃に*紅葉と言うより黄葉…きいろいことはいいことだ。
光徳牧場からskiさんが体の温まる良いペースで曳いて何故か切り替え
湯滝の登り反しが嫌なのと休むと体が冷める事を理由に湯滝をパス!

湯ノ湖
湯ノ湖で振り返ると背後が相当千切れてたので待つ事に…変に風が強く
ソレが冷たい!半袖短パンは勿論居ない!むしろダウンジャケットを着
込んでる!当然だ(自業自得)skiさんとMさんが追い着いたが、サクマ
さんが来ない…気付かず先へ行ったか?CPの湯滝へ下りたのか?

金精峠
標高1600m台、停まるとガンガンに冷えるから峠に向かう。
傾斜はキツく先の見える九十九道(汗)今日の大一番は景色も一番!

峠の絶景*
湯ノ湖と男体山が見える峠の絶景*諦めずに来た甲斐があった♪だが
寒い!コレを救ったのはハラに仕込んだフリーペーパー紙じゃなく神!
※汗を吸ってボロボロに為らない様にレジ袋に包んで保護力UP!

ガクガク{{(゚Д゚ )}}ブルブルガクガク{{(゚Д゚ )}}ブルブル
やっと金精峠に着いた…尋常で無く寒い!skiさん情報では金精峠3℃
体感気温-4℃肌は死人の様に冷たく温もり0!低燃費にも程が在る。
この先は下り、隧道の向こうは別世界に寒そうな風が吹き込んで来る}}}
生命維持装備と仕て雨具を買って置いてた*コレが無ければ行き斃れ。

温まる#
サクマさんは湯滝に寄っていて今、湯ノ湖…峠は寒いから菅沼の茶屋で
待っててと言うので、先に下る事に…強烈に寒い!雨具のおかげで体は
凌げたが手と足が寒くて痛くて(>_<。やっと茶屋に着いて一休み*
きのこ汁では ないが、すいとん♪根菜が多くて美味い温まる(∀`*)#
イワナの塩焼きも有ったが腹一杯@はぐれたサクマさんも無事合流!

吹割の滝
下り画像は無しスマフォなんでロック解除しないと起動しないから…
菅沼や丸沼は雰囲気は良いが雲って展望イマイチ、何か顔に当るし?
コレを思わす極寒DHも魚苑から急に空気が変わり、暖か>暑い;
最後のCPは@吹割の滝。帰りの汽車が微妙だが、ココは外せない。

割れた滝
水量もあって迫力がある*微かに虹も見える…?
この景色を観に、この一角だけ観光客の渋滞も。。。

岩アート
岪っぽい奇岩、河食地形とかってグッと来る!
お陰で足場は悪いけど、SPD-SL靴じゃアブネー。

川
前日に呑む前からドジ遣らかして行けるか止めるか悩んだが、
寒さを堪えて何とかココまで乗り越えて来れた*来て良かった♪
※流石に暑いんで雨具を脱いだら夏服が丁度良い気候だった。

椎坂峠
予定では椎坂峠を回避して薗原湖側から行く様だったが、我が送った
帰宅酒の回収場所が国道沿いに在り山隣りなので椎坂を登るハメに…
数段階のヤラシイ峠道を進み、ピークの景色*後は下るだけ♪登りは
余計だったが、或る意味…国道の方が早く進めた気がする。?

宴の主役を受け取り
沼田の市街地を走ってココに止置き仕た居酒屋列車の主役を取りに。
3:20微妙だが頑張れば帰りの汽車4:10に間に合うかも!
道なりに走って沼田駅に3:45に到着*取り敢えず切符を押えよう
パッキングはエンド金具だけ掛ければ適当に突っ込め!車内でじっくり
仕上げれば良い、4時取り敢えず着火剤の泡を購入しホームへ、4:10
ギリギリだったが理想の乗り継ぎ列車に乗れて一安心♪次発は1時間後

磯自慢@大吟醸
高崎からは湘南新宿ラインに乗り換え、勿論ミドリで♪2時間半の宴
用意した帰宅酒は「磯自慢・愛山50」元々は渋峠の帰りに用意した
酒だが呑むに相応しい人が不在で保留してた限定酒*クール便で
保管してたから呑み頃に良く冷えてる♪コレに合う肴も持参してもらい
最高の組み合わせで引き立せ、磯自慢のフルーティーな風味に陶酔*
旨い酒と楽しい会話、長く楽しめる極上な輪行中の反省会(♪)
戸塚駅で skiさん焼津のMさんに見送られながら、sakumaさんと
下車しトラウマ蘇るバスで帰路に…変なネタ起こしたが良かった!

スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< 高配合アミノ酸 | ホーム | 喰い付いたら離さないモノ >>


 BLOG TOP