FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

twitter

カテゴリ

検索フォーム

全記事表示リンク

月別アーカイブ

まとめ

自作のカーボンスタンド

壊れたスタンド
銀猫BDに使ってた“世界一高額なキックスタンド”
¥13000の品が、覧の通り↑壊れて終いました…
無くても良いが有ると便利なスタンド、流石にコレは
直せないし高額な色+を買い直す気も微塵も無い!
ソコで安くて・シンプル・汎用に富んだモノを選んだ*

もげた
折れた箇所は、本体と足を繋ぐL字部分。
モノブロックだが所詮はアルミ、脆いですな
元々はもう少し厚みがあったがディスクに干渉し
付かなかった為、切り落とした事も強度低下を
招いた結果に繋がったのかも?買い直すにも
今は¥21400+税と尋常で無い額で却下。
そもそも20インチ用で自立安定感無し!無駄。

SLMV-1
ソコで選びに選んで買ったのがミノウラのSLMV-1
BD-1専用のキックスタンドだから相性は抜群!
形も地味にシンプル*価格は¥2700と、やや高め
それでも色+と比べたら8本も買えて仕舞う(笑)

回り止め加工ロック
BD専用とは言え、吾が輩のBDはオリジナルの面影
無いほど弄り尽した結晶*残念ながら2ヶ所の問題が
あってポン付け出来ない!でも加工すれば使えそうで
其の一”内装ギアの回り止めを固定する穴を拡張!
相手が鉄&厚みと削る範囲が広くて苦労した@2時間
アルフィーネでもスタンドが付けられる様になりました*

一工夫
※色+の時は↑な付け方を仕てましたがね…
これなら無加工で着けられるが、出っ張るし
本体がフレームから離れて、捩れに弱くなる
ネジだけで支えてる様なモノだから。。。

分解
其の二の問題は、銀猫は20インチに改造してある
元々は18インチなので、このスタンドも18インチしか
製品が無い…ただ作りを見ると分解出来そうだし*
足を差し替えればインチうpが可能と視て↑分解。
スリーブを抜くだけでバラせたが、バネで押さえてる
構造で、穴の位置にズレ…戻す時は大変かも(汗)

カーボンパイプ
強度・軽さ・見た目・加工の容易さでカーボンを採用♪
同じ外径10mmに内径8mm厚みが気に成る所だが…
長さは20インチに合わせ213mmに切る(後に183mm
にカットした)5mmのドリルで軸を固定する穴を開ける。
穴の位置はバネ力で割れない様10mmでなく8mmに
ずらして穴開け&ワッシャを挟んで補強したら本体に
挿し込む!穴の位置を微妙に近付けたがバネ固い!
何とか穴の位置が揃った所で、ガイドピンで固定その
隙にスリーブを打ち込んで繋げる、何とか巧く行った♪

エンドキャップ杖のキャップ
地面に接する面は、トレッキングポールのキャップ
山歩きで時々落ちてるやつ、これが丁度内径10mm
挿し込む深さやゴムの挟む力で、自然と付けられた*

BD-1スタンド 20インチ仕様18インチとの比較
完成したミノウラのキックスタンド改@カーボン仕様。
自作のBD-1スタンド20インチ仕様の完成です
18インチの足と比較をすると…長いですね~
※画像は213mmの時。この後キャップ分、短縮。
重量は延長しながら、155gの所を127gに軽量化*
費用もカーボンパイプ50cmで¥1000+送料程度。

早速取り付け
早速取り付けましょう♪始めはエンド部分がタイヤに
干渉してダメだった;寸法は測っても実測じゃ無いと
判らない事も有り…30mmカットして丁度良かった。

立掛けてみる
立掛けてみると、カットして少し傾き気味になるが
切る前は殆ど直立!十分自立安定感が保ててる*
色+とは大違い(笑)足も前寄りに踏ん張るから
勝手に動き出す事も無い←これはスタンドの構造。

大きな足一体感*
キャップを替えました、丸でも良いけど面積うpに
ヲーキング向けのキャップに仕てみたら、実に合う!
@苦労して削った回り止め部分、隙間無く嵌って
スタンドも専用設計で一体感があり造形美にも*

斜め前
スタンドの向きを上から見てみた、斜め前寄り。
色+のスタンドは垂直に地面を刺すタイプだった
箕浦は踏ん張る様に足を伸ばして見える段違い。

跳ね上げ干渉しない
跳ね上げてみた、立たす時は斜めに足を伸ばしてたが
戻す時は逆に内側に寄って、余分な出っ張りが無い♪
ガチーンな音も鳴らなく静か*バネの支えでブレも無し。
ローター(160mm)に干渉しない所も、良く出来てる*
※カットしてキャップ部分も干渉しない様に仕上げた;

畳んでみる
もう一つ重要なのが、折り畳んだ時。
変に出っ張ったり、他のパーツに当らないか?

ハンドルに触れない出っ張り少なく引込み気味
丁度良いアングルでハンドルに触れない*これなら
出っ張り量が少なく幅も取らない!さすがBD専用。
本体は少し出っ張るが、殆ど影響無し。先端が内寄り
に成った方が効果的(輪行袋に引っ掛からない)

無くても良いが有ると便利
無くても良いが有ると便利なキックスタンド。
何とか20インチに対応させて、機能性とデザインも
向上させられた♪しかも低価格で(爆)弄れたのが◎
更に汎用性が増した銀猫*今後の旅が楽しめそう♪

スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< 内装ギアのオイル交換 | ホーム | シーズン前の身嗜み >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP