FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

twitter

カテゴリ

検索フォーム

全記事表示リンク

月別アーカイブ

まとめ

極小径車de乗鞍

極小径車de乗鞍
去年は極小径車でのエキセントリックネタが
無かった為、久々の伝説創りに向った先は
長野と岐阜の県境に在る@乗鞍”
ヒルクライム レースでお馴染みのソコ。


晩酌
これは帰りの画像でなく、行きでの画像です*
いきなり晩酌スタートですが;夜行列車に乗るので
終電輪行して夜間走行する訳で無いから、呑める
晩酌お預けの刑が無いから、ストレスに成らない。

夜行列車余裕で置けた
去年の栂池と同様の夜行列車”遠い場所でも、
寝てる間に移動、早朝に到着して時間を確保*
日帰り旅行を可能にしてくれる夢の様な汽車。
極小径車のスペースは空きまくりです。。。
※備忘録:先頭の6号車は背面テーブル無し
リクライニング角が浅い”1~5号車は真逆。

同族
18切符が7/20~9/10の間、利用出来るから
ソレに合わせた日程で切符を手配した!これなら
通常往復¥8000掛る遠征費用が¥2370で往復
出来るから格安!※日付が変わって最初に停まる
立川までは日付違いだから、その分の切符代は
別途支払い('A` )&指定席券も¥520必要だが;

松本電鉄
深酒に注意しながら4:36の列車旅*隣の席は
ドタ参が無かった為、終始空き…ソコを陣取って
仮眠を取ったり荷物を置いたり、松本には4:32
到着”次は松本電鉄に乗り換え!夜行列車に
合わせた臨時の列車♪終点まで直行してくれる。

シャトルバス
松電は4:45の発車で5:09に新島々に到着!
この後は乗鞍へ向うシャトルバスに乗り換える*
乗って来た汽車と併用すると割引が得られる♪
汽車の乗客は殆ど上高地行きで、乗鞍は3名…

だむ
バスは5:18の発車”自走だと困難と言うか
自転車での通行が不可能に近い道なので;
バスだと早いし、体力温存、リーチも♪
※乗鞍のレーサーは何で来てんだ自家用車?

三本滝6:30
6:05乗鞍観光センターに到着!ココで降りる
予定だったが、雨が降り出す前にゴールしたく
ゲートのある三本滝までワープ!1時間は短縮。
※割引で¥1950の乗車券は休暇村までの所、
無理言ったら、ココまで連続乗車させてくれた*

空気圧☑補給食ヨシ
降りたら登りの準備!車体を組み立てる、
折り畳み車だからココは容易*空気圧の☑
現時点で標高1800mピークは2700m…
2000m越えだから空気圧の点検は欠かせない
そして補給食も貼り付けて置く↑王滝みたい(笑)

開始!6:50
準備も整った所で、出発しましょう!コレで乗鞍?
1/4をカットしたが3/4は残ってるので御愛嬌;

通行止め?
ゲート前に自転車通行止めの看板が!!!
自家用車はダメでも自転車はOKなんじゃ?
係員に訊くと、長野側は登れるが岐阜側は
霧が激しくて通れない云々、そっか書いてある
のは乗鞍空道だ、ココは乗鞍音響線じゃん*
※バスに乗れば平湯温泉へ行けるらしい。

軽く登って7:03
雲って寒いぐらいだから、汗も掻かず順調*
軽~く登ってスタート地点の建物を見下ろす辺り
道も広いし、荒れてナイし、勾配もソコソコ、、、
何より四輪や原付が来無いのが一番良い♪
バスは1時間に1~2本だから富士山より◎
レース云々より、この走り易さが聖地なのかも。

滝
滝が見えたから、止まって見てみる。
三本滝ではナイと思うが;こ~云うの好き。

雨(怒)7:17
何かポツポツ当ると思ったら、次第に本降り!
予報は10時からの筈じゃ?!雨の当らない
場所を見付けて、一時雨宿り…

雨具
止みそうに無いし、スタートしてバス1駅程度…
ココでDNFしたら、何しに来たのか分らない!
遠征費用だって18切符と言えどタダじゃ無いし
仕方なく雨具を着込んで、行ける所まで続行!!

激坂7:48
比較的、平坦な場所が多く時折…急坂も有る
場所によっては↑な激坂も15%ぐらいでも、
極小径にとっては脅威”ココは押しました(;´Д`A

温泉の滝
再び滝*只の滝じゃナイ!何か温泉っぽい#
硫黄臭がするし、飛沫と言うか湯気?が温かい。
地蔵も鎮座してるし;足湯に漬かりたい所だが、
この雨の中じゃ余計濡れる!滑って流される(爆)

位ヶ原山荘8:13
チェックポイント@位ヶ原山荘が見えて来た*
別の自転車糊が寛いて居たが、先を急ぐ為スルー

永遠と登り
遅いから結構長く感じる、軽い下りも一切無し!
永遠と登り基調;しかも直線が長め”先が見えない

変態の山
見上げると苦痛な所から見下ろすと、九十九折り
久々に変態の山を見た(笑)ソコを極小径車でwww

雪渓
だいぶ標高も上がって来れば、雪の残る場所に
7月でも下界は真夏並の猛暑!ココは別世界だ。

残雪8:54
雰囲気が一転する渓谷沿いに入ると、雪渓も*
雪は六角形とか不思議な模様を模った溶け方…
溶岩の柱状節理とか蜂の巣とか自然の摂理?

寒い
ピークは近いと思われるが、雨は弱まってる…
霧が濃くなって視界が悪い!体はサウナスーツで
火照ってるから寒さは感じ無いが、吐く息は白い。

乗鞍のピーク9:17
先に登って行った自転車糊が折り返し、下り際に
応援を仕てくれた*僅かだがソレを励みに登り続け
ゲートが見えて来た!ゴールだ*が暴風の洗礼;

乗鞍登頂
極小径車de乗鞍を登りました*全然達成感が無い!
もはや罰ゲーム以外の何事でも無い、あり様だ。
だが隅に映ってる自転車糊は、ゴール前で偶然
居合わせた見届け人*少し報われた気がする…
※Timeは2:27乗鞍のワーストタイムかも(笑)

長野側
GIF県の画像は見るが、長野側は無いので
一応…反対側は↑な感じに為ってます。

超濃霧&暴風
写真では分らないが物凄い暴風です、風速50m?
叩きつけられる風圧”さっさと逃げたいが、
山頂だから吹き晒しで逃げ場も無し!我慢大会。

駒草
移動中に鉱山植物の駒草を見掛けて1枚*
暴風に揺られて、花がブレてます(´・ω・`)

鶴ケ池…?
乗鞍高原=鶴ケ池…?何なんですかね、このオチは
ココまで来て!栂池に次いで2度も、長野県と相性が
悪いのか?渋峠も長野側でコテンパンにされた過去
もあるし…群馬では起きない、やっぱりグンマー*

何も見えない9:28
真の見届け人が来てるので、バス乗り場の方に
何も見えない;ココは誰?赤城山の時みたい。

片づけ
濃霧の中、感覚を頼りに進むと建物が見えて来た
取り敢えず入り、待合室で利布創さんを発見*
出迎えされる側が、合流して仕舞った!まぁ外の
様子からソレは無理な相談だ(汗)でも形だけ到着”

バスでDH
ゲートは開いてたし門番も居無かったから
強行DHが出来たかも知れないが…この濃霧
雨&路面も濡れてる、極小径ブレーキ効かない
そんなリスクを冒してまで下る気には成らず、
勿体無いが大人しくバスに乗って下ります。。。

足湯#
バスは一旦 朴の木平を経由、他の乗客は全員降りた
やっぱり田舎の観光は、四輪で行く思考なんだな~
その後、平湯温泉バスターミナルへ…ココで松本行き
に乗り換える。予定では次の便に乗って、その間は
温泉に漬かって飛騨ウシ喰ったり…だったが雨のせいで
登山を諦めた者が屯い混雑!空いてる時間なのに…
予定が狂ったので、松本で反省会しよう!足湯で我慢。

特急バス
ココから松本駅まで直行!これなら乗鞍もエコーライン
スカイラインと両方走れて日帰りも出来る♪¥掛るが;
※有料道路は自転車では通行できない;安房峠なら
通れるが県境まで登り;逆より良いけど嫌ですね。

松本に着くも、渋滞で遅延…汽車には間に合わず;
次発で無くて良かった*遅れても次の便に乗れば良い
時計は1時、昼飯食おう”と探すが、なぜか開いてナイ
居酒屋は腐るほど見るが、昼呑み出来る所が皆無!
淵野辺よりマシかと降りたが、松本もシケてんな~
利布創さんがソバを喰いたがってて、探しまわると
酒屋にしか見えない店構えの@蔵のむこう。
[馬刺あります]…他辺ろーか、でも飯処が無いので
笹井酒造@笹の誉
入店”先ずは生で乾杯*笹井酒造@笹の誉。

ダシ巻き玉子
蕎麦屋の出汁巻き卵”ダシが効いて美味い!

注いで野沢菜
残りを注いで、肴は野沢菜*葉物は好物♪

昆虫系
信州の珍味セットに惹かれて頼んだら昆虫系!
  ↑左・ざざ虫  ↑中・ひび  ↑右イナゴ。
ヒビは蚕の蛹、長野も養蚕で有名だからか?
ざざ虫…キモイが旨い!この店…結構Lv高い。
昆虫食は別に抵抗無い(生きた幼虫は×)
田舎炊(佃煮)にすれば分らんし美味いし栄養◎

信州ソバ
長野と言えばソバでしょう!〆の麺類♪
迷った挙句、3種の喰べ比べセットに*
辛味大根・自然薯・山葵の茎?蕎麦は同じ。
やっぱり本場のソバは美味い!香りも歯応えも
つゆも辛過ぎず丁度良い*蕎麦湯には甘い;

地酒ラベル無し
最後にお勧めの地酒を一献*
ラベルの無い酒は絶対旨い法則通り、旨めぇー!

2階建て
腹も満たしたし時間も近付き、御開き!
駅へ向い鈍行で小淵沢、乗り換えで2階建てに。
ヤマドリ程じゃ無いが一応指定席、新宿まで快速

鈍行の共
腹一杯だが、酒は入るので二次会(爆)
甲府・大月辺りで混み始め、睡魔にウトウト
新宿からはSSLのミドリで三次会(!)
戸塚で利布創さんを見送って、極小径の
小ささを活かしタクシーで自宅に直行*
久々の伝説創りは疲れた;でも満足だ♪

スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< 夏鮎と地酒三昧 | ホーム | ちょっと峠で試し乗り >>


コメント

こんにちは^^

雪が残ってるんですか!?
霧もすごくて寒そうですね!

こちらとは別世界ですね♪

真・群馬都民さん こんばんは。

標高2700m級な所なので、万年雪なのかな?
天気が良ければ雪渓が綺麗に見える所みたいです。
この時季は下界の猛暑から解放される避暑地の涼しさ…
通り越して寒いですが;なかなか面白い所でした*

寒さ対策、それに雨具は必要ですね。
今週末の参考にします。
楽しみですが、車載なので呑めません。

いい加減でごめんなさい

極山頂付近でローディーさんと出会ったとの事。
ちょっとほっとして、
何だか「見届けるからね」何て言っておきながら、ちゃんとしたお出迎え?も出来ずすんませんでした。
でもなんだか楽しかったよ。旅の機会をありがとう。

Mさん こんばんは。

標高が高いので下界の感覚で居たら寒い目に遭います;
登りでは丁度良いですが、下りは流石に…&長い。
風避は勿論”グローブはフルフィンガーに仕ましょう。
※8月の渋峠は涼しいので大丈夫です標高も500m低
@大人の遠足は酒に始まり酒に終わるモノですよ。


利布創さん こんばんは。

先日は、お出迎えありがとうございました*
天気が残念で花畑も雪渓も観れず観光は空振りな所…
極小径の「しょうもない企画」に付き合って頂き
ゴールを見届けて貰って達成感を得られました♪
※あの暴風雨の中、ピークで待ってたら風邪ひきます。
帰りも反省会と談議で楽しい、ひとときでした*

お疲れ様でした。
天気を味方に出来ず残念。
下りの楽しみ小径車はやはり無理ですか?

しかし何をするにもロス無!
頭が下がります!
私にも大人の遠足教えてくださいw

マトケンさん こんばんは。

梅雨明けを狙ったのに、梅雨入りして参りました。
空道の下りも楽しみだったのに@極小径はブレーキ
効かないので、ブレーキ(殆ど)掛けずに降ります♪

静岡・群馬の様に行き慣れてる所は行き当りばったりw
今回の様な企画では、入念?な計画的行動を実施!
行程通りじゃ面白くナイ場面も有りますが、日帰りなので;
※大人の遠足は「自分を楽しむ」事ですよ*

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP