FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

黒檜山~駒ヶ岳縦走

黒檜山へ
前回の続き:自走で赤城山まで登り着いて
昼の12時…一応予定通り、ココからは登山!
登るのは日本百名山の一つ赤城・黒檜山(くろびさん)
奇数年は山で成功する*を予兆する好天に恵まれ
挑むしかない、意欲満々で山歩き開始です*

いきなりトレイル
スタート地点が、いきなり岩だらけの階段;尾瀬も最初だけ
こんな感じだから進めばマシに成るでしょう*と考えていた。

この高さまで
歩き始めて僅か10分、この高さまで登ってきた!
大沼や赤城神社を見下ろし地蔵岳・北山も見える。

超ガレ場
地形はスタートから変ってません!絶えず岩登り;
さすが百名山!ハイキング感覚で来た事を後悔した。

ネコ岩
取り敢えず猫岩に到着*何でネコなのか分らんが…

岩だらけ。
猫道は絶えず岩だらけ、登りは良いけど下りだったら怖い。
このコース1.1km標高差470m=48%か~なるほど(汗)
距離が短いほど難易度が上るのは、自転車と共通してる。

良くなった
時々こんな道も歩ける*土の上は安心する。

もうガチで登山
でも結局こーなる、もうガチで登山ですな!轍も無いから
木に巻いてあるテープを頼りに進まないと遭難しそう(爆)

やっと分岐点
約1時間で分岐に到着!山頂は行き止まりだけど、
ココに来たら、ピークは外せない!あと100mか…

主峰 黒檜山頂@1828m
暫らく歩いて、主峰 黒檜山頂に到達@1828m
赤城山の一番上まで来ました!展望が無いせいか?
誰も居ない…展望台まで2分か、行ってみよう。

展望の丘
少し尾根道を進めば、一気に展望が開けて下界を一望*
あぁ写真だと立体感が表現出来ない!&雲で霞んでる!
しかし登った感が感じられる♪初めて自転車で峠を登った
時に見た景色と達成感に似た感動(゚∀゚*)これこそ醍醐味。
※麓の町は方角的に沼田だと思う、翌日は↑の更に奥…

昼飯*
ココで昼飯に仕様!さっき買った山菜まんじゅう。
[赤城山]と焼印が押されてる、ソレを赤城の山頂で*

山菜まんじゅう
中身は野菜・山菜・茸などの煮付けが包まれた
中華まん…っぽいモノ、味は甘辛くて結構イケる!

御黒檜山大神@祠
分岐点に戻って直進>次は隣の駒ヶ岳に向います。
道なりに進むと途中に@御黒檜山大神と書かれた祠が
赤城神社とは別なのかな?取り敢えず一礼して進む。

分岐点
分岐点に差し掛かりココから下り、花見ヶ原キャンプ場って
渡良瀬側の?全然反対側じゃん(間違えたら)富士山の
吉田口から須走口に降りるぐらい、とんでも無く方向違い!

整備されてる
この先は比較的道が整備されて歩き易い♪序盤がキツ
かったかので、アレが続くと思うと下山したい程だった。
※木階段は刺し穴だらけ、アイゼンに刺されたんだな。

小沼も見える
斜度はキツイが、道が良いので普通に歩ける。
見晴しの良い場所から小沼が見える、雲が無ければ
小沼の辺りで、富士山が見えるとか書いてあったが…

あの山へ
下り切って大弛と呼ばれる場所か?これから↑あの山へ。

振り返ると…
後ろを振り返って見ると、さっき登った黒檜山が見える。

大弛
尾根道を黙々と進む>誰とも会わない。

登り
やはり猫岩コースより遥かに歩き易い*
やっとハイキングっぽい山歩きが出来る。

駒ヶ岳
40分ほどで@駒ヶ岳に到着!残念ながらガスって展望ナシ
※そー言えば周辺の山に@足柄山・鍋割山・前浅間山とか
聞いた事ある様な名称ばかり…偶然か?憧れなのか??

尾根道
2山を縦走した所で、登りは終了~後は降りるだけ。
帰り道
まだ1.2kmか…結構距離ありますね。
大沼が「Onuma」と書かれてあるけど「Ono」じゃね?

雲が登って来た
雲が流れ込んで来た、富士山に次いで二度目。
鉄階段
急な下りには鉄製の階段が設置!物凄く整備されてる。
序盤の苦労はいったい何だったのか?普通こっち回り?

岩…
ただ所々にトレイルも有ります、ネコほどガレて無いけど
ぶっちゃけ2~3回は滑りました(爆)落ちなくて良かった。
にわか雨か?ポツポツ聞える、森の中なので雨宿り♪

縦走しました*
無事に駒ヶ岳側の登山口に降りて来ました*
2時間半と予定より早いペースでしたが…。

時間があるので
まだ3時前、宿のチェックイン(5時)には早いので〆に
近場で寄ってみたかった自称・小尾瀬こと覚満淵へ。
※ここでは「おのこ」(大沼湖)と表記されてる…どっち?

シカ避けネット
入口には、湿地の花が喰い荒らされない様
防鹿ネットが掛けてあった、ココを潜って園内に。

覚満淵
木道と言うか橋?杖は要らないので畳んだ。
アザミ
アザミが沢山咲いてた*
覚満淵2
覚満淵の雰囲気。
覚満淵3
静か過ぎる…
尾瀬っぽい
確かに尾瀬っぽい。
尾瀬か?
水面に映る景色ε~(´д`*)ふつくしい。
蜂撮り
必死に蜜を採取しまくるハチ。
これは尾瀬のパクリ
これは完全に尾瀬を意識してる。
アザミ2
大きな薊
虫撮り
必死に蜜を吸いまくる蝶
雲が流れる
近い所で雲が流れる、高知ならでは。
変った花
こんな変わった花も咲いてる*
アザミ痛い
しかし開花前のアザミは棘が鋭く脇腹に刺さって痛かった。
シシウド
閃光花火っぽく咲く花@シシウド。
周回一時間らしいが、30分で終了…
ちゃんと見て回ったんだが、歩くのが速いのか。

今宵の宿
銀猫を回収…はい、今宵の宿は@青木旅館(本館)
当初は別館を予約したが、宿側の予約ミスがあり…
満室なのに、受け入れ状態で取って仕舞ったらしい。
で、本館の方に空き部屋が有ったのでコチラに♪

老舗
民宿風の別館と異なり、本館は高級感ある趣…(汗)
でも泊った部屋までは増築した様な作りで安心した*

独り部屋
部屋は6畳一間の和室、めちゃくちゃ落ち着く
避暑地だからかクーラーは当然の如く無い。

シカの湯
まずは風呂に入って汗を流そう!
ヒルクライムと登山で汗ベタベタ('д`;)

取り敢えず風呂…広い
結構広い!別館の2倍ぐらい、窓辺から黒檜山が見れた*
熱い湯に漬かって30分ほど;疲れも癒えたし揚がろー。

待ってました♪
風呂揚りに欠かせない冷えた泡♪(ツケ)
麦茶ばかり飲んでたから麦酒の方が旨い!

窓から黒檜山が見える
体が風呂の熱で火照って暑い;扇風機も無いや~
窓を開けて風を受ける、涼しい*絶好の避暑地だね。
ココからも黒檜山が見える、この部屋は風呂場の上?

対岸はキャンプ村
向こう岸には野営してる者も…宿が取れなかったのか?
まぁ涼しいし蚊も出ないから(獣は出る)丁度良いのかも。
雨接近
でもこの日の晩、積雷雲が来て凄い豪雨になったが…
車中泊に為ったかもね、銀猫は玄関で手を丸く仕てた。

夕飯
夕飯は風呂揚りで一息付いてから喰おーと18:30に
頼んで置いた、食事処は料亭の一室みたいな空間(汗)
広いテーブルに1名様ポツン…隣は7人家族(うわっ!

小鉢と大沼のワカサギ?
小鉢に添えられた料理の数々、程良い量でも皿数が…
ワカサギの天麩羅が良かった*大沼湖で釣れた魚か?

上州和牛?シメの蕎麦
サラダと一緒に盛られたローストビーフ、肉は滅多に喰わ
ない方(魚派)だが…隣の席から「上州和牛じゃね?」との
声が聞えた、この宿ならあり得る!その気で喰いました♪
美味かった*そしてシメは蕎麦、もうハラ一杯で喰えぬ。

赤城姫で陶酔*
ちなみに恒例の地酒は、聖酒造@赤城姫に仕てみた。
姫って付くから軽い口当たりと予想して…香りや味わいは
イメージ通りの優雅な風味*しかし、舌に感じる強い味!
酵母とも違う酸味?このギャップが実に面白い(爆)
食後は部屋に戻り、翌日のコースや時間を頭に叩き込む
SNSとか呟き、気が付け11時!寝よう、明日も早いし。

スポンサーサイト

テーマ : 山登り - ジャンル : 趣味・実用

<< 暑い県で涼むと云う矛盾 | ホーム | 赤城山を登り切る” >>


コメント

楽しませて頂きました。

私は直線距離では赤城山頂にむちゃくちゃ近い所に住んでいるのに、とてもそこまでする気力も体力もないので。

繰り返しになりますが、本当に楽しませて頂きました。
ありがとうございます(^^)

楽しんで頂けて良かったです♪
赤城山ヒルクライムのち登山と疲れましたが、達成出来て満足*
大沼の宿も涼しく静かで居心地最高!殆ど酒呑みでしたが(爆)
@近いと中々行く機会が無かったりしますね~
地元民でも赤レンガ倉庫に入った事無かったり仕ます。
赤城山の登山はハードだけど、覚満淵ならイケますよ♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP