FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

最強のディスクブレーキ

着けた感じ…
新車(雪猫)向けに買ったディスクブレーキ@グスタフM。
現在は製造終了した為、中古で購入*10年以上の旧モデル故…
今のディスクブレーキと比べると異様に重い!規格不明、補修部品も;
ソコまでして入手したかった訳は「見た目」(爆)勿論DH専用で強靭な
制動力も魅力だし、自転車ブレーキではグスタフしか無いピンスライド
方式のブレーキシステムもコレを選んだ決め手にも為っている♪唯…
グスタフオーナーがよく言う弊害は、やはり付き物;取り付けに苦労した。

グスタフm
前オーナーが相当使い込んだ様で無茶苦茶汚い(-_-;)取り敢えず
汚れを落とし表面を磨いて触れる様に成って見た目も恥じない姿に*
仕様は蛍光黄にスケ透けタンクの初期に近いレバーにローター径は
フロント190mmリア160mmリアは兎も角190って何?(汗)早速の
弊害…色々探って対応策を発見!これは忙しく為りそうだ・・・。

ブレーキパッドを新調*
まずはブレーキパッドを換えよう!純正が付いてたが結構消費され
てた為、制動力やコントロール性は分らないがジャグのパッドを
インストール!色だけが理由(^^ゞパッド裏面が露出してるので*
※廃番の旧モデルでも第三者メーカーが消耗部品扱ってて有難い♪

断熱シム
コチラは純正部品、断熱シムと言うパッドの熱をピストンに伝えない
如何にもDHモノと伺える部品!雪猫はDH車じゃナイから要らないが
一応…ブレーキ部品は妥協出来ないし、偶然コレが売ってたモノで…
※ピストンの形やキャリパーの形状は自動車のモノとよく似てる。

着けた感じ…
台座はインターナショナル・スタンダード(IS)に対しフォークの台座はポストマウント。
グスタフ用のポストマウント台座も売ってるがISの3倍高価い!しかも
203mmでなく微妙に大きい210mm径と云う規格の統一性無しと来た!
取り敢えずフロント台座は190…10mmUPの…S/P変換アダプター
殆ど皆無に等しく売ってても¥4000級Σ(゚∀゚*)偶然中古屋で170mm
S/P変換アダプター(¥500)が在ったので即買いし↑丁度良かった♪

軸が長い!
前の画像は対策後のモノでして…台座にアダプターを付けた所までは
狙い通り*しかしフォークに付け様と仕たら穴の位置がズレて入らねー
穴の位置に合わせるとキャリパーがローターを押し込む程干渉するし!
原因は台座の厚み!IS穴の位置は合ってるが厚みがリアと違い厚い。

削って面一に
仕方ないのでPM穴と合う様に均等にヤスリ掛けして削り平に(汗)
僅か3mmでも違えば嵌らないシビアな作り…てか何で3mmも厚い訳?
#2682はIS190mm仕様でBoxxer仕様でナイ筈!面倒臭いな~

浅くて干渉
今度はすんなり固定ボルトが付けられる様に成った*が!
回らねー!!(`Д´)フリーザ様の冷却羽にパッドが干渉して回らない。
羽無しのローターならイケそうだが…190mm+10mm=200mm?
3mm浅いが…ココまで食い込まないだろ~!調べてみよう!

落差;
付属の6インチと別の6インチローターを重ねてみたら…
どんだけ規格無視?160mmの筈が155mmと一回り小柄はイイとして、
パッドの当り面が5mmも低い!台座の精度が低いのか?コレじゃ~
ローターがキャリパーを擦るしブレーキの当り面も半減して仕舞う。

エクステンション?
で、考えた策がコレ*5mmのアルミ板にM6穴を開けてカット、
台座とアダプターの間に挟んで5mmUPのエクステンダー…?

少し離れた
キャリパーを持ち上げる作戦は上手く行って干渉しなく成った*
パッドも現行に多く使われてる15mm高のモノだから当り面が合う。
※ローター厚は2mm推奨…シマノは1.75mm…グスタフは強靭な
制動力で薄いと歪む云々言うけど、SM-RT99Lどーなん?
3mmならホープのベンチレーテッドディスクが使えるんだけどなぁ~

リアは自作マウント
ちなみにリアもお手製5mmUP*ボルトも20mmに仕ないと届かん。
※リア台座はブレーキと同期の超旧フレームなので珍しいRR台座
ヘイズ(アメ車)だけの独自規格…現在は絶滅(爆)PMに進化…
付属のIS台座が在ったのでコチラは無加工で取り付けられる♪

ピンスライドの軸
コレはグスタフMの特徴でもあるピンスライドの一部、方押し2ピストン
ながら機械式ディスクとの違いがココ*方押しの場合…ピストンに
パッドが押され>ローターに当り>ローターを歪めて>片側のパッドに
押し付けるのが機械式に多い片側ピストンの方式だが、ピンスライドは
ローターに当り>ローターを歪める事無く、ピンをスライドし>片側の
パッドを引き寄せる仕組み*離せば戻る筈が何故か戻らず干渉・・・?

代用
スライドピンに付いてるゴムが劣化して動きが鈍いのかも?
でもコレだけのパーツが有るのか?外径6mm内径4mm太さ1mm
台座ごと交換は堪らん!で、シマノの代用でサイズの合うモノを探し
付け替えたら丁度合うサイズ*で試操…変わんね~引き寄せっ放しで
戻らねー(笑)浅い干渉だから抵抗は低く音鳴りするぐらい(´ヘ`;)
DHは下りの勢い任せだからブレーキ効けば、この辺は適当なのか?
※或る話に由ると:コレはグスタフMの特性で諦めたと言う話も。。。

トランスポートデバイス
何はともあれ、コレで一応使える様に整った(オイル交換は未だ…)
車体の方は全然パーツが揃ってナイから完成までには時間が掛りそう。
其れまでの間は物置で待機してもらおう!レバー引いてピストンが飛び
出さない様にトランスポートデバイスを噛ましてTO BE CONTINUED

スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< ディスクブレーキのフラッシング | ホーム | みなみの桜@青野川 >>


 BLOG TOP