FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

twitter

カテゴリ

検索フォーム

全記事表示リンク

月別アーカイブ

まとめ

オーバースペック

小径車にMT 7
ひょんな事からMT Trail(MT 7)のキャリパーが
手に入り、移植先は…色からして銀猫??
本来の使い方から外れて仕舞う&シマグラw
こー云った仕様もアリかと*装着してみた。。。

XTR*
元々XTRのM985を付けていた、特に不満は無いが
インパクトに欠けるのが、シマノの地味~な所!

逆に付けたら…
取り付けようと仕たら、MTシリーズから油圧ホースを
繋げるバンジョーボルトの径が、M6からM5に変り
既存のボルトでは互換性が無い!バンジョーボルトも
付いて無かった…買うにもマグラを扱う店は稀だし~
で、ブリード側はM6だったので逆に付けてみた(笑)
が、キャリパーや台座に干渉して調整が効かない。

自作のバンジョー・ボルト
一か八か、自作のバンジョー・ボルトで試す事に!
アルミのM5×15mmの中心に縦穴を開けてみる、
切削油を垂らすと容易に出来た*更に横穴も開ける
アルミで強度面が気になるが、油圧なら何とか??
※試作1号は締め付け時オーバートルクで真っ二つ(爆)

オイル漏れは無し*
元々のバンジョーはM6サイズだからM5を挿せば
1mmの隙間が空く*この空間から横穴を通じて縦穴
キャリパー側へと油圧を掛ける…狙い通り巧く行った
シールワッシャを噛ましたお陰で、オイル漏れも無し。

MT TRAIL
定位置だから、今度は干渉も無く微調整可能♪
まだブレーキの当りは出てナイが、対向4ピストン
トリプルアーチで剛性は相当高そう;レバーは
XTRでタッチの変化は無かったが…取り敢えず
使えて良かった、しかし小径車にMT Trailか~
無駄なオーバースペックは、自己満足に尽きる*

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< 渡良瀬渓谷の紅葉ポタ | ホーム | ポケッタブルを入れるポケッタブル >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP