FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

twitter

カテゴリ

検索フォーム

全記事表示リンク

月別アーカイブ

まとめ

カーボンレバーに取り替え

アルミレバー
銀猫BD-1に付けてるブレーキ@BL-M985。
鏡面のふつくしいブレーキ*その後、M987と言う
カーボンレバー型が登場しかしメッキの985と違い
ペンキの様な残念なカラーで987は却下したが…
カーボン素材は棄て難い;で或る賭けに出てみた。

小物部品
こんなモノを仕入れた、M987のレバー部品。
形状が同じなら互換性も有ると見て取り寄せた、
モデル違いだから確信は無いが試す価値はある。
※両方とも同じ型番、左右兼用なのか?

カーボン柄カーボン製?
カーボンと言えど綾織の様な綺麗な柄は全く無い
泥黒(マッドブラック)何とも素材の割に高級感無し(爆)
製造法も繊維を編んだモノでなく、ソレの切れ端を
樹脂で固めただけのモノ(!)だから¥2500×2也
意外と安かったが、しっかり軽い17g>10g(1個)

形状は同じ
985のアルミレバーと987のカーボンレバーを比べた
大きさ・形状は全く同じ、カーボンの方が少し肉厚。
違うのは油圧ポンプを押す部品だろうか?アルミより
肉厚なので、その部品は一回り小柄※ネジの径は同じ

緩める軸が取れる
早速 交換作業に入りますかね♪軸を留めている
ボルトを緩めると、簡単に軸を抜き取る事が出来る。

時計回しレバーが取れる
今度はポンプを押す部分&レバーの長さを調節する部分
ココを時計回しに全開に回せば、ネジ穴から抜け落ちる*
※M988は構造が違い↑を省略して、レバーを外せる。

抜けました*
外しました2mmのレンチ1本で…簡単なモノですな。
さて、ココからが本番!果してコレが移植可能か否か

芋ネジを挿入押し込む
取り敢えず、軸を固定する芋ネジを先に挿入しよう
落とすと厄介だ!こんな小さな部品1個で付かない;
レバーは逆ネジ状態で回し込むと入る@反時計回り。
ある程度ネジ込んだ所で、軸を挿して固定”あとは
レバーのリーチを好みの長さに合わせれば完了!

付け替え完了
両方付け替えました*ガタ干渉等、問題無く作動
これでBL-M985のカーボンレバー化が実現した♪

BL-M985カーボンレバー
引き当りや、レバーのタッチ等の違いは判らない。
軽量化も微々たる物…唯、地味でもカーボンの質感*
この寒い時季に、素手で握っても冷たくナイ所が良い。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< 熱し易く、冷め易いブレーキ。 | ホーム | 紙が無い(汗) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP