FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

簡単ワンキーリリース化

クランクボルト
先日購入したレースフェイスのクランク、脱着方法が昔ながらの
スクエア・オクタリンク・ISISの様なコッタレス方式だった。
固定力は変わらず剛性は大径化で増したが、脱着方法は…
上級クラスなら初めからワンキーリリースだが、廉価モデルは
専用工具が無いと外せない仕様なのでプチ改造でワンキー化

1キー・リリース部品
@ワンキーリリースとは1個の工具で外せると言う意味。
ソレを可能にするのがコレ↑要するに蓋なんですが…
コレに当ってネジを行ったり来たりすればクランクを脱着できる。
※XTR他も在る、コッタレスクランクのネジ山は全て共通。

@その気に為ればママチャリもワンキー化可能(笑)
ただしフィキシングボルトのヘッドが六角の凸だとダメ!
六角穴の凹みでないとレンチを挿入出来ないので。

こんな工具が要らなくなる
通常は専用工具を使う「フィキシングボルトを抜き・コッタレス
抜き工具を嵌め・レンチで回し外す」面倒な行程を経て外すモノ。
ソレが6角レンチ(8mm)だけで外せる様に為る画期的な方法*
ネジ山のピッチはコレに合う様に出来てる為、失敗は無いでしょう

キャップを替えるだけ
ワンキーリリースだとクランクごと抜けて終うが、只のボルトなら
8mmレンチでボルトだけ抜けてしまう…このボルトには鍔が有る
この部分がクランクとBBの溝に噛み合う様に押し寄せる役割を
もっている*逆回に仕た時に鍔を押さえればクランクも抜ける仕組
にも成る!抜いたボルトには樹脂製のキャップが付いてるので
コレを取るとワンキーリリースのフィキシングボルトと同形になる

カニ目レンチで締める
樹脂キャップを外したフィキシングボルトをクランクに戻して
ネジ山部分にワンキーリリースのキャップを代わりに装着!
工具はチェーンリングボルト裏側の回り止め工具TL-FC20
の大きい面にあるカニ目レンチで回して締め込むだけ。

できあがり!
ハイ簡単ですね~これでワンキーリリース化の完了*
ボルトを抜く動作で嵌めたキャップに当ってクランクが引き
抜かれる=専用工具が不要で容易にクランクが外せる。
見た目は…KCNCの方がカラーが良かったかな~?
プチ改造でメンテ効率も良くなるから◎因みに¥862也。
※ボルトの錆が醜いなー!チタンボルトに替えようかな*

スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< 初鰹オフin焼津(中止) | ホーム | ガレ地2本立てで撃沈 >>


 BLOG TOP