FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

このブログの原点へ

トレイル
新年なので「あけおめ・ことよろ」と挨拶するのが
習わしですが、祝えない人も居るので敢えて言わない。
取り敢えず今年の初乗りはMTBです、去年はロードで
雪に降られるなど…今日は天気は良いがMTBに乗る!
このログを始める切っ掛けになったトレイルに行きました。

デポ
当ログが2010/4開始だから、約5年前に走って以来
限り無く疎覚えだが「馬は道を忘れず」と云う根拠の無い
言葉を信じ、この場所へやって来た*片道40km…

開始
記憶を頼りに進む、開始早々 落ち葉の絨毯*
サクサク踏みしめて心地良いが登り基調(汗)

秘密の入り口
暫らく進んだ所に、秘密の入り口がある。
以前、広葉樹さんと走った時は見落とした場所。

やっと乗れる
ココは「玄」の領域なのか?元旦だから?誰も居ない
独り黙々と進み、分岐点も記憶を頼り?に進んで行く。
疎覚えでも途切れ々で見覚えある景色を見れば合っ
てる!と安心して進める*相変わらずLvは高いけど。

崖
出ました名物の激崖!大きくしても分り難いけど…
この傾斜は35~40%ぐらい有ります、溝が深くて
クランクも回せない、勿論ブレーキも効かない。
ロープの有る場所です(爆)恐いけどコレが面白い*

ヤセオネ
まだまだ走ります、痩せ尾根の多い山ですな。
谷に落とす「根」の罠も多数あります、乗ったり押したり
雪猫だからCtrl効く方だが、5年前はチタン塊だったな。

茂み
雨季だと蜘蛛だらけの茂み、先が見えない程、茂ってる
コレを掻き分けて行けば…待ちに待った山頂=ピーク。
ピーク
登り切ったので、あとは下りるだけ*ただ…
例のヤマ場は越えても、ココは容易で無いのは確か
ソレだけは何故かトラウマの様に覚えて居た。

落ち葉のDH
DHヒャホー♪と行きたいが、傾斜がすげぇ:落ち葉で
滑る&見えない石に乗り上げて跳ねる!急カーブとか
突然現れたり;可能な限り乗ったが、スリルしか無い。

深い
標高は無い方でも、上昇量分のDHは楽しめる♪
しかし落ち葉が深過ぎる!幾ら雪上仕様の雪猫でも
ココまで落ち葉が積もってると進み難い↑先は崖だし。

結構険しい
誰も居ないし、荒れ放題で走り甲斐もある*
見えないジャンプ台で何度転倒し掛けた事か。

ココも変らず
ここも変ってませんね*何か懐かしくなってきた。
この先から道が良く成って、乗車100%と成って
DHが楽し過ぎて画像無し(爆)で楽しい時は過ぎ
前半終了
下りて来ました、出口も記憶通り間違いない*
やっぱ5年経ってもウマは道を忘れないんだな~

前は無かった
ただ↑の道は無かった、周囲も新しい道に変ってた。
次のコースは真正面に見えるが、直進出来る道は
無さそう…仕方なく、一旦下ってデポ地から登り反し!

ラダー
ココもツアーのコースに設定されてた場所。
入口は新道で少し変ってたが、場所は残ってた♪
まずはラダー越えから始まる、ワクワクします*

押す
ココも序盤は登り;木の根が階段になって登れない
XC系の塊ならイケそうでもD系の雪猫では困難!

乗る
乗れる所は乗って進む、登り基調でも帰りは下り♪

担ぐ
これは無理ですね、ハシゴは担いで登りましょう。

結構長い
こんなに長かったかな~?と思うほど長い距離。
しかも狭いシングルトラックに片側崖と言う地形が
絶えず続く;分岐が見えて、山頂方面に向かう。

山頂
山頂は乗って行ける場所でないオプションコースだが、
ここに来た序でだから、担ぎ上げてでも山頂に行こう!
とダラダラ登って、定点に着きました*何も無い(ι゚д゚)?

折り返し
帰りは、来た道の折り返し*下り基調だからラクで良い

ラダー
ココにもラダーが在りました、MTBの魅力です。

下りっ放し♪
分岐からのDHは道幅が広くなって走り易く、
乗車率も100%飛んだり滑ったりも出来て楽しい♪
距離もソコソコあったので、最後まで愉しめた。

山遊び終了
集落まで下りればトレイル終了、本当は〆のDHを
走ればフルコース*と為るのだが…陽が暮れて来た
ので今回は割愛する事に(涙)今回のコースを仲間と
(皆ロガー)走った時、この感動を伝えたいな~その
思いが遅ればせながら、やっと叶う事になりました。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< ゲイシャさんって、どんな味? | ホーム | 足柄の山を登ってきた >>


コメント

スレイプニルさん、あけましておめでとうございます。
(っと言ってよかったでしょうか)

40%って、押し登りも無理そうな..
第一、写真を見る限り、あっちこっち落ち葉だらけで
滅茶苦茶滑りそう..
あそこは、押されたのでしょうか、
それとも担がれたのでしょうか。

三島の苔丸さん こんばんはございます。

あの下りは実際に見ると、滑り台の階段側の勾配です。
スタート地点はキツイので少し下りた所から乗りました*
※落ち葉区間も、ほぼ乗車*サクッと揚って美味でしたよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP