FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

twitter

カテゴリ

検索フォーム

全記事表示リンク

月別アーカイブ

まとめ

急な思い付きで矢倉岳へ

矢倉岳
ぼちぼち紅葉ポタの企画が起こると思ったが
企画は起きず平日に行って終われた…じゃ~
ドコに行こうか?ヤマは半年近く登って無いから
山がイイ!利布創さんもオフとの事で誘いを掛け
足柄エリアの矢倉岳で、紅葉登山に行ってきた。

サラダラーメン
6時に起きて最寄り駅まで歩き、戸塚で乗り換え0分の
東海道線に乗り換える、この日は競走大会が有って
通勤ラッシュを超える”超大混雑!熱気で窓が曇る程
大磯や二宮で大群が降りて、一息も束の間で国府津。

アシガラ8:40
松田で降りて、利布創さんと合流*8:10発のバスに
乗って矢倉沢で下車(¥520)あの坂の手前だとは…

凸ヤマ
バス亭は矢倉沢だが、向うヤマは矢倉岳↑
似た名前で全然違う!岳と付くがハイキングLv

ゲート9:09
ケモノ除けの門から登山開始”暫らく舗装路が続く。

登る
舗装も途切れ、林道を進むと登山道に。
絶えず登り続ける;地蔵堂や万葉公園より
下からのスタートだから、上昇率は遥かに高い。

紅葉9:44
序盤は元気だし、天気も寒くなく汗掻く陽気*
日差しもあって紅葉が映えます。

近い筈…
上の方が明るくなって、こー云った階段が見えると
ピークが近いと錯覚して仕舞うが、この先が尾根道
だったり、軽く下って正面に凸!が登山あるある。

山頂10:20
やっと山頂に到着!まさに頂上で周囲360°
見渡せて、富士山も大きく見える*

箱根側
コチラは箱根側、大涌谷の湯気が無ければ判らない。
まだ10時で昼食には早いから、下山します。。。

富士見下山
富士山を見ながら降りて行く贅沢な道♪
その後は林で展望はなくなったが…

違う気が10:58
地蔵堂に降りては物足りないから、万葉公園まで
行く内容に仕て進み、分岐点を直進するが…
何か違う、道がマニアック過ぎるし方角も離れてる
地図に道は表示されないが居場所は分かる、
やはり違う様だ;鳥手山に行くルートっぽいが戻る。

この道
片道10分程度の寄り道に為ったが;分岐点に戻り
正規ルートへ、ちゃんと案内版が有りました(爆)
道は先の方が落ち葉で柔かいのにココは踏み固め
られて固く膝に来そう;長い下りだから慎重に進もう。

大分回った11:37
登った矢倉岳が横に見えます、だいぶ進んだ。

城山っぽい
登ったり下りたり、道は狭いシングルトラック
MTBでも走れそうな整備された登山道で
津久井の城山公園の道に似た雰囲気。

足柄峠
道が途切れて、足柄峠の道路に出た。
自転車では何度か登ってるが↑な道だとは
改めて見ると「奇行」としか思えない。

歩いて12:53
足柄峠に着きました@山歩きで。

定点
一応定点のオベリスクにも寄りましょう。

足柄古道の入口案内
降りる道も在る筈だが、見当たらず屈辱の道路下山
仕様としたら@足柄古道の入口♪分かり難い所に。

落ち葉のトレイル
サクサク落ち葉のトレイル*最高です。

石畳
石畳も有ったりで古道の雰囲気も出てます。
時折道路を横断したり側道を通ったりするが
8割近く古道の林道を進んで行けて良かった。

最後まで紅葉尽し
登り反すの嫌だから上の道から進むと
鮮やかな紅葉が〆を飾ってくれた♪

ジゾウ堂13:59
30分前に地蔵堂のバス停に到着”
1日3本しか走ってナイから、時間厳守。
14:25の便に乗って新松田へ¥660也
天気も紅葉も山歩きも最高の1日でした♪
利布創さんのログ。

テーマ : 山登り - ジャンル : 趣味・実用

<< 呑み過ぎ忘年会 | ホーム | 自販機ダシの質は確かだった。 >>


コメント

お天気に恵まれて

矢倉岳は行かなくては、、って思って居た所、
自転車では何度もあの辺をウロウロしていたのですが、
バスで行くのも面倒だな~~などとぐずぐずしていました。
機会をくださってありがとう。
思いのほか適度な運動と景色に満足な行程でしたね。
機会がありましたらまたお誘いいただければと思います。

利布創さん こんばんは。

渡良瀬に続いて、今回も良い天気で楽しめましたね*
自転車でヒーヒィ言いながら登る足柄峠から見える
あの遠くから分かり易い形の山を登る日が来るとは…
でも思ったほど傾斜も無く、ブランク明けには丁度良し
程良い疲れと、満足の山歩きでした♪
コチラこそ年内は僅かですが;来年も宜しくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP