FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

箱根路を歩く

天下の険
日本橋から三条大橋へ続く東海道五十三次の路
今でも国道1号線や、旧東海道として道が残ってる
東海道五十三次の中で最大の難所が箱根路…
自転車で登るのも大変だが、マシンの無い時代は
自力で越えてたのだから凄い!旧街道と言えど
今は当時の面影無いほど変り果てたが、箱根の
一部に旧街道(古道)が残ってる*今回のテーマは
古人達が辿った難所を巡るシブイ旅に出た。

紫陽花橋早速バス
東海道線>登山鉄道と乗り継いで、箱根湯元へ。
@自転車は走行不能な道なので今回は徒歩で行く
駅を出て紫陽花橋を渡って旧街道…には行かず;
旧街道行きのバスに乗ってワープ!前半に古道が
無い様なので…狭い旧道を歩くのが恐くバス移動。
※各駅・所要時間・運賃が表示↑さすが観光地!

須雲7:40
降りた所は須雲川(スクモガワ)と言う場所@300也。
シュールな神社の手前、ココに旧街道では無いが、
似た雰囲気の@須雲川自然探勝歩道なる道がある
@この辺

木の橋
木の橋が掛ってる、結構丈夫な作り。
崖下の川辺も綺麗に見えたが下手に写し却下。

林道ラダー
石畳も無く普通に山歩きの道ですな。

須雲川
@須雲川 なかなかの景勝地*

古道
ラダーで川を渡ると、天聖稲荷に出て道路を渡ると
ココも旧街道とは書かれて無いが、石畳の古道。

断続的に
道は1本に繋がってなく、所々で旧街道に途切れる
※道路も歩道も旧街道で紛らわしいから、道路側は
旧東海道とし、歩道側を古道と使い分けてみるか。

旧街道8:12
見落とし易い所に、箱根旧街道の道が!
起点なのか?一応↑と書かれてあるから、
ココから箱根古道を歩いてみよう*
@この辺

石畳
道は湿って苔生した不揃いな石畳の道で歩き難い
街道だから杖は要らないと思ったら甘かった(爆)

構造図
この様な解説図も幾つか展示してあった。

壁も石
朝が早いせいか?マイナーな道でか?
終始独り歩き…雰囲気を独占状態♪

畑宿
一旦畑宿の集落に出る、宿場町の筈だが
今は寄木細工の名工の町として知られる。

箱根古道8:27
自転車でも一息入れる畑宿で休憩を入れて
体が冷めない内に出発!一里塚を見に行こう

畑宿一里塚
歩いてすぐに↑畑宿一里塚、右が樅・左が欅だとか。
※箱根には、湯本茶屋・畑宿・元箱根の3箇所に
一里塚が在った様だが、唯一畑宿の一里塚だけ
当時の形態を留めて在る貴重なモノ@デカイです。

箱根古道2
良い雰囲気でも、すぐ横に旧東海道が通ってる
せいで四輪・原付の爆音が煩く、雰囲気も台無し。

七曲がり近道
難所の七曲がりは階段を使って近道*
しかし傾斜がキツく、対して変らん気が…

急階段椅子が有る
更に急階段!今でも難所なら昔はもっと?
階段の途中で分岐があり、勿論古道を進む
長椅子が設置されて有っても朽ちて使用禁止
@この辺

箱根古道3
古道を歩いて居ても、箱根の街だから
携帯の電波が普通に獲れる不思議な感覚。

箱根古道4
旧東海道は上り坂で、箱根旧街道は下り坂…?
登り反しに成りましたが;これも山歩きの醍醐味;

落ち葉が敷き詰められてる9:04
だいぶ登って寒くなってきた、落ち葉の散る場所。

箱根古道5
ココは七曲り坂で悶掻いた後、トドメを刺される坂!
歩きでも来ますね膝に(汗)寒いから、ゆっくり行こう。

山道
甘酒茶屋はスルーして続行”裏の道は登山道みたいな
石畳の敷かれてナイ通り※一部であって殆ど石畳だった。

旧街道入口9:38
ここは随分前に入った事のある旧街道の入口。
他の古道より目立つし、場所柄 行き来も仕易い
@この辺

箱根古道6箱根古道7
石畳は滑り易いし、凹凸が激しく踏むと痛い!
この道じゃ飛脚でもトレイルランは無理だな(笑)
下駄は無理か、草履も滑るから草鞋だろうね?
石畳を踏んで歩けば、足ツボ マッサージ効果が
あると思ったが…ただ痛いだけだ(爆)

二子山
ピークに差し掛かっても何の標識も無く下り坂。
途中に二子山を見晴らす場所へ、見えたのは
下二子山の方、上二子山は木で遮られて見え
難い&鉄塔が建てられ弄られ放題で画に成らず。

箱根古道8
誰ともすれ違う事の無かった旧街道(古道)でも
流石にココだけは5人ほど会った、先は如何か?

芦ノ湖10:24
7:30に歩き始めて、3時間で芦ノ湖に到着!
旧街道では関所が通過点なのだが押さえ処として
※何度も芦ノ湖に来てるが、富士山は初めて見た。

杉並木
元箱根から関所までは杉並木の道に変る*
石畳ではなく砂利道だから、足首に優しく歩き易い♪
※入口付近に元箱根の一里塚(跡)が有り塚は無い。
@この辺

巨◦
樹齢は分らん(文献は観てナイ)が巨◦に囲まれた空間
凄い!凄まじい!立派すぎて興奮して仕舞う(゚∀゚*)ヾ

関所
暫らく歩いて、箱根の関所前に着いた。

関所・資料館10:48
凄く格式高い風貌;資料館なので¥500掛る。。。
歴史に疎い者が入館して何を得るか分らず割愛;
※今思えば、入場券が通行手形とかのネタ的な
拘りが有ったかも?と後悔(爆)↑実際は不明。

駅伝の折り返し地点
近くの土産屋で買い物をして、先へ進むと銅像…
ココは箱根駅伝の折り返し地点ですな*

昼食
昼前だが、この先休憩を取れる場所が有るか
分らないからココで昼食を摂ろう!例に由って
コンビニおにぎり。竹皮包みの喰いたいな~

箱根古道911:22
メシも喰ったし、お茶も足した所で後半へ出発です!
@この辺

上が国道
進んで行くと↑の様な道とぶつかる、上が国道。
その下をくぐる様に旧街道が交差する…
上では全く気付かない様な所に道があったとは。

何気に杉並木
地図上では近道の筈が、結構な距離を歩いてる感じ
傾斜は分かる気がするが…この道は何気に杉並木
凄く存在感無く道も荒れてるが、素の雰囲気が◎

恐い道
最後に急階段を登ると、国道に当る”箱根新道の
入口付近で、道の駅を少し進んだ辺りに出る…
これが困った;ココから箱根峠まで歩道が無い!
路肩は深い側溝だし四輪が狂スピードで脇を通過
最悪の出口だが他に道は無く、恐る恐る進んだ。

箱根峠11:40
古道は途切れ途切れだし、四輪の事しか考えてナイ
道の作りに冷や冷やしながら、ようやく県境@箱根峠
箱根路も箱根側・三島側と箱根峠を境界線に区切って
案内も東西で分かれてた、この先は殆ど知らない。

ススキ
ススキが咲いてた、仙石原も見頃だろうな~
混んでそーだから行きたくナイけど。

謎のオブジェ
エコPの一角に、見て欲し気な謎のオブジェ。
折角の展示も雑草に囲まれ、悲しい状態に;

歩きはつらい
大部分の地図は在ったが、旧街道の看板や地図
案内標識が無く、仕方なく国道を降りて進む…
降りた途中に古道の出口が!どーやら@この辺
入口が在った様子;リサーチ不足で気付かず。

箱根古道1012:11
自転車なら最高の下りも、徒歩だと全く面白くナイ!
取り敢えず@接待茶屋(跡)から旧街道に入れた。
@この辺

箱根古道11箱根古道12
始めはMTBでも走れそうなトレイル*だが次第に
石畳も出現!フルサスでも乗り心地悪そう…
※そー言えば広葉樹さんが、小径車で旧街道の
古道を走った話を聞いた事がある…乗車率1ケタ
終いにはハブを壊した等;MTBでもキツイかも?

獣道
藪の中でケモノ道的な雰囲気の道で新鮮。

箱根古道13
基本下り基調だが、時々登りもある(;´Д`A
綺麗に整備されてあるのに不気味なほど誰も来ない
出口が民家の庭先だった事に驚いた@標識有り。

広い
道路を渡って、函南から三島に入る。
急に道が広くなって、石畳も平で歩き易い♪
箱根の足ツボ攻撃も無く、足下見なくても歩ける。
@この辺

橋の跡
一本杉石橋なる石橋も見付けた。

箱根古道141:00
途中に山中城跡と言う場所を通り掛ったがパス2
幾ら興味外でも、ロガーとして不味いな、、、
取り敢えず、三島ホテルに向って歩きましょう。
@この辺

沼ア
道が途切れ国道を進むと、見晴しが良くて1枚
ボヤ気てるが;沼アと駿河湾が見える*

通行止め!
山中城口で通行止め、富士見平でも通行止めだと!

吊り橋袂
古道の出入り口付近に丁度、三島大吊橋が。
入場料¥1000だし、雲って天気が良くなくパス3
※ソレでも多く入って居たし、道も尋ねられた。

箱根古道15
吊り橋の反対側から、旧街道へ進む道が続く
景色は畑…芋畑だろうか@三島コロッケの。
@この辺

街道13:38
国道を横断すると、雰囲気が一変!石畳の古道から
住宅街の路地に…これでも一応@旧街道なのだとか。

石畳割れ
路面がひび割れて石畳調に見えても
只の劣化でしょう。ちなみに↑のネコ、

ネコ
こんな所に居座ってましたwこのままでは
轢かれて仕舞うので、追いかけ回して逃がした。

DH
画像では分り難いが、結構な激坂です15%ぐらい?
DH出来たら爽快だろうな~徒歩なので足が痛む。

三島吊り橋
暫らくの間ず~っと舗装路の路地を歩いてて退屈
振り返ると、吊り橋が見える。結構歩いたものだ。

古道へ14:23
やっと古道の入り口が見えた!長かった…
林の中は落ち着く*石畳が足首に堪える;
ココまで長かったのに、異様に短く出口に(!)
@この辺

穴だらけ
ココの石畳は溶岩石の様な穴だらけの石。
富士山から飛んで来たモノなのか?

DNFしたい
古道を出ると再び路地…足裏が痛み出しDNFしたい
丁度バス亭が在ったが@14:54…30分待ちじゃ~
歩いても対して変らない、待ち時間が長過ぎる!
も~1ヶ所、石畳の道があるから仕方なく進もう('A` )

初音の松並木
注意深く探せば、昔の痕跡が残ってそーだが
意識する気力も薄れ、早く呑みたい気持ちに(笑)
国道と合流する松並木。ココが最後のCPか?
@この辺

箱根古道16
石畳に成ってる、古来のモノでなく現代風に敷き
詰めて歩き易く、旧街道の雰囲気も出している。

一里塚14:50
一里塚も見る事が出来た@錦田一里塚。
反対側の道にも立ってる、バスに乗ってDNF
したら見れなかった;頑張った貝があった*

箱根古道17
松並木で終わりと思ったら、まだ続く様子;

箱根古道起点?
ココも激坂下りだった、踏切に突き当ると看板が。
旧街道の入り口と書いてある…起点⇔終点か?
@この辺

新町橋
踏切を渡って三島の市街地を歩く、旧街道の面影は
この橋だろうか@新町橋。建て替えられてあるが、
大場川に掛る新町橋は昔から在った様子…?

三島大社15:31
通り沿いだったので、三島大社にも寄ってみた。

川
駅へ近道で進むと川辺、キレイな水。
白滝公園から流れてるモノだろうか?
鴨も一緒に流されて来た!

水分補給
6時なら沼津発の便に乗りたい所だが、4時前…
2時間待つなら早く帰ろうと、15:55発の便に乗車
※駅到着が15:50ギリギリ!熱海からは恒例の♪
歩数K無いから分らんが2・3万歩は往ったべ!
無茶苦茶歩いた後の炭酸は沁みるー*

今日の地酒
で、今日の地酒は@牧野酒造(富士宮) 箱根路(濁)
箱根山と悩んだが、旧街道がテーマで箱根路に*
肴は鈴廣の揚げ蒲♪宿場でなく汽車で独り酒盛り;
数百年以上の時が過ぎても、変らず残る史跡を探訪
出来て、一味違った旅の思い出に満足♪疲れたが。

跨いでた;17:34
シメ:最寄り駅の改札でブロックされた(!)
そうだった!全国で使えても、管轄を跨いで使う事は
出来なかったんだ;18切符の癖が付いて忘れてた。
以前は乗車駅でリセット仕なきゃ為らなかったが、
窓口の端末で精算出来る様に成ってた良かった♪

スポンサーサイト

テーマ : 山登り - ジャンル : 趣味・実用

<< 高松山を歩く | ホーム | 百薬の長 >>


コメント

スレイプニルさん、おはようございます。

私も確か15年前、東海道400年とかの話で
関連書籍が出て、それを見ながら似た様な
コースを歩きましたが、あの坂というか階段
洒落になんないですよね。
土よりもましなんだろうけど、石畳も足首
くじきそうになるし..
越えた三島側は、写真を見る限りまだ
藪なんだろうと思いますが、
後半楽しみにしてます。

前半は知っていたが、後半は未知。記事期待してます。

三島の苔丸さん こんばんは。

箱根に旧街道(古道)が有る事は知ってましたが
自転車で通りすがるだけで、1から登った事は無く
山歩きタグ付けて行ってみたら、大変でした(汗)
石畳と並木道の風情ある雰囲気ですが…やはり天下の険!
アシに堪えますね;昔の苦労が伝わって来ました。


Momongerさん こんばんは。

箱根路は甘酒茶屋の先が目に付く所ですね*
前夜の思い付きで、リサーチ不足の見落としが多く
ありますが;何とか誤魔化して仕上げたいと思いますw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP