FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

バッテリーマウントのバッテリーマウント

アルミ板
以前、L字金具とフリー穴の留め板でDi2バッテリーマウントを
搭載する台座を作ったのだが、どーも見た目が気に入らない!
と為ればコレで造形するしかない('A` )構想は頭にあるので、
あとは作るだけ、しかし加工し易いアルミでも結構大変だった。

図形
電池の重さ・車輪の間隔を考えると…この辺が良いかも?
寸法を計って図形を直接描く、までは楽しい♪ココからが…

カット(汗)
ギーコー・ギーコー・ギーコー・ギーコー・ギーコー・ギーコー…
切れね~この半ノコ!大汗掻いて、ようやく切断;まだだ。

ヤスリ掛け
バリを取って角を滑らかにヤスリ掛け*これでソレらしく成ってきた。
後半分をカット仕たのは電池のソケット部分が広い=当るから…
L字金具は剛性高めだが相手はアルミなので、土台の固定部分を
四角に仕ないで、面積増&捩れに強く為る様に三角形に仕た。
※切るのが大変で1mmでも薄く・短くした為の補強型でもある(汗)

穴開け
消えて仕舞った穴の位置を再び書き記し穴開け作業に。
電気ドリルで穴開け!アルミだから簡単に開けられる*
台座穴@10mmの刃が無いのでリーマーで拡張する事に
今度は台座にネジ山を切れるからナットが要らなくなる。

1号と2号
で、取り敢えず完成!台座1号と2号を並べてみた。
自作の方がスッキリ纏まった一体形成で無駄が無い!
何より鉄を連ねて作った1号より圧倒的に軽い(アルミ)

試行錯誤
そんな苦労して作った台座が3個…?ハイ2号3号は失敗作
2号は小さ過ぎ…3号は20mm幅から25mm幅に変更したが
マウント穴の位置を水平に仕たら、ボルトの頭部分の高さを
見落としてて、電池がスライド出来ない状態(爆)4号で完成

新しい台座
穴を絶妙な角度で開ける事に由り、ボルトの頭に触れず
電池をスライド出来る様に♪コレが一番神経を削った(屍)
本体は雪猫カラーに合わせて、白く塗る事に(サビ止め)
寸法通りに取り付けられ*隠れる部分だが、ふつくしい。

キレイに纏まった
電池の脱着も難無く出来て、重みに由るブレも無い!
幅はVブレーキ幅ギリギリに合わせてあるから後輪の
脱着時の干渉も心配無い(以前はナットが突起してた)
側面はアルミ壁で守られ汚れや投石から保護(上は無防)
結構面倒だったが、一番の理想形で使えるので満足*

スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< 食事抜きで富士山へ | ホーム | トレイルの筈が、かき氷ポタ >>


 BLOG TOP