FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

レストア依頼

復活
しまだファミリーの一人、Fさんからの依頼で、事故以来お蔵入り
になった自転車を復活させて欲しいとシルキーさん経由で連絡があり
当医院に搬送されて来ました。
初回  点検 分解 検査
先日の大野山に行く前にFさん宅にて車体を検査、事故の度合いは
不明だが見た限り再起不能になる様なダメージは見受けられず、
取り敢えず解体して判断する事に。
患者さん
今回の患者さんはGIANT CADEX ALR-2と言うフル・アルミフレーム
年式不明…パーツから7年以上前のモデルらしい…旧型フレーム
でも現行BB30やインテグラル・ヘッドでなきゃ互換性はある。

原形は留めてる
取り敢えず部品は全て取り外して診る。
事故車パーツだけにチェーンリングが曲がってたり、変速が鈍い…
駆動系は年式も逝ってるし板金は困難…で、
今回も戸塚のさくまさんからパーツを提供(※コレも事故車パーツ…)

オールドパーツ
年代物
シマノRX100かなり年季の入ったパーツ、10速と互換性が無いし
オーナーも使う機会が無いからと 惜しいけど処分。
5600系の105を移植します。

チューブラーホイール
こちらは、後輪のみ残ってた車輪(前輪は大破?)

7速
歯車を外さなかったが10速カセットを付けられても、
前後違うホイールはイマイチ格好悪いからコレも処分して
新しいホイールを手組で作る事に。

2段階 オーバーホール 修理
スケルトン
吾が輩のやりかたは、分解して磨く事から始まる。
汚れを落としキズや割れ目、消耗度合いを探しやすくするために
フレームだけじゃ無くパーツも同様に磨き上げる。
一見綺麗に見えても所々で汚れが詰まってる…どうせバラす
なら一掃磨き上げた方が見栄えも良し組み立て易い。

BBが…
分解時BBが酷くカジリ付いて自慢の馬鹿力でもビクともしない
手に負えなくショップに頼み2m鉄パイプの梃子を使い3人掛かりで
ようやく外したがネジ山が潰れてしまった…トルクの掛からない左だが
念の為タップ掛けでネジ山のズレを削る。画像ではネジ山が残ってる
ように見えるが手前半分はネジが乗らないはど潰れてる。

対処法
ネジ山の幅が広いホロータイプのBB、ネジ山が潰れたから
グリスは塗れず代りに滑り止めを使い密着させる。

STIネームプレート
ネームプレートと呼ばれるSTIの顔、傷ついて割れてます、
きっと大弛峠の転落時に出来た物でしょう。
このままには出来ません、交換しないと中身が壊れますから…
現にSTIの修理中 中から多量の砂が(爆)

ブラケットフード
ブラケットのカバーも参ってるし取り換えた方が握り心地が良くなる。
側面のキズはブラケットボディーごとの交換になるから
ヤスリで削って平に整えるだけに止めた。

交換後
ネームプレートとブラケットカバーを取り換えただけで甦った♪

シンメトリー
吾が輩は決して几帳面な方では無いが左右対象には徹底的にこだわる。
STIは高さ・角度・向き、一つでもズレがあればバーテープを捲って
でもミリ単位で合わせる(匠)バーテープも同じである。

3段階 精密検査 仮組み
ブレーキ・オーバーホール
2段目でフレーム・ディレイラー・クランク・STIとオーバーホール
したけどブレーキは一番妥協出来ないパーツ、一日掛かりでも慎重に
点検して正確に組み上げて行く。

ブレーキ・シュー
先日も紹介したブレーキシュー、コレは制動にとって絶対的な部品!
多少残っていても容赦なく交換。

ブレーキケーブル
ブレーキケーブルの断面処理は結構重要です。
ケーブルカッターで切っただけを嵌めても平じゃ無いし引きも重い。

処理後
ただヤスリで削るだけ、勿論両端とも。
※シフトケーブルは ほつれる から不要。

CN-5701
パーツのオーバホールが終わったらフレームにパーツを取り付け、
仮組状態に仕上げチェーンも長さに合わせてカット。
NEW105コンポはチェーンも穴あきで軽量!?

4段階  ホイール組み立て
opne sport
ホイールに入ります組み方は「こちら」を参考に。
オーナーは安いやつ、でもブランド物がいいと言ったので、
マビックのオープン・スポーツをチョイス!
以前はチューブラーだったけどクリンチャーの方が使い勝手が良い。

バリ
XM317を組んだ時もそうだったケド、結構バリが多くてね~
SSCグレード知らないヨ?、コレ!取らないと後で鳴る原因。

カス
バリ取りナイフで、ほじくり出したら…こんなに沢山(汗)

組み立て開始
スポークは一本単位で買えるPAXCYCLEで購入。
リムは早めに届いたケド、スポークは振り込み口座を間違い、
ショップ側も重量規制で送り返された…互い何やってんだか(爆)
※スポークは強度に定評があるサピムのスポーク。

5700ハブ
ハブは5700新しい物好きなので。

スポーク通して…
組み立て開始!JIS組みだから比較的早く出来る♪

短っ!!
あはは、、、やっちまった;スポーク長計算しっかりしたケド2mm足りない
※リアのみでフロントはバッチリ☆でした。

ロング・ニップルに
奥の手があります、ロングニップルを使って誤魔化しましょう(爆)

一服
ふぅ~地道な作業でも集中!何故か酒呑みながらが一番集中出来る。

1300N/mm²
1300N/mm² …ちょっと張りすぎたかな?まぁリアのフリー側なら
このぐらい、あっても良いかな?

JIS組
オーナーの希望でJIS組みです。
旧リアもJISだったけどJIS派?

5段階  微調整 仕上げ
もう仕上げです、ケーブル繋いで、変速機とブレーキの調整、
バーテープやサドル角なんやかんや。\(゚Д゚;三゚Д゚)/
復活
で、復活いたしました!!我ながら上出来!新車みたい。
宣言どうりに仕上がってよかった~(いい汗)

CTギア
スタンダードからコンパクトギアに変更、大野山で一番参ってましたから、
これでリベンジ出来そう!その前にターンパイクか…

CT10速
カセットも10速化ギアレシオがワイドに。

脱線防止
吾が輩の仕様に脱線なんて起こらないケド念には念を…。

ダストシール
雨でシフトケーブル内に水が入り錆びるのを防ぐキャップ。
我のオリジナル仕様。。

インジケーター
10段あるとギアがどの位置か分らなくなるから、インジケーターで一目。

ロゴあわせ
手組みで一番こだわる所がリムとハブのロゴを延長線上に合わせる事。

サドル
ボロいです、お下がりだから…元々のは もっとボロいから、
その内 新しいのを買ってもらいましょう。

メーター
メーターもコンポ類に入ってたので付けました。

タイヤ
タイヤはブリヂストンタイヤ、なかなか良いタイヤだったので。
※コンチがお勧めだけど予算の都合で…M社はこちらが拒否した(爆)

10kg
気になる車重は10キロ…;まぁあの鉄車よりマシかも(汗)

6段階  納車
そして納車、状態を確かめながら境川まで走る。
乗ってみないと分らんね、ハンドルが右寄りだったり、チェーンが
干渉してたり…その場で微調整しながら走り待ち合わせ場所に向かう
境川でFさんに会い乗ってもらい最後の仕上げ。
オーナーの所へ
途中FDのケーブルが伸び再調整で何とか直す。
満足のいく仕上がりになった所でようやく引き渡し。

これを待ってました♪
そしてご褒美の地酒♪これだから裏稼業はやめられない(爆)
Fさんの地元、奄美大島特産の黒糖焼酎!音響熟成で作られた「れんと」
25°で呑みやすく爽やかで美味いっ!たまニャー焼酎もイイね。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< ウサギの命日 | ホーム | ボトルに こだわる。 >>


コメント

お疲れ様でした

いい感じに仕上がったみたいですね

お目に掛かるのが楽しみだな

息があったので

シルキーさん こんばんは。
おかげさまで蘇生してあげられました。
見た目は大きく変わってませんが、
細かな所に手を加えてあげました。

追伸:山仕様です!足柄・矢倉沢・箱根etc…
どれでも引き連れて行けますよ♪

脱帽

返事遅れました。完璧な作業ですね。あれだけの作業で部品代のみで感激です。本日乗った感想はケツが後半痛くなりました。ギヤはインナーのローにはまだいれていませんがカリカリ音はしませんでした。サイコンも自分にはめずらしくて20キロを切らないように努力しました。やはり1人だとヘタリになってだめですね。しまださん、部品提供ありがとうございます。シルキーさん、仲介ありがとうございました。れんとの味はいかがですか?


無免技師

fさん こんばんは。
作業自体は時間を掛ければ納得がいくまでイジれます。
仕様が少し変わったので、慣れるまでスピードは押さえ目にね、ギアのアウター・トップ&インナー・ローはOKです。前後デカいギア同士・小さいギア同士(捩れる)がダメなのです。。
サドルは相性がありますからねぇ…アレは割れ目でしなるタイプでパットは薄目ですから、どうしても慣れない場合は元に戻して下さい。
山形から帰ったら箱根行きましょう♪湯河原でカレー食べて椿ラインに戻る(爆)コース。
※パーツ提供は戸塚のさくまさんです;
※²お酒うま過ぎです!あの日だけで半分呑みました。

さくまさん

すいません。まちがいました。さくまさん、提供ありがとうございました。

偶然ですが、

偶然ですが、トンボの絵柄の湯のみ(ご飯茶碗も)、全く同じ物をオヤジも愛用しております。
知人から頂いたのですが、で、その湯のみで、「れんと」もご馳走になります。(夏季限定ですが)(笑)

蜻蛉 :||━…

オヤジさん こんばんは。
ホントに偶然ですね、家にも前から同じトンボの湯のみが有りまして
コレ載せたらパクリになるなー、何て油断して載せちゃったら、
以前にも同じコメントを頂きました(汗)

※「れんと」は上記のオーナーからの頂き物で、普段 焼酎は癖が強いので、
あまり飲みませんが「れんと」に限っては爽やかな口あたりが気に入ってしまい…
奇しくも近所のスーパーで売ってるので買って呑んでます♪
同じく橘吉の湯のみで(ストレート)即日空きビンですが(爆)

はじめまして&教えてください!

どうもはじめまして。
箱根や裾野あたりを登っている者です。

当方もちょうど、GIANTのCADEXに5700系の105を搭載しようとしています。

1点教えていただきたいのですが、スレイプニルさんがノーマルダブルからコンパクトに載せ替えたさい、直付けFDの台座は何か加工されましたでしょうか?

フレームが古すぎて、何しらべてもいまいちよくわからず、ググっていたらこのサイトにたどり着きました。

無加工でOKだったら、コンパクトもありかなぁと思いまして。

以上、わかる範囲でご教授くださいませ。

たしか無加工でした。

gtnonkiさん はじめまして。

CADEXの直付け台座の加工はしませんでした。
ただ、この時代の物はスタンダードに合わせた高さで作られてまして
CTに合わせるとFDの固定は一番下に当るぐらいまで下げました。
直付け台座がボルトで外れたから、ソレでも下げてたかも?

※因みに直付けの台座を外してバンド型のFDを付け様としても
パイプ径は31.8mmで合いますが、バンドを付ける部分にはFDの台座があった
凹みとナットの出っ張りがあって付けられ無かったと思います。

どうもありがとうございます!

バンドが厳しいとのコメントがありがたかったです。
とりあえず、直付け&コンパクトでやってみることにしました。
どうもありがとうございました~

どういたしまして。

gtnonkiさん こんばんは。
参考になれて嬉しいです♪CTクランクが普通に付けられましたから、
きっと上手くコンパクト化が実現出来ると思います。
※困った事がありましたら、答えられる範囲は協力致しますので、またどーぞ。

年季の入ったフレームでも現役を続けられるって素晴らしいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP