FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

未開の地へ

グンマー
@群馬を好んで居ながらココに来るか?これも愛だ。
ネット上で群馬県の扱われ方が酷い…その元凶が
この場所の画像から、グンマーと呼ばれる世界に…

私鉄輪行
次回も遠征予定なので、輪行費用をケチって(苦笑)
私鉄に乗ったのだが…常に満員状態で立つ事2時間
座れたのは板戸を過ぎた頃だった;スタート前で既に
疲労(´д`;)こんなんで走れるのか?で、寄居駅に到着
今日は夜行です!寄居は鴻巣より近道に為るので♪

だるま寺
R254はR17を避けて通る時に使うから馴染みの道
ただ藤岡から先は、うろ覚え(爆)川辺に沿って進めば
高崎に行ける”R406に移る為、橋を渡る手前に達磨
縁起だるまの少林山ですか。撮るネタが少ない夜行
こ~云ったオブジェ?とか有ると、ネタ的に有難い*

何も無い所に休憩場
コースはR406 榛名山を避けて、長野原のR144まで
一気に行ける最短コース!室田の交差点から先は未知
集落が途切れると、何も無い真っ暗闇の林道(((゚д゚;)))
その一角に販売機の明かりが*珈琲を飲んで一息。

蔵元
長い!ひたすら長い&ドコまで登るんだ級の坂道!
榛名を避けたつもりが、同等のヒルクライム(自滅)
その通りに@牧野酒造。こんな秘境に在ったとは!
星空が無茶苦茶キレイに見える自然豊かな環境*
酒造りにストレス無い良い場所だから旨いのかな。

須賀尾宿
蔵元を過ぎたら下り坂♪少しアシ休めが出来た*
分岐から須賀尾方面へ…やっぱり登り;鉄橋を渡った
辺りで夜が明けて、須賀尾の集落に*宿場町なのか
信州街道とも書かれあった※R406は草津街道じゃ?

夜明け
夜が明けると視界が良くて、撮りたく為る*

紅葉が始まってる
集落を過ぎた先にゲート、ココから峠道を進む
傾斜はソコソコ…標高が高いのか?気温なのか
紅葉の色付きが始まってる、すっかり秋ですな。

須賀尾峠
エッチラオッチラ登って市の境@須賀尾峠に到着!
小径車で峠越え&長距離は流石に堪えた(>_<"
後は下るだけ(∩´∀`)∩DHに夢中で画像無し

長野原
下り切った突き当りは、長野原草津口の最寄り
須賀尾峠~榛名山へ行った時と少し道が変った
新道はダム建設の為の迂回路で作られたのか?

吾妻渓谷
吾妻渓谷はココより下流側だけど、これも一部
なのかな?こー云う景色も旅の醍醐味*

朝食
草津の玄関口に辺る交差点@大津のコンビニで
質素な朝食、食欲が無い、コレで足りて終う。

隣町
補給を済ませ出発!流石に渋峠経由では行きません
時間が無ければ輪行したかったが、逆に2時間も有る
12km 2時間有れば鈍速でも間に合うべ!で、自走。

滝
道なりに進むと、滝が見えた*名は無い。

万座・鹿沢口
凡そ1時間で万座・鹿沢口駅に到着した。
意外と早かった、朝食ココでも良かったな~
しかし100kmを予測して実際は119kmだった。

バス輪行
ココから先はバスでの輪行に為ります、
ぁいや、万座高速は発動機限定の有料道路
嬬恋ヒルクライム(レース)以外通れないのよ。
※だから自転車糊に嬬恋の知名度は皆無!

1時間待ち
バスが来るのは9:20…銀猫の梱包5分足しても
1時間近く待つ、寒い、バスに乗れなきゃ鳥居峠を
登って折り返し>田代の蕎麦屋で残念会など考える。

嬬恋村
定刻通りバスが来て乗車!万座・鹿沢口から
バスで万座温泉へ輪行する事が出来ました♪
¥1350で登りを回避出来るなら安いモノだ*

料金所
中間地点に料金所、結構高い通行料(汗)
乗客4名で草津行きだけど採算取れる(つДT)

色付き
車窓から紅葉の景色*行ければ絶景の眺めだが
発動機でしか来れない卑怯、恋ヒルも休止状態。

出口
万座高速の出口に辺る@万座バスターミナルを下車
草津じゃナイけど臭っ&川が白い(!)大丈夫かココ?

空吹
ココに来たら見ておきたい万座温泉の名物@空吹。
硫化水素ガスがモクモクと立ち上がってます=くさい
紅葉の万座高速から一転・草木も生えない殺伐とした
岩肌も自然の美を表して観れる*温泉も良いな~

万座
空吹観たさに下車した訳で、ココからグンマーの地へ
しかし…急勾配;次のバス亭が在る万座王子宿の
激坂は堪らず下りて登った、その先は比較的緩やか。

紅葉は過ぎてる
道はL466を進む、標高が高くて紅葉は終わった感じ。

良い雰囲気*
やはり登り基調…激は無いし、景色が良い!
天気も良くて涼しい*絶好の行楽日和。

渋峠が見える
兎に角、景色・風景・景観・眺め・眺望・が素晴らしい!
渋峠の道とかも見えるし、紅葉の色付きも見頃。
絶景
更に移動して別の角度から、ドコから見ても良い景色

分岐
県境から下り坂となって分岐点、万座側だと死角の
左側が例の道”直進すると須坂に行って仕舞う!
この画像は長野側から見た図、目的地は毛無峠。

1本道
分岐から7割りは下り基調で進める♪帰りが…
近い
段々と道が怪しく為ってくれば近い!
ガレ場
駐車場?の広場から先は未舗装。

あの場所
そして到着しました!“あの場所へ”道中を見れば
違和感無いが、群馬県の存在を知らない人に↑コレ
だけ見せると、未開の地とも捉えられて終う(苦笑)

遭難多発区域
遭難多発区域…この先は行き止まり、
地図上だと下山すれば嬬恋村の方角だが
危険を承知で逝くのが居るのかね~?
グンマー
だからってグンマー↑に襲われてる訳では無い(爆)

アチャー・ダンベの国境
毛無峠の看板が在った、色褪せて読み難いが(ι゚д)σ
その一角に「アチャー・ダンベの国境」という文字が…
グンマー関連の落書きと思ったが、本物らしいΣ(゚д゚;)
アチャーは長野の方言で、だんべぇは群馬の方言?
要するに県境。しかし…やっちまったな感がハンパない。

鉱山跡地
グンマーの元ネタになったロケ地は小串硫黄鉱山跡。
歴史に興味無いから詳しく調べてナイけど、文字通り
硫黄を採掘してた場所だって事だけは分かる。

九十九が…
自己責任で小串鉱山の遺跡巡りも出来る様だが…
あの九十九折り;往復1時間以上は歩くだろう。
地滑りも多く起きてる様だから、行くのを止めた。

遺跡
近場でソレらしい物を見れそうなのは↑アレだろうか。

登る
ガレ場を登って行きます。
ゴンドラの跡
索道の近くまで来ました。
下から
役目を果たし100年近く経ちながらも原形を留めてる。
向こう側
過酷な環境だが、観光には良い風景だ*
銀猫と
雰囲気がイイので、銀猫と一緒に撮ってみた*
馴染みの渋峠の脇に、こんな場所が在ったなんて。

異国?
折り返して戻ります、外国にありそうな道の風景(*゚ー゚)
でも長野県です。緩やかな登りでも後半の登りは敵!

Uターン
分岐から万座方面に曲がって、まだ登る(汗)

下りるだけ*
やっと下り♪似た様な変わり映えの無い道を進む
万座まで取り敢えず下り基調だから楽でイイ*

左しか無い
で、万座王子宿の激坂を下った突き当り…自転車は
どの道"左しか無い"雨なら下り行きのバスに乗るが

万座のガスエリア
空吹とは別に、ココにも毒ガス噴出エリアが在った!
ガス噴出
結構吹き上ってます、臭いです@駐停車禁止区間。

登る;
ココからR292まで再び登り、先が見えると励みに
成らない!夜行のツケ(疲労)が回ってもアシは回らず。

これは。
傾斜はソレなりにあって、アシが攣りそう{{(゚Д゚;)}}
こんな道ですから↑ロードなら訳無いけど、小径車は。

やっと分岐
ハァハァ;やっと国道の分岐に着いた…時計は12:30
小串硫黄鉱山跡をパスして、予定より2時間余ってる。

空道
アシは既に売り切れて押し歩く程まで、限界が来てる;
しかし自転車糊の聖地にして王道の「渋峠」を傍らに
無視して帰るのも…時間も余ってるので、行く事に(汗)

先程の道
高原地帯まで進めば、先程通った道が見えてくる。
さっきは逆から見てた…ご苦労な事だ(爆)

近くて遠い
これが許せないんだよね~登り反し&見晴しツヅラ!

直線道路
でも眺めが抜群に良いから、一時だけ許す♪
この先は…記憶にございません。

渋峠
定点の渋峠に着きました!標高2172mあるのに暑い
極小径の時も快晴だったが、今回も素晴らしい秋晴れ
やはり奇数の年は山で巧く行く*じゃ~来年は自粛?

白根山
噴火警戒Lvの引き上げで白根山に登れない…
こんな絶好の快晴なら湯釜を観に行きたかった('A` )
遠目で見ても、見えそうで見えない釜のブルー…
※ガスの噴出量は大涌谷より少ない気がする。

峠の奥地に
渋峠の石碑の奥に広がる平原、その中に屋敷が;
何でこんな所に在るのだろう?奥の大都市は草津だな。

万座側;
再び折り返して下ります。冷えるから風避けも羽織る
渋峠を群馬側に下りると、目に着く怖ろしいカーブ道
日光イロハ坂みたい今回アレを登って来たんですよ;
万座から来るには↑の道を登る事になる(大汗)

閑散
噴火警戒Lvの影響で立ち入り規制中の白根山周辺
本来は通行出来ない範囲だが、陽の出てる時間帯に
限り、駐停車禁止で通行可*しかし寂しいほど閑散。

DH♪
あとは長野原まで下りっ放しだぜ*ヒャホー♪

混んでる!
しかし…白根に登れなくても発動機類は多く混んでる!
天気が悪ければ展望が無い代わりに空いてて走り易い
天気が良く見晴し抜群だと↑こーなる、どっちが良のか

ガス地帯
ココのガス地帯も外せませんね!湯気多目=臭い。

草津は紅葉*
毒ガス地帯を抜ければ森の中、紅葉が鮮やかだった
四輪と間隔が開き、止まりたく無かった為、画像なし。
湯畑も混んでそうだから草津の温泉街をパスして進む

買い出し
長野原までDHを堪能して、麓の商店街で買い物*
夜行は晩酌お預けの刑を受ける為、Alc燃料が不足
地元の酒屋なら近所の蔵元の酒が有ると見て正解!

ここまで
終点の長野原草津口駅に到着!今日はココまで。
予定より1時間早い;まぁ乗り遅れるより数倍良い*
しっかし…この駅も随分オサレに成ったものだ。
昔の長野原駅
4年前、この辺りはBRTじゃナイけど↑な感じだった。

山鳥が居た
駅舎も新しく成って広い*待合室に冷房が掛って無く
暑い;しかも凄く混んでた!が、8割は先発の特急に
乗って次の鈍行でも1割減った*出発時間が近くなり
改札を通ってホームに入ると、山鳥が居た!なぜか隣

例によって
今年は、この汽車に何回乗った事だろう?例外は
無いです、やまどりの良い所=安い(指定席券のみ)
広々極楽席*優越感*快速移動*乗り換え1回。
群馬旅は山鳥の運行日で決まる?時間も縛られるが;
※欠点は車内販売が無い事!飲食物は予め持参…

地酒&地ビール
この時を待ってました♪酒屋で買った地酒と地ビール*
今開けると味わう事無く瞬殺して終うので、取って置く。

酒盛りTime♪
早速!居酒屋列車状態(爆)先ずは普通酒で潤す*
旨い!我慢の末の泡は沁みる*車窓は新路線で
揺れの激しい吾妻線らしくナイ静かな乗り心地;
樽沢隧道も通らず、吾妻渓谷も微妙なアングル。

チューハイ地ビール
地酒??
汽車は八王子行きの便だが、横浜線は山手線に次いで
乗りたく無い路線なので、大宮で乗り換える予定!
以前は高崎停まりだった山鳥、大宮まで延長されて
長く快適な時間に浸れる♪独りでも退屈に為らない。

終了
鴻巣を通過もうすぐ乗り換え、酒類は↑この通り。
瓶は栓抜きが無くて諦めた※今思えばコレが有った
UTLの緑に乗車@混んでた…冷えた泡とちくわを肴
戸塚には9時、バスも終了間近だったが無事乗車*
最寄りで降りたら肩が痛い!銀猫の重みで紐が肩に
食い込んで担げない、コロで転がしたらラクだった♪
小径車は汎用性良いが長距離は…少し見直そう。
DST187km/Ave18km/MAX69km/Tm10:23

スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< ブレーキシューが剥がれた | ホーム | 地元に帰る >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP