FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

twitter

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

チャツボミゴケ公園スノーシュー ハイキング

スノーシューハイク
前回の続き@チャツボミゴケ公園スノーシューハイキング
この企画を知ったのはリンク先のブログの記事を読んで
夏に行き損ねた苦い過去のある場所で魅力的な企画を
実施と知って、行きたく成って堪らなくなり有言実行に♪

幟旗
初は2/19で申し込んだが、最低実施人数に達しず
翌週に延期となって2/26には他のエントリーも有り
実施可能と連絡が入り*今日に至った、楽しみだ♪

吊るし雛
宿から始発のバスに乗り、中之条駅で乗り換え
改札抜けてホームに入ると@吊るし雛が*

人形
こー云うの見ると癒されますね(´∀`*)かわいい。
以前は柿が吊るされてたが、今度は吊るし雛。
中之条駅は色々な物を吊るす習慣があるんだな~

みかん投げ(色)
汽車が到着しました@湘南カラーも、ココでは
鳥追い祭の「みかん投げ(色)」って所か(笑)

雪道
長野原草津口駅を下車、改札口でガイドさんが
待って居た*あと2名居る様で、取り敢えず
飲み物など補給してから、送迎車に乗り込む。
穴地獄まで車で約1時間、車窓から雪景色。

品木ダム
途中で上州湯の湖@品木ダムに通り掛った。
草津の強・酸性水を中和してる特殊なダム。

芳ヶ平山地
山脈を見渡せる通りで、山の説明を受けるが…
どれが、どの山か分らん(爆)白根山が左側で、
渋峠が右側だと思う?芳ヶ平は…見えない。

スタート地点
ココから歩き始める様子、冬季閉鎖中の公園を
このツアーに限り、特別な入場許可が下りてる*
つまり誰も足を踏み入れる事の出来ない場所を
我々だけ独占的に貸し切って仕舞えるのだ♪

スノーシュー
今回の企画の胆と為るアイテムが、この↑かんじき。
凍った道や狭い道はアイゼンを使うが、雪が積もった
場所でコレを使うと、足が沈まず容易に歩けるモノ*
使うのは初めて!杖は持参だが、これはレンタル。

4名
今日の参加者は、地元のマダム2人と、我…
ガイドの4人と少数だが、多過ぎるより良い♪

空
良い天気*青空を見ながら、ふかふかな雪の上に
寝転んでみた、こー云った体験って滅多に無いから
※これは倒れた時に起き上がれるか?の訓練。

開始
では、穴地獄に向けて出発!

ヤドリギ
前ばかり見てると見落としがちな;上にヤドリギ

池
池も氷ってる。

トラバース
雪道でもトラバース;スノーシューは登りに強い
このスノーシューにヒールリフターも付いてたから
セットして上ると斜面に対して、平行に出来て楽。

ズボッ
寒いとトイレが近いモノ(汗)中に雪は無いので
スノーシューを外して歩くと…ズボボッ!!

スノーシュー有りスノーシュー無し
スノーシューを付けると左の画像、無いと右側!
その差は歴然!スノーシューの威力を知った。

雪の深さ
ちなみに↑ぐらいの雪深さ…もう別世界ですな。
以前DNFしたので、この看板から先は未知の領域。

進む
暫らくは道路沿いを進んでると思うが、道が埋もれて
森に入ると方向感覚が鈍って仕舞う;雪道は足跡を
辿れば戻って来れると言うが…ガイド無しには不安。

おやつ
所々で休憩も入れます*雪道歩いて居るのに暑い
気温は晴れてても1~2℃だから寒い筈、汗掻くと
一気に体が冷えるから、ネックヲーマーなど余計な
防寒装備は外して、ベンチレーションで熱気を逃がす。
休憩序でにガイドさんから、おやつの差し入れ♪

雪原
広い雪原にキタ━━(゚∀゚)━━!!!(古っ)
これが雪山歩きの醍醐味*先人の残した
轍の「無い」新雪の上を踏みしめて行く。

広大!
素晴らしい景色、スキーでなく山歩きで↑の世界。
仲間にも誘いを掛けたが、雪山登山=アルパイン
クライミングと勘違いされて終った…ンな訳ナイ!
どーよ、この絶景!来なかった者は愚と知れ(笑)
※遠征&ツアー費用が掛るから無理は言えないが。
絶景
来た道を振り返ってみると、一段と良い雰囲気。
シーズン中でも、ココは通り道じゃナイと思う
ソコを歩いて行けるのだから、貴重な体験だ♪

ケモノの毛怪しい穴
更に進むと、ケモノの毛玉が散乱してる…
キツネの仕業らしく、近くに獲物を埋めた穴も;
中は見えないが、見える人には分るからボカシた。

温泉の川
更に進むと川が現れた、湯気が立ってる…
例の穴地獄から湧いてる温泉のせいだろうか。

鉄鉱石の壁
川辺の岩は鉄鉱石で、昔は鉱山だった様だ。
※この鉄鉱石はチャツボミゴケが作り出した
と言うウソみたいな本当の話しw

まだまだ続く
まだまだ続きます、そー簡単に着いたらモノ足りない!
しかし長い、夏の時はアシ切り喰らったが、この距離は
銀猫で走っても、30分以内の往復は出来そうに無い。

一服
2度目の休憩*今度はチャイ(印度の乳紅茶)を淹れて
くれた♪お茶菓子は、ガイドの奥さん手作りのタルト*
ツアーの内容には書いて無かったが、こー云う温かな
サービスがあって嬉しい♪印象に残る旅に成りますね。

湯の滝
今度は滝が見えた@温泉大滝と言うらしい。
水温が高い・外気は低い・水飛沫が蒸気に…

チャツボミゴケが生えてる
その滝にもチャツボミゴケが生えてる。
いよいよ近付いて来たかな?

何かある近付いてみた
川辺を進むと、徐々に穴地獄の場所が近いと
感じる=チャツボミゴケが目立って来るので、
この画像だと…?だが、実際は絶景でした*

チャツボミゴケ1
小さめの滝にチャツボミゴケの群生!すごい。

チャツボミゴケ2
入る事も取る事も出来ないから、ズームで撮ってみる。
青々(緑々)してて鮮やか*我々しか居ないから、
好きなアングルで撮り放題♪このツアー最高!

チャツボミゴケ3
雪景色と撮れるのも特権だが、雪山ハイクならでは
な良さがコレ、雪が積もって手すり以上の高さ!
身長3mないと見れない視線から、見下ろせる。

穴地獄
到着しました@穴地獄のチャツボミゴケ群生地。
夏に観れなかった場所を、まさかの雪景色で訪問
一角はお湯の温度が高く、雪が積もらない風景…
妖精が住む聖域の様にも見える※酸性水だがw

昼食
ここで昼食です!寒いから温かいモノで#
ぐんまちゃんウドン、銀座でしか見た事が無い。
ご当地パン@エルムの花豆みそジャム入りベーグル。

防寒座布団
東屋も建ってるが、屋根の雪が恐いから広場で。
直に座ると冷える&沈むから、エア座布団の登場!
安いのに効果覿面*用意して良かった♪

贅沢なひととき*
雪景色の穴地獄を観ながらメシが喰えるなんて*
夏に来てたらソレで満足して、この光景を見る機会は
無かったかも?あの時間切れがあり・この企画があり
その情報を知る、奇跡の連鎖で特別な光景を観れた。

おやつ
メシを喰い終えるとマダムから、おやつの差し入れ♪
チョコやドライ・トマトなど色々*和気あいあいと楽しい
吾が輩はコーヒーを沸かしたが、撮り忘れΣ(゚∀゚*)

チャツボミゴケとは
食後はフリータイム、下に降りて近くで観よう。
※看板があった!読める大きさに拡大できます。

チャツボミゴケ4
黒いのも目立つが枯れてはナイ、湯に近いほど鮮やか
なんだか海藻みたいw強い酸性の温泉を好む苔とは
草津の出湯小米に似てるが、別の生き物らしい…?
チャツボミゴケと言う名も、よく解ってナイようだ(爆)

チャツボミゴケ5
すごい数のチャツボミゴケ!これ程の群生は全国でも
ココだけとか、昔は草津の西の河原にも居たらしいが
観光地化の開発で姿を消した様子…苔自体は特に
珍しく無く、酸性湯の湧く所に生息してるみたい、
@これ程の群生は珍しく、つい最近2017/02/10
「六合チャツボミゴケ生物群集の鉄鉱生成地」が
文化財保護法に基づく国の天然記念物に指定!
このタイミングで、何か得した気分♪

帰路
穴地獄で行き止まりなので、来た道を戻る。
行きと違い、帰りは下り基調だから後半でも
疲れ難いコース*見る景色も変わり飽きない

結構長い
分岐から足跡の無い新雪を進む♪
別ルートが有るとは!楽しみが続く。

急斜面
そこにトラバース(!)スノーシューってね、
下り坂に めっぽう弱いのに、急斜面だと!!

ガイドが
ガイドさんが、おもむろに取り出した道具で…
ソリで
滑り下りた!なるほどソリか。
滑った
これなら慎重に降りる事なく、逆に楽しい♪
帰りの楽しみ♪
帰りの楽しみとは、ソリで滑り下りる事か*
歳に関係なく、楽しいと童心に帰りますね♪
※重量級の我が輩は、川の手前まで落ちた(爆)

この景色も◎
@温泉大滝を正面から見てみた、見事な滝だ!
シーズン中の深緑や紅葉も良いが、雪景色は
どのサイトにも載ってナイ!かなり特別ですよ。

新雪を踏みしめて行く
行きと違う道&新雪を踏んで行ける♪
一雨(雪)が降ればリセットされ、次の人も
同じように楽しめる*雨天決行なのか?

うさぎの足跡
途中でウサギの足跡を発見!
ソレを辿る狐の足跡も(笑)
Zootopiaだなぁ~

非日常の世界
鳥のtwitterも聞こえない静かな空間…
誰とも、すれ違う事も無く、進んで行く
時間も曜日も忘れさせる非日常的な世界。

不意打ち
何も無い所で転ぶと言うが、当にソレが起きた
突然、落とし穴に嵌まった様に右足から落下!
どうやら植木の上を通った様で植木の下に雪が
積もってなく、その空洞で陥没した様だ(笑)

元山神社
ひっそり佇む@元山神社。嘗て鉱山で栄えた頃は
人口2000ほど暮らして、映画館も有った所とか…
小串硫黄鉱山みたい、今は当時の面影は無く
自然に還り、ラムサール条約登録地に。

DNFした所…
管理事務所まで戻って来ました。
夏は無念のリタイアをした因縁の場所w
今回は特別な内容で来られた♪
※入園料はツアー料金に含まれてるのか?

もうすぐゴール
もうすぐデポ地、往復歩きは程良い距離と疲労感
スノーシューと言う道具を使った、新たな世界*
轍を歩く山歩きと違って、新鮮な体験が出来た。

お疲れ様でした
デポ地に戻って“お疲れ様”道具を収って帰り支度
一息ついた所で、〆の一服*このチャイに使ってる
牛乳は搾りたてを使用と聞いた、めっさ拘ってるわね
お茶菓子はブラウニー。寒いと甘いモノを欲する;

やまどり
移動中にヤマドリを見掛けた!これは珍しい♪
リゾートやまどりに何度か乗ってるが、野生の山鳥を
見たのは初めてだ*さすが県鳥。カモシカより魅力!

道の駅で
帰りの楽しみ2”道の駅「六合」に在る応徳温泉♪
雪山歩きで冷えた…処か汗掻いた;温泉に漬かって
リフレッシュ*昨日も今日も温泉尽くしだね。

日帰り温泉#
日帰り入浴は¥400也、秘湯の割に安い!
中を撮りたかったが、例によって先客。。。
黒い湯の花
草津に近いが泉質は真逆の弱アルカリ性
しかも低温、あがり湯として中和も出来そう。
沢渡温泉とも異なり、色は白濁の半透明、
灰の様に黒い湯の花が浮かんでた。

風呂上りの…
風呂を揚ると、目の前に販売機が!
何の躊躇いも無くロングをプシュ*大人の贅沢。
前日の服装に着替えたのだが、気付かれた;

解散
時間に為り駅で解散、お世話に成りました。
帰路は参加者3人で、おしゃべり仕ながら
楽しい一時…も前橋・高崎エリアで各自離脱

反省会
高崎駅で独りとなり、湘南新宿ラインに乗り換え
いつものミドリで独り反省会(汗)今回は充実の旅。

六合尽し
帰宅後は洗濯物を放り投げ、土産物を並べる。
道の駅で買った品々*楽しさの余韻に浸れる♪
いつもは自身で考えた?プランで旅をするが、
今回の様にツアーの企画も素晴らしく愉しめた!
滅多に連泊は出来ないが、底無しの魅力”群馬。
まだ見ぬ世界・見落としてる名所、次が楽しみ*
※ガイドさんの「HP」・「ログ」企画「旅なかのじょう
群馬情報「群馬の観光や名物と上毛かるた

スポンサーサイト

テーマ : 山登り - ジャンル : 趣味・実用

<< 久し振りに | ホーム | 前泊は沢渡温泉 >>


コメント

面白そう

雪上歩き、面白そう。記事完成期待。
信州に帰ったらやってみようか?

momongerさん こんばんは。

積雪の雪山歩きは面白いですよ♪
疲労感もあるので、自転車より良い運動に成るかも?
スノーシュー本体は安くナイけど、愉しめる事間違い無しです*

めちゃくちゃ楽しそうですね!!!
チャツボミゴケ見てみたいんです!
雪の中で見るとより緑が栄えそうですね^^

獣の毛玉はちょっとこわいですが^^;

真・群馬都民さん こんばんは。

めちゃくちゃ楽しかったですよ!
冬の間は雪に閉ざされ、立ち入る事も出来ない所を
雪道を進んでチャツボミゴケを独り占め※2人以上。
苔が一斉に染まるのは秋の様ですが、真冬でも見れて
混雑とも無縁だった、このツアーは極上でした♪
※ケモノの穴からは、嫌な臭いがΣ(゚д゚;)

これは本当に素晴らしいものを見せて頂きました。
根性ナシの私には絶対無理なので(^_^;

スレイプニルさんに喰い付いて頂けるような情報を、もっともっと探すように頑張ります(^o^)

お天気で良かった

苔好きの私としては、チャツボミゴケいいですね~~。行きたいなと思って居た所ですし。雪の時の方が格段に魅力的。昔風に言えば「かんじき」もう50年近く前、スキーと雪山を楽しんでいた事を思い出しました。「スノーシューハイキング」として楽しめるようになって、いいね~~。吹雪いては困りますが、体力落ちてなければ、来年挑戦してみようかな?防水靴と言ってもスキー靴じゃーーないですよね、、

トカ太さん こんばんは。

おかげで素晴らしい企画を堪能できました!
これだけ楽しめて、あの料金と良心的なのも◎
群馬は殆ど観て回りましたが、まだ知らない場所
季節絡みのイベント等、情報頼りにしてます*


利布創さん こんばんは。

前の週だと最高気温-5℃でしたが、今回は暖か#
雪山を歩いてる事を忘れさせるほど魅力に溢れてました*
苔好きならチャツボミゴケ公園きっと気に入ると思いますよ
今回の参加者2人も利布創さん世代の方でした。
遠いと言っても、草津温泉に行くと思えば同じ距離です
このツアーは3月一杯まで続いてるので、機会があれば是非!
※防水靴は何時ものカプラ(ゴアテックス)でも靴カイロ無しで
通用しました、スパッツと雨具は有った方が良いです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP