FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

尾瀬Wクライム

尾瀬Wクライム
Oze…誰もが聞いた事のある、国立公園の名称。
大自然の宝庫!一度は行ってみたい所だが、場所は
とてつもない山奥で更に上の方※沼田から約50km。
ソレでも山歩きを始めた経験値から、行きたい欲が(汗)
入念な計画作りを仕てアシは勿論!自然環境に優しい
自転車で登山口まで移動>尾瀬ハイクと云う無茶旅*

計画では、19:50発のバスに乗り、20:10戸塚駅に到着
往復代¥8000charge仕て20:20発のUTL(上野東京線)
22:50に高崎に着いて、23:03の上越線(終電)で渋川に
終電の輪行
乗り逃すと、後が無いのが終電輪行のスリリングな所(汗)
取り敢えず順調に進むが、高崎の手前で踏切トラブル!
何とか発車したが13分遅れ…次の乗り換え13分しか無い
つまり0分!飛ばして1分ほど縮めたが、車掌曰く「僅か」と
煽る;だが待って居てくれた*終電だから無いとヤバい。

渋川からスタート
予定の10分遅れで上越線が発車、23:32渋川駅に到着。
銀猫を組み立てて、装備品をセッティング!夜行は久々*
準備が整い23:48出発!尾瀬までは約70km取り敢えず
CPの沼田まで18Km…途中下車は時間調整の為。
※終電・沼田着だと0時発となる=鳩待まで50kmだと
Ave10km…ソコまで遅くないべ#で渋川を降りたが・・・。

真っ暗役立ってる様子
ナイトランは日中の暑さを回避しながら、交通量の少ない
所を走れるのが魅力…だが暑い!国道だから交通量も
多い!街路灯も無い[THE 田舎]景色も暗闇(爆)綾戸簗
辺りも暗くて見えない!ただ光ネタは目立ったと思う↑
あと星空も凄く綺麗に観れた*コンデジじゃ撮れないが。

椎坂隧道
1:15沼田に到着、一応時間通り…次のCPは尾瀬大橋に
3:20到着予定@29Km、しかしココから永遠と登り基調;
最大の難関である椎坂峠の下に、椎坂隧道なる新道が♪
時間と体力を温存できて、この道には随分救われた*

早朝喰オゼ入口
気持とは裏腹に、アシは思い通りに動かず;吹割の滝
辺りの登りで遂に押し…ペースは上がらず、休憩場の
コンビニに立ち寄り補給を済ませ、尾瀬大橋は4時着
予定の40分遅れ、戸倉まで時間を短縮できるのか?

壊れた!
戸倉も登り基調だが、傾斜は緩い方だからペースを上げる
アップ・ダウンの下りで、バキーン!と音が鳴り急停車!
見るとブレーキキャリパーが外れてる;どうしてこうなった?
よりによってフロントだしー!外して走る訳にもいかない。
時間が無い時に限って&尾瀬を目前にココでDNFかよ(涙)

直した!
夜明けだが、闇技師の腕の魅せ処だ!緊急処置で直す!
油圧系統に異常は無い、ネジ山も生きてる、だがボルト1本
紛失…替えのボルトなんて想定してない!が策はある*
BDにはネジ穴が沢山あるから、不要な箇所から拾って
付け替えた(笑)ローターも曲げ戻し、これで乗れる様に。
一時はどー為るかと思った;整備技能で臨機応変助かった

戸倉の集落
戸倉の集落4:10到着予定が、遅れと修理で4:43でも
頑張った方!次はゲートのある津奈木まで同じく8km
開門の5時には間に合わないが、遅れても何とか仕様。

峠へ
なんとなく景色や勾配なんか裏ヤビツっぽい雰囲気。
大した傾斜でもナイのに足取りが重い、尾瀬を甘く見てた
こんなにキツイなら、沼田からスタートすれば良かったと。

分岐点
5:27津奈木ゲートに到着、マイカー規制中で門番が
監視中!単車もダメだが、自転車はOK*との事♪
鳩待峠まで残り4kmアシは既に終わってます(爆)
峠道に激坂こそ無いが、蓄積疲労とデブ猫の重量で
両膝が攣り、1km毎の休憩や押し歩きで進む>

着いた;@1591m
5:57鳩待峠のピークに辿り着いた!※予定の40分遅れ…
銀猫を山荘の裏に置かせてもらい、登山の準備に掛る。
※給水ポイントが無いから、重いけど飲み物は2本。

取り敢えず押さえ処
取り敢えず、尾瀬に来たら看板を押えて置こう!

王道ではなく…
鳩待峠からの登山口は3つ、左側@至仏山ルート、
中央(画像の所)尾瀬ヶ原ルート、富士見峠ルート。

ココから。
吾が輩が行くのは右側にある@富士見峠ルート…
ってドコ?売店と山荘の路地裏に、隠れる様な
感じで登山口が有りました(笑)そんなにマイナー(汗)
@計画では反時計回りに進んで、1週するコース。
05:25>鳩待峠~3.3Km(1:50)
07:10>横田代~3.0Km(0:50)
08:00>富士見峠~4.2Km(2:00)
10:00>竜宮~2.2Km(0:45)
10:35>牛首~2.2Km(0:45)
11:30>山ノ鼻~3.3Km(1:30)
13:00>鳩待峠(到着)
※全長18.2Km 所要時間7:40

トレッキング?
6:20登山開始!階段を上がって早々にトレッキング系!
尾瀬って木道のイメージだが、いきなり険しい石積み越え
足場も泥濘んで滑り易い、登山靴じゃないと危ない感じ。

木道
暫らく進めば木道が見えて来た、ようやく尾瀬らしい雰囲気
つむりん
足下に蝸牛が居た!アブネー踏む所だった。
森
序盤は森の中、展望はありません。ただただ登り続ける。
右側通行
シングルからダブルに、尾瀬は右側通行です。
こんな景色も
周りを見渡すと、様々な木々や花なども見れる。
登り
スタートが1時間出遅れたから、早めのペースで歩く。
横田代
7:07急に展望が開けると@横田代に着いた。
当初予定が7:10着だから、1時間の遅れを
一気に解消した、相当速足で歩いたらしい…
平均2kmだから、倍か!別脚使えば倍だけど。

ワタスゲ綿凄げー!
ワタスゲが咲いて居た*綿凄げー!
面倒だから、適当にテキスト省略します。
湿地

ノゾリキスゲ
尾瀬にキター!って感じがする。
周囲は

まだまだ登る;
高原の雰囲気*開放的で気持ち良い(∀`*)・:*・゚`
振り返ると
振り返って見ても、魅力的*

食虫植物的な

朝露

誰も居ない
時間のせいか?場所柄か?誰も居ない道を登って行く。
アヤメ平
山頂に着いたら@アヤメ平の様だ*凄い!絶景だ。
絶景!
写真撮りまくって、進みません。
浮遊大陸
地上じゃナイみたい=天上の楽園>浮遊大陸>グンマー。
次へ
7:36@アヤメ平1969m その景色に感動(ノ∀`*)
来てみて良かった*一番印象に残る場所でした。

怖っ!
富士見峠へのアプローチは…崖縁
眺めは最高*
渋峠みたいな雰囲気で眺めは最高*

還ろーと仕てる
基本木道を歩きます、踏み荒らさない為に。
ココの場合…草が茂って自然に還ろうと仕てるが;
※ヤビツの看板もそうだが、草木が生えてる土の部分は
自然の一部!踏み荒らしちゃダメ自然を大事にしましょう。

分岐点
@7:45分岐、ココから尾瀬ヶ原に向います。
下りです♪
ずーっと登りっ放しだったので嬉しい下り♪
また森
ただ…森の中で眺望はありません。
石段!
で、まさかの石段!(゚Д゚||)足場が悪く歩き難い。
木道は安心する

周囲に目を配る
眺望は無いが、樹海と異なる感じの森
周囲の木を見たり、鳥の囀りを聴いたり*
シラカバ
黙々と前だけ見て歩くと、しんどいが…
周囲に目を配れば、この雰囲気。
コケ

中間地点8:16
@中間地点…まだ半分;山歩きの4kmは堪える。
石段は進まない
登りより下りの方が慎重になる石段…
場所に由っては、沼ア並みの難所も幾つか。
巨◦

山道
沢が見えてもガレ場は続く、杖を持って来れば良かった。
次第に石から木の根、土に変わり、登山道な轍に変化*
トレイル

Ψ
山は下り切ったか?Ψな木のある平坦な道を進んで
行く…ココまで2~3回滑った(爆)出口はまだかー
抜けたか?
森から林>何か平原が見える、ようやく抜けたかな?
涼しげ*

尾瀬ヶ原
“尾瀬ヶ原”キター!(;´ρ`)@8:55…疲れた。
広い!
夏山新緑のシーズンって所かな。
折り返し地点

十字路
一応CP@竜宮十字路9:00着”
1時間遅れだったのに、1時間早く到着した(!)
弁当
丁度休憩スペースの囲いが在ったので、ココで早めの昼食
オニギリを持って来たが…暑さで○ってた;ネギ味噌なんか
納豆化してたし('д`;)でも喰ったけどね、ハラは何とも無い。
こ~云う大自然の中で喰うメシは最高!空気も美味い。

歩き再開
ヤマ場は越えたが、ココは折り返し地点!残り半分。
でも尾瀬ヶ原には登りが全く無い平地だからラクに進める♪
落ちると濡れる
湿原だから木道から落ちると濡れる。
尾瀬ヶ原2

尾瀬ヶ原3

尾瀬ヶ原4
天気が抜群に良く、高原散歩には絶好の行楽日和*
尾瀬沼薊
アザミが咲いてた@尾瀬沼薊と言う固有種。
アヤメ
アヤメか菖蒲か?近くの池には魚の姿も見れた。

湿地帯
こー云った風景を見ると日本じゃないみたい。
グンマーネタも尾瀬の風景が大半だとか?
※似てるだけで、実際は違うけど(笑)

尾瀬ヶ原5
ちなみに:正面の山(もっと奥)を縦断してきた。
尾瀬ヶ原6

尾瀬ヶ原7
開花のピークが短いノゾリキスゲ、部分的に咲いてたが
先週辺りが見頃だったらしい※敢えてシーズン外した(混)
キスゲ

尾瀬ヶ原8
正面に見える山は@至仏山、アレも登山ルートらしい(汗)
尾瀬ヶ原9

尾瀬ヶ原10

足下注意
これだけ往来が激しければ、木も堪えますね。
@この木道は尾瀬戸倉山林の木材で作られてる様子?
東電の焼印もあった、大昔そんなCMを見た記憶が・・・。

尾瀬ヶ原11
@9:35 牛首辺りからハイカーがゾロゾロ…

風が心地良い
意外と暑いが、湿地の割に空気はカラッと爽やか*
時折吹く風が心地良い。
尾瀬ヶ原12
どーよ、この景色*誘ったのに来なかった者は愚と知れ(笑)
尾瀬ヶ原13

尾瀬ヶ原14
疲労と眠気が襲う;落ちたら目立つ(爆)ぐらい人数が増えた
人が写らない様に撮ってるだけで、王道は流石に多い!
尾瀬ヶ原15
く…首が日焼けて熱い;
山ノ鼻
@10:00 山ノ鼻に到着、予定より1:30早く着いたから
植物研究見本園も観て周りたかったが、凄い人集り!
帰りのアシも心配だから、割愛…帰路に向います。

帰路へ
帰り道は峠まで登り、展望は沢と森林浴のみ。
山ノ鼻の温度計は24℃を指して居た*涼しい
最後も森

暫らく木道
富士見峠側と違って、ココは随分と整備が行き届いて
歩き易い!杖要らない、処か普段着姿でも来れそう。

登りの石段
コレがキツかった(>_<"後半の石階段!富士見峠の石段
より整備されて歩き易いが、疲労困憊に拍車!&永い!
この登りを40分階段と呼ぼう!@覚悟ある者が通れる路。

戻ってきた;
やっと帰ってきた*鳩待峠に到着!13時予定が11時…
結局8時間コースを6時間で周回した事?まぁ早足で進み
歩幅も大きくストロークも速い…急いだ訳でも無いのだが
別脚は山歩きでも発揮したらしい、遅れるより良い*

木陰は涼しい
沼田に向けてUターン!帰りは下り基調だからラク♪
来る時は攣りかけてたが、歩いてる内に治ったみたい?
ブナの原生林(木陰)の中を颯爽と走れるのは極上♪
ちなみにコレが木道の原料?尾瀬戸倉山林@FSC

板金!
下りは良いが…今朝壊れたブレーキ、ローターが歪んで
ブレーキ掛けると、脈打つ様にレバーが押し返えされる…
@曲がった部分がピストンを押し返してると思われる。
余りに不快&不安で、干渉する部分を押し曲げてやった
素手では真平らに戻せないが、一応…良くなった*

下界は暑い
往きと距離は同じ、条件の違いは下り坂メインなのと昼
の暑さ;鳩待峠~戸倉迄は涼しかったが、次第に熱気!
下り基調と言っても8割、2割の登り反しも存在するのだ
疲労に加えて暑さ…用心に備えて塩あめを舐める事に。

♪道
夜間は気付かなかったが、ココにも♪道が在るのか~
夏が来れば思い出す~遥かな尾瀬♪脳内BGMは
常にコレでした@夏の思い出…或る意味=
夏が来ると思い出す>夏の武勇伝ですな(爆)

尾瀬大橋
尾瀬大橋を渡って、片品村の集落へ…玉蜀黍街道らしいが
露店が見当たらない?どうやら反対の丸沼方面だった様子

通行止め橋の上から
予定(2:30)より大幅早い12:40だから、吹割の滝へ
涼みに*寄ってみたのだが…通路が通行止め。
橋には行ける、橋から見ても…吹割?なんだかな~

向こうにも行けるらしい
この道からは行けないが、別ルートから観に行ける様子。
時間は有るが、膝が笑っちゃうぐらいガクガク{{(゚Д゚;)}}ブルブル
結構な落差だし、足場も悪いから~;※登山靴だけど。

下るだけ♪
吹割の滝からの登り反しはキツかった~日差しが暑い;
で、軽く下って登り反し(汗)例の隧道まで、工事中で峠は
封鎖!勿論行かない”隧道内は涼しい*長い下りで快適
しかし…出口に近付くに連れ、徐々に温度が上って来て
外は灼熱風!むおおおぉぉー"(;゚Д゚#)ヾ熱 汗 熱 汗 燃焼

待合室
15:10沼田駅に到着!銀猫を畳んで、待合室で待機。
渋川ほど冷房効いてないが、外より数倍居心地良い*
汽車が来るまで約1時間…帰りも意外と時間掛った、
早めに揚がれて正解だった@時間制限は、あの汽車。

この汽車
出発の10分前に到着(始発なのに短っ!)荷物を放り込み
鳥撮り、今回は4号車…1・2・3号車は貸し切りだった。
毎度の事ながら、スケジュールは帰りの汽車合わせ…

水分補給
例によって欠かさない反省会…と言うか素で呑みたい。
前日は晩酌を我慢したし、動き回ってクタクタ、帰路の猛暑;
旨く呑める準備は整った(笑)2時間半分仕入れ、愉しもう!
※凍らせたスポドリは[保冷材]です(爆)溶けたら飲む。

利根川…?
吾妻線も上越線も、鈍行では乗りたくナイ区域なので
山鳥の様な異色の列車で移動出来るのは至福の極み*
でも結構揺れる;車窓は利根川?前回通った付近の橋。

次の目標
今日は珍しく快晴!奇数年だからか?良い感じ*
今回も赤城山の全貌が見える、入道雲が気になるが;
今度の目標は↑百名山@黒檜山+満覚淵ですよ!
今年は群馬が熱い!いや、気候じゃ無く気持ちが。。。

呑み切って
昼頃に引き揚げるのは早い気もしたが、自転車だと
沼田まで3時間~は掛かるし、4時の便に乗れば
8時頃に帰宅出来る*何より沼田>上野まで山鳥に
乗れるのも魅力@やはり全部呑み切って仕舞った。

地酒*
単三飲料が無くなれば、日本酒に切り替え*
尾瀬>水芭蕉>永井酒造※蔵元は川場村ですが…
酒屋で色々物色した中で、純米生原酒を選んでみた。
酵母が生きてるのか?ピリッとした刺激が実にイイ!
吟醸じゃ無いけど、芳醇な香りとキレ・コクすっかり陶酔
16:25沼田を出発し、18:46に上野に到着!18:51
乗り換えて19:35戸塚に到着、バスに乗り8時に帰宅
※実に24時間の日帰り尾瀬旅行でした…疲れた。

スポンサーサイト

テーマ : 山登り - ジャンル : 趣味・実用

<< モモは硬い派 | ホーム | 杖を装着 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

スレイプニルさん、おはようございます。

絶景ですね、しかも朝露の中
気持ちよさそう。
しかしあんなトラブルで続行できるなんて
凄いです。

終電輪行か~もうやらんと思ってたけど
検討して見たくなりました。

懐かしい

尾瀬には、ある時期毎年通っていたような。
最後に行ったのは、1984年10月だった。
また、行きたい。


有名なのが頷ける

三島の苔丸さん こんばんは。

初の尾瀬は期待通りの絶景でした!メカトラもネタでは◎
出発時間とコースがマニアックだったので、人酔いも無く
良い具合に周れました*終電輪行は疲れますけど…
涼しい夜間に移動して、暑い日中は高原♪究極の道楽(爆)


ハナカミさん こんばんはございます。

尾瀬の素晴らしさに触れると、毎年通いたく成りますね~
吾が輩の様な日帰り弾丸ツアーだとWで堪えますが(笑)
前泊アリで山歩き企画立てたいですね*アシは自転車!


※鍵コメさん こんばんはございます。
こーも猛暑続きだとビアガーデンに行かずに居られませんよね~
感想お待ちしてます♪シラフの時に、またお出でください*

尾瀬だけでも感動モノですが、帰りの様子がまた素晴らしいです!(≧o≦)/

ところで車窓の赤城山はどの辺りからでしょうか?
渋川駅まで行くとこうは見えない?
いや、鉄道に乗らないのであてずっぽうです。
可能ならばどの辺りか教えて下さい。

窓枠に並んだ缶が、すっかりキレイに飲みきった写真で、見ているコッチが気持ちよくなりました(^o^)

こんばんは!

お邪魔します!スレイプニルさん。

わたし尾瀬行ったことないんです(^_^;)
素晴らしい景色の画像、紹介して頂きありがとうございます!

より一層、訪問したくなりました(^-^)


行くのも苦労・歩くのも苦労・その先の絶景*

トカ太さん こんばんはございます。

誰もが憧れる尾瀬*スケールがデカ過ぎて感動しました!
そして極楽居酒屋列車(山鳥)毎度飽きさせない群馬の魅力*
身近に在って羨ましいです…また地域情報教えてください♪
@赤城山の場所ですが、適当に撮ったので特定は難しいですが;
撮った時間が16:45>写ってる煙突状のモノ(佐久発電所?
&関越道)から見て、渋川・八木原駅の丁度真ん中辺りかも?
※酒画像と空き瓶は、撮らないと読者が心配するので(爆)


Tamariderさん こんばんはございます*

尾瀬は一生に1度でも、行ってみる価値大アリですよ!
この大自然の絶景には感動させられます*Tamarider
さんの実力なら、今回と同じ行程で十分通用するかも(笑)
@ちなみにグルメ系では冬季限定ですが片品村の飲食店で
はげ盛(激しい盛り付け)なるメニューが有るそうです…

のこのこと再コメ失礼します。

丁寧な車窓の説明ありがとうございました。
確かに佐久発電所のサージタンクみたいですね。すっかり見落としていて失礼しました。
とても気に入ったので、チャンスがあったらこの場所を探してみます(^o^)/

トカ太さん こんばんは。

場所が特定できた様で良かったです*
先日の鮎を喰った帰りも、似たアングルが写ってた
ので無意識に撮った、お気に入り風景なのかも。
@たしか沿線に側道があった様な?探して見て下さい♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP