FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

秘境の温泉宿へ

山奥へ
住んでる人に失礼だが、群馬県屈指の僻地と言える
上野村が次の訪問地。gwの様な連休だと、観光地は
ドコも人だらけで嫌に為って仕舞う!なら殆ど知られて
無い秘境の地なら静かで良いかも♪と探し当てた所*
日帰りでは困難な場所柄、興味があって行ってきた。

地産地消の朝食7:05
朝は6:30起床、出発準備をしてる内に、朝食の時間
最近はコレでも多く感じて仕舞う…歳か?でも美味しい
から、残さず完食”朝メシ摂れば今日の活力に成る!

雨です
外に出ると予報通りの雨;上る予報が出て急遽雨具を
置いて来たが…本降りの雨を見ると、この先が心配。

ヤバそうな吊り橋8:00
利根川は上流なのに増水してます、
その一角にヤバそうな吊り橋が掛ってる、
板も落ちて、かなりG級スポットな感じです。

輪行
早速輪行ですか、ハイ雨の中を走る気は無いし
(宿から歩き)水上から上野村まではロードでも
途方も無く遠いから、高崎までワープ!します。

高崎
8:20の汽車に乗り、9:26高崎に到着!汽車で
1時間なら自走だと何時に為るんだ?時間を買って
体力も温存できた!ココから先は問答無用の自走;

晴れた空9:54
水上の雨が嘘の様に晴れ渡ってます*路面も
乾いて泥撥ねも無く普通に快適に走れます♪
今日は終日雨予報が出てたが、晴れに変った。

グンマの森
行く途中で気に為る場所へ@グンマの森公園。
美術館の在る所で、年中この通りは通って居たが
入った事は無かった。寄る切っ掛けは近寄ると…

ウマ?
ウマ?ココを紹介したログは、見たい銅像に近付く
処か逆に遠ざかって終ったのでコレは観に来いとの
示しなのか?群馬に来た序で&通り道なら寄ろう!

馬の銅像10:13
県名に馬が付いてる関係か?群馬の在来馬は
聞いた事無いけど…まぁ、とにかく馬です。
※隈本だってクマ絶滅して居ないんだから。

大きなウマ
巨きな馬と云う、そのまんまなタイトルの銅像。
重種馬よりデカい!ラオウが乗ってそうな程でかい。
と、ウマ像の実物を見れて満足*公園も広く綺麗。

塩分摂取
天気が良くなったのは良い事なんだが、暑いのは;
こ~云う時は美味しく塩分補給のできる飲み物に♪

藤の丘
ココも寄り道(爆)季節柄、藤の花が見頃を迎えてる*
今年は足利花公園に行かない予定に仕て仕舞ったが
藤は見たい!で「藤」の付く地名なら藤に関わってると
思って「藤岡市」の公園に寄ったら、狙い通りでした!

藤の木
銀猫を片隅に置かせてもらって、入園。¥0也

なかなか見事
公園の規模にしては、なかなか見事な咲き具合。

大道芸
広場では大道芸など、イベントも開催してた。

藤棚11:05
白藤も咲いて色鮮やか、藤棚も上段・下段と
段差が有って多く魅せる工夫がさすが!

満開
足利花公園は別格としても、さすが藤の付く市”
これだけの藤をタダで観れて得した気分♪

なかなか良い
屋台とかも有って、花見も出来る会場で飽きない
藤岡市は文字通り、藤の丘にありました*

長い…
2ヵ所も寄り道したら、12時前に為って仕舞った
一応…計画通りに進んで居るが、先は長い。

名所へ*11:59
神流川が見えて、やっと奥地への道に。
国道を反れて観光穴の有る通りへ寄り道♪

三波石峡の入り口
@三波石峡入口と書かれた看板が有った、
これは行くしかない!急階段と岩場を慎重に下る。

@三波石峡
下り着いた所が@三波石峡と言う河原。

清流
水が綺麗に輝いてる*かつては水無川だった
頃もあった様で…今は景勝地として復活*

岩
この一角に、三波石なる石が多い事に由来してるらしい
※サンバ石を大泉町に持って行ったらカーニバルですな

模様が特徴的
独特な模様を持つ石、石材としての価値も高いが
ココに有る岩石は全て天然記念物なのだとか。

三波石峡2
神秘的な雰囲気がします。

三波石峡3
更に上流に向かうと、大きな岩がゴロゴロ。
それぞれに名が付いてる。見分け付かないけど(爆)

下久保ダムの角
すぐ側にダム堤が見える、あの白い所から下は
水溜まり…壊れたら捌けて堪りませんな~因みに
ココはダム正面でなく真横、角の向が正面に辺る

下久保ダム正面
回り込んで@下久保ダムの正面に来ました!放水が
無く地道;ダムにはアーチ式・重力式・ロックフィル式が
有る中で、これは重力式。だけど支えの山は片側しか
無く直角の角の付いた、補助ダムを持つ変った構造。

激坂
国道に戻る道は、当然激坂!ダムの高さまで登る
事となる;勾配が激し過ぎて、登りだか?下りだか
平坦か分からない画像になっても、激坂@上りです
推定25%!この先の看板には23%と有ったが…。

見渡す12:40
やっと半分くらい登った(当然押し)下久保ダムも正面!
※上毛かるた@理想の電化に電源グンマーの絵柄は
ココだよね?三波石峡も@三波石と共に名高い冬桜。
何気に上毛カルタの名所巡りを仕て居たらしい*

神流湖
神流湖に着いた!初めて来た、人造湖だけど…
デカイなキレイだな~ワカサギも釣れるらしい。
だが心霊スポットと、不吉な噂が立つ場所でも;

自然豊か*
雨が降ってたら見れない、新緑の景色*
自然を直に体感できる自転車は最高のアシ
ただ…高低差が有って疲れる(´д`A)

神流町
1:24神流町に入った、ソレまで藤岡市…長かった
上野村は、まだ先!取り敢えず隣町に着いて安心*

鯉幟1:42
神流町では丁度@コイ幟祭を開催中と情報を仕入れ
寄る事にした*集落の通りからも、よく見える。

鯉幟2
更に近付いて、結構見事ですな~
中之条の嵩山みたいに、山に繋げてるタイプ。
長さでは及ばない分、幅で多く見せる手法ですか。

鯉幟3
会場に入ると、デカイ鯉幟が多いから迫力!
風も良い具合に吹いて、コイ幟も風に靡てる*

鯉幟4
会場の下流側、河原ではイベント開催で楽しそう。
ホント雨が降らなくて良かった*

鯉幟5
会場の上流側、ここも人混みで近寄れない(汗)
コイ幟の数は山頂に8列・平行に2列=10列の紐
×コイ幟の数…凄いな!♫線が鯉幟に成る訳だ!

ふるさと食堂ノスタルジック
時計は2時、昼食は未だだがハラは減ってナイ。
商店街周辺の飯処は、祭の影響で混んでたし!
でもログの更新も仕たいから、町を外れそうに
なった辺りに在った定食屋へ*懐かしい雰囲気

ます丼が気に為る
メニューは豊富♪観光地に来て、名物でもない
料理喰ってもハラの足しにしか為らないな~
ます?鱒の事か!定食も有ったがマス丼に仕様

鱒丼
待つこと数分で、出来上がりました♪見た目はカツ丼…
一口…美味い!魚で淡泊だけど、肉よりしつこくナイ*
甘辛な味付けも食欲を誘う;小鉢の惣菜も良い味だし
みそ汁も暑さで参った体に塩分が沁みて美味すぎる!
あの混んでた店も美味いだろうが、この素朴な店こそ
おふくろの味的な?毎日でも喰べれる料理でした♪

奇岩
ハラを満たしたから、ハンガーノックは起らないでしょう*
残り1/5ぐらいまで近付いて来た、もう一踏ん張り
近くの山を見ると、荒船山の様な変った形の山が。

丸岩3:03
ココにも変った岩が!川のド真ん中に巨石が鎮座。
その上に松の木…解らない;なぜ↑な物が在るのか
余りに謎多い為か?近くに鳥居と祠まで建ててあった

足跡の化石何となく…
幾度となく繰り返される寄り道癖、次は恐竜の足跡
の化石…骨じゃ無くて、足跡の化石ですか・・・。
レプリカとかじゃ無く、実物だと思うけど、道路沿い;
分らなくもナイ、
何となく…分らなくもナイ。
恐竜の足跡
一度寄って見たかった場所だったから、来れて満足
この辺りで化石が採れるのか?裏では採掘してた。
Uターンして元の道に戻ると@神流町恐竜センター…
色々有るんですね~しかも結構人入ってるし!

野栗沢の集落4:00
気温計は26℃の表示、山奥なのに暑いな~
だけど高崎の30℃と比べれば涼しい方か。
長い道のりを経て、ようやく上野村@野栗沢へ*
無茶苦茶吾が輩好みの雰囲気だ!理想郷。
アーケード商店
生活感の薄い道を進んで行くと、敷地?いや、店だ。
屋根が有るからアーケード商店だな*地酒も有る様子
店は開いてて酒類とツマミを購入♪訪れる観光客が
嬉しい様で会話が弾んで、先に進めない(苦笑)

秘境の宿に*
キャンプ場より更に奥地へと進むと、今宵の宿が見えた
なんか…青山荘(きまぐれ喫茶)に泊るぐらいの山奥に。
5時到着予定だったが4:24明るい内に到着できた*

広い!明るい*
チェックインを済ませて、部屋に案内されると…広い!
今回も8畳間*眺めと通気の良い角部屋、しかもトイレ
洗面所付き*他の部屋は共同なのに、ラッキーだ♪
※携帯の電波は圏外…宿のフリーWiFiで繋がった*
ネットの無い非日常生活は脱せなかった(TдT)

早速♪4:48
では早速、回復の泉を呑みましょうかね♪
店の人も「あの宿なら持ち込みも煩く言わない」と
言ってたので※前日の宿は持ち込みゴミは持ち帰り。
着火剤はリキュール*加速に麦酒*シメは地酒*
@巖カップ。藤岡の地酒だけど、この辺りでは銘酒。

洗濯物
温泉に入って汗を流したいが、例によって先客!
広い浴槽では無いから、独りで漬かりたい…
取り敢えず、服の汗を流そう”洗濯機は自由に
使える*洗った洗濯物は竿竹に掛けて干す…
由って、浴衣一枚です;あぁ早く風呂入りたい!

取り敢えずビール6:30
結局浴場は夕飯時に為っても空かないから、先に
夕飯にしましょう!とりあえず、冷えたビールで乾杯*
嬉しい事に、大瓶だよ*さすが分かってる!

塩焼き*
焼きたての塩焼きが登場*鮎っぽいけど、
この時期って獲れたっけ?凄く美味かったのは確か。

鉢もの
小鉢の惣菜類、野菜はタブン庭の畑で採れたモノかも
肉よりも野菜比率が高いのは、野菜が豊富に採れる
土地柄なのか?草食動物と仕ては、丁度良いぐらい。
※他にも揚げナスや、天ぷら等も有って量が・・・

猪豚鍋
鍋で煮込まれてたモノは@猪豚鍋!上野村は猪豚が
名産とか、猪豚…猪なのか豚なのか?喰った事ない。
肉の味は豚より濃いめ、脂はさっぱり風*と癖が無い
これも野菜・キノコと具沢山で、泡が進まない(汗)

シメは饂飩
シメは何とウドン!宿の旦那が仕込んだ手打ち饂飩*
猪豚鍋の残り汁に入れて、茹でて喰って欲しいとか。

極旨
汁が少し浸みた所で、引き上げます*具は3割残し
これは凄く美味い!満腹なのに箸が止まらない;
ウドン(゚∀゚)うめぇー!

完食ゲフー
50分掛けて完食!とても美味かった*美味い料理を
ガンガンに盛って来るのは一種の食の暴力?(;´ρ`)
料理でハラが膨れて炭酸は無理と判断し、1本のみ。

檜槽7:30
飯喰って直ぐ風呂場に行ったら、流石に空いてた♪
撮る為に>お宿の浴槽は檜風呂*凄く味が出てる

オリジナル・シャンプー
体を洗ってると、備品のシャンプーに青鳩が…
ココの源泉を呑みにアオバトがやって来るらしい。
海水を呑みに来る事で有名だが、塩味な源泉を
求めて来る様で、描かれてる。その成分入り?
薬師の湯・伊久海のシャンプー。確か売られてた。

熱い湯
湯を足に掛けて馴染まそうとするが熱い!50℃級
火傷する程熱せられてる(ココも冷鉱泉の追い炊き)
熱すぎる!源泉(水風呂)ブッ掛けて湯もみで冷ます
何とか入れる温度に(推定45℃)ソレでも未だ熱い;
3分が限度だが、色々と効きそうな湯ですな(汗)
揚ると夜風に当ってもホカホカ#星空が綺麗だった*

スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< 最後まで満喫* | ホーム | 水上・谷川 温泉と登山 >>


コメント

三波石峡きれいですね^^

実は私も5/6(金)に急遽仕事で神流町に行きました!
こいのぼりも見てきたので後日ブログを書こうと思います。

そして、ふるさと食堂のます丼!
私も以前食べたんですよ!↓↓
http://gunmaaaa.blog.fc2.com/blog-entry-10.html
美味しかったです♪

上野村の旅館はいい雰囲気ですね!

真・群馬都民!さん こんばんは。

雨予報が出て居た時は、半ば諦め気味でしたが…
晴れたおかげで絶景を拝める事が出来ました♪
神流川を泳ぐコイ幟も観れて大満足♪
重たい小径車での移動は疲れますが(汗)

@ふるさと食堂は偶然ですね*しかも「ます丼」まで!
ロガーの奇跡は偶然をも引き起こすとは…考えが同じ?
でも、味は本当に良かったですね*まさに隠れ家的な名店。

※宿編は書き途中でしたが;野栗沢は静かで居心地良く
集落の人も気さくで、自転車糊は久し振りに見たとか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP