FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

3・2・1・0でタイヤを外す

タイヤレバー
タイヤ交換パンク修理の時に使うタイヤレバーと言う工具。
上のは硬いスチールビード対応の鉄製タイヤレバー…
下のは軽量な樹脂製タイヤレバー@ケブラービード用。
タイヤの素材・状態に由って工具も使い分けが有る、使い方も有る。
金属レバーは頑丈で1本でも脱着が容易しかしタイヤ&リムに傷が付く
樹脂レバーは軽くて携帯に便利・傷も付けない*ケブラービードなら
普通に脱着可能♪唯…スチールビードに使うと折れ曲がる事がある;
@使い分け方じゃナイが、続きはタイヤレバーの使い方色々編*

タイヤレバー3本
先ずは定番!初級編のタイヤレバー3本で外す手!
硬いスチールビードのタイヤはコチラがお勧め。

1本目2本目
1本目を倒して隣の2本目も倒す、
※スチールビードで跳ね返る様ならスポークに引っ掛ける。
3本目繰り返す
3本目を倒すと、真ん中が抜ける>再び挿して倒す>繰り返し。
@一番簡単で硬いスチールビードや新しいタイヤでも外し易い*
注意する点は、チューブを噛まない様にビードに引っ掛ける事。

タイヤレバー2本
お次は中級タイヤレバー2本で外す手!スチールビードでは少々
苦労するが…軽くて折り畳めるケブラービードのタイヤなら十分。

捲って押さえて捲る
1~2とタイヤレバーを倒してタイヤを捲り、1本を抜き取る。
レバーを抜き取った部分が内側に戻らない様にリム上部で押さえ
同じ間隔でレバーを挿しては倒し・押さえ・抜き…を繰り返す。

タイヤレバー1本
コチラは上級編タイヤレバー1本で外す手!
ケブラービードのタイヤなら樹脂製のレバーでも大丈夫だが、
スチールビードの場合は金属製のレバーじゃないと外せない。

捲って押さえる押さえながら捲る
ビードを引っ掛け上げたレバーがリム外側まで引きずり出したら
ソコを押さえる(使い古してクタクタのタイヤなら横にスライド
させるだけで捲れる事も)タイヤレバーを斜めに起しビードが
内側に入り込まない様、押さえながらレバーを少しずつ横に
ずらしてレバーを倒す、少しずつ捲っては押さえるの繰り返し。
※ある程度緩んで来たら横にスライドさせると剥がれる*

タイヤレバー…素手
最後に玄人編タイヤレバー無しで外す手!要するに素手です(爆)
主にチューブレス向けの手法だが、馴染んだケブラービードなら
素手でも外せる♪但し新品のタイヤだとケブラービードでも苦戦;
スチールビードは使い古しても素手で外すのは困難かも。
※難いので、高画質・大画像うp
引き寄せる
まず、タイヤの空気を抜き取る>タイヤを抓んでリムの中央に
ビードを落とす>両手で引っ張りながらタイヤ一周引き寄せる>
タイヤを引き寄せた分、タイヤとリムの間に隙間が出来る*
※コレはDHタイヤ&チューブレスタイヤの時と同じ工程。

抓み出す
内側に落っこちない内に抓み上げて手前に引き寄せリムに乗せる*

押さえ込む
ビードがリムの外側に出たらコッチの物!
ゴムの収縮力で戻らない様、押さえ付けて置きます。

端を引き出す
タイヤレバー1本の時と同様、少しずつ端を捲り(抓み)上げ、
捲った部分が逆戻りしない様に押さえながら捲って行く。

緩んだら剥がす
ある程度緩んだら、手を通してスライド///一気に剥がす*
※素早く遣ると指が切れる場合があるので注意!

@これが元ネタだった…。
傷み過ぎ
乗って居なくても劣化するのね…タイヤって奴あ。
コレでもパンク仕ないからコンチは信頼出来る!

タイヤを新調*
いい過減で、取り替えましたがね(;^_^A
序でにタイヤを剥がした時はリム掃除も仕易いのでリム磨き*
タイヤ交換を終え、コレで来月の長距離・山越えも万全かな♪

スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< 取り敢えず江ノ島まで | ホーム | お花見オフ >>


 BLOG TOP