FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリ

検索フォーム

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ハブメンテ(シールド編)

キシリウム
シールベアリング構造のキシリウムにハブメンテなんて不要!
でも無いんです、グリスが劣化し減れば鉄球なら熱を持ち擦り減る
セラミックベアリングなら割れ易くなってしまうのでメンテフリー
なイメージでも実際は毎年行いたい作業なのです。
※分解前にハブ軸を手で回し回転抵抗を覚えておいて下さい。
※空回り・ゴリゴリ感だったら覚えず再調整。
エンドキャップ
とりあえずキシリウムのハブメンテ後輪での説明です。
まず左側のエンドキャップを引き抜きます。※コレはネジ式では無いので
回しても外せません、また固く閉まってた場合オイルを注せば取れます。

反対側5mm
右側に5mmレンチを差し込みます。
玉あて
左側に玉当て調整工具を嵌めて、反時計回り回してハブの玉押しを外す。

10mmレンチ
※画像では玉押し外れて無いケド…
10mmレンチを差し込み左右で反時計回り回してハブ軸を外す。

抜く
右側が外れやすいです左側が外れない場合は玉押し工具で更に緩める
それでは無い場合、右側の軸を仮止め程度に付けて左側に押し込む
様に叩き込むと簡単に左側のハブ軸を取れます。
※右のハブ軸を外せばスプロケットごとフリー体を引き抜けます。

ハブパーツ
シールベアリングだから比較的キレイだけど汚れはしっかり落とす。
フリーの爪は小さいので無くさない様に(反しバネは特に)

シール剥がし
シールベアリングのシールは千枚通しなどの先が細く尖った物が
剥がしやすい、ただし強引に差し込むとシールが折れ曲がってしまう
ので慎重に剥がしていく。

ハブベアリング
剥がすと、こんな感じに。黒いのはセラミックベアリングだから。
フリー側
周りの汚れを拭き取りベアリングに洗浄剤を吹き付け古いグリスを
溶かしながら落としていく、ベアリングが無抵抗なぐらい軽く回れば
後は洗浄剤が気化するのを待つ。

洗浄剤
洗浄剤は出来れば手前のレスポの洗浄剤がお勧め、コレは塗装面の他
ゴムや樹脂をも溶かさないから、ベアリングの座間や反対側のシール
などにダメージを与えないので、この手の作業に最適!
金属面のみなら奥の洗浄剤の方が経済的。

ケミカル
古いグリスを拭き取ったら、新たにグリスを注入。
ベアリングにはセラミックベアリング専用の超低粘度グリス。
フリーオイルは2種混合、マビックオイルは極低粘度で無抵抗だけど
全てをゾンダホイールに変える爆音オイル…なので、クリスキングの
フリーオイルを混ぜて耐久性と低騒音にする。

グリス
ベアリング受けの中に押し込む様にグリスを注入してシールでフタする。
指で回しある程度回転抵抗が出れば良し相変わらず無抵抗に回ってたら
シールを剥がし再びグリスを注す。

フリーオイル
先ずはキングルブを塗ったらマビックオイルを等間隔に数滴垂らす。
※マビックオイルは滴れるので注意。

フリー&コグ
※画像はオイルは塗られて無いケド…
フリーを差し込む、ラチェットの爪を挟まない様に回しながら嵌めていく。
それでも入らない場合は直に爪を押し寝かせ嵌め込む。
※フリー体を嵌める前に間のワッシャを入れ忘れない様に。

10mmレンチ
反対側5mm
左右のハブ軸を締め付ける(本締め)

玉あて
10mmレンチを抜き玉押し工具で玉当て調整をする、この時右のレンチで
押さえ付け左側で微調整(覚えておいた玉当りに合わせる)程良い
回転抵抗に合わせたらエンドキャップを填めて完了。

フロントも
前も似た感じ、エンドキャップを外して玉押し工具を当て5mmのレンチで
脱着、ハブ軸はバラせるので組み立て時は
「5mmレンチ穴側に玉当て調整穴の無い玉押しを付けて」
「その反対側に穴の開いた玉押しを嵌める」
他は上と同じ。

簡単そうに見えても実は簡単(爆)調整も容易なので、お試しあれ。

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< ひと味ちがう ヤビツ峠 | ホーム | ブレーキオイル漏れ >>


コメント

作業内容、勉強になります。

具体的なケミカルなどの紹介写真、手も汚れるはずなのに、要所・要所の親切な写真、凄く勉強になりました。
自分では、不器用なので、この作業は出来ないと(汗)思いますが、何時か、飲んだ勢いで分解位は出来そうです。(爆)

実践してみて下さい※保障無し(爆)

オヤジさん こんばんは。
ハブメンテは自転車店でも行ってくれますが、預かり期間が長いので…
キシリウムは比較的、容易にメンテ出来ますよ壊れる部分はベアリングシールぐらい…
料理と同じで、自分で手に掛けると納得行く仕上がりに出来ますからね♪
メンテ後、滑らかで静かなホールを回して「実は俺スゲーじゃん!」
って言える優越感さえ感じますから~(大袈裟)
飲んだ勢いで分解ですか(笑)我は飲まないとホイール組む集中力が出て来ません(爆)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP