FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

Di2バッテリーをドコに付ける?

電池
先日ハブを買って仮付けした際、電池が気に為った…
主にロード向けに開発されたモノだけに、MTBでDi2を使う
発想はシマノにも無かったのかポン付け出来る感じか仕ない
雪猫のシートピラーは27.0で内蔵は不可能、外付けだが
ボトルケージを付ける穴さえ無い純競技車両なので、電池を
取り付ける場所探しに難儀して、或る結論に辿り着いた♪

取り付け場所の候補と仕ては幾つか有ったが…何れも却下。

ダウンチューブ・スローピングで穴開け仕難い角度…
ダウンチューブBB付近・石&泥撥ねで壊れそう…
シートチューブ・ボルトが当りシートピラーが下げられない…
トップチューブ下・担げなく為る&吊るす台に乗せられない…
チェーンステー左下・岩等に、ぶつかって壊れそう…
※フレームの穴開け加工は失敗が許されない。
@フリーサイズのボトルケージ取り付けバンド・
パイプ径の太いアメ車で長さが足りない&ダサ!
@サドルの下・輪行時に当る&後方荷重時に当りそう(汗)

デッドスペース
MTBにDi2のバッテリーを取り付けると仕たら、ココか?
と、閃いた*Vブレーキ台座!意外な所にデッドスペース…
ボルトで固定も出来るし、付けても邪魔に為る場所でもない。

肥やし加工
アルミ板を裁断して穴開けタップ掛けの加工は面倒!
で、こんなモノが目に着いた*机の肥やしと為ってた
ボトルケージの外付け台座…コレでバッテリーマウントが
付けられる♪V穴は10mmなんで、リーマーで穴を拡張!

サイズが合わねー!コレは無いな
さてバッテリーマウントを付け様…と仕たら、付かね~
何だコレ?穴の位置が全然違う!!ショートタイプは不要な
ボトルケージ穴に直に取り付けるモノじゃ無いのかよ!
完全にDi2対応フレーム専用のモノなんだな!しかも、
ボルトもM5でなくM4ネジを使うから互換性も無いと来た。
※仕方なく別の方法で弄ってみたが…手法を変えよう。

自作の台座
色々考えた結果、Vブレーキ台座を利用する所は変わらない、
DIY店に行って使えそうな部品を見渡し…アルミ板での加工は
後回しに仕て、こ~云った手法で自作の台座を作ってみた。

裏は…
M10&M4穴のL字金具に、フリー穴の留め板で挟んだだけ。
費用も安く無加工♪代償として突起したナットがカッコ悪い(爆)
※まぁ~理想形だから、不便ならアルミ板を加工して作ろう。

まずまずの出来*
装着してみると↑な感じに*横向きになるが、幅は少ないので
踵が当る事も無いし、縦付けより電池の脱着も仕易そうだ。
試走では脱落やネジの緩みも無くアシへの干渉も起きなかった
ナットの突起が泥を絡めたり輪行時タイヤに引っ掛からないか?
まだ課題はあるが、取り敢えず…まずまずの出来栄えだし
古いMTBフレームでもDi2化が実現出来そうで安心した。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< JETHRO TULE | ホーム | 富士山フード・バトル >>


 BLOG TOP