FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

低フリクションを高フリクションに

ローに入らない
自転車の世界では、如何にストレス無く乗れるかが楽しく
乗る秘訣*フリクション(摩擦)は低い方がスムーズに動く。
しかし動いて良い所と、困る所が存在する…先日チタンの
シフトケーブルに取り替えた塊。表面はナノ・ダイヤコートが
施され滑らかな動きをしてシフト操作も軽いタッチで変速する
@動くと困る部分は固定する所…ケーブル表面が滑らか過ぎ
ワイヤーを引くと、滑って仕舞う(爆)正確な変速が出来ない!

剥離
最近はシマノでもポリマーコートなるケーブルが売られてる。
特殊処理の表面は非常に滑らかで、油の潤滑より長期間
持続する*しかし固定部分を挟むだけでは滑り抜けて仕舞う
@このケーブルはダイヤの膜で覆われて、非常に滑らかだが
引くと滑って緩んで終う…コレでは困るので、対策と仕ては
剥離すれば良い、紙ヤスリで削り取るのが一番手取り早い。

固定力うp
固定する部分だけ膜を剥がせば只の地金、普通のステン
ケーブルと同じ表面に戻る(コレはチタンだが)滑らかに動く
処理を剥がしたので、滑り難く固定力が増して抜けない♪
そしてシフトの滑らかさも変らない*コレでローギアが使える
オーバートルクでケーブルを潰さずに済む!この一手間で。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< スタンドのエンドキャップ | ホーム | 梅雨メンテのパート2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP