FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

twitter

カテゴリ

検索フォーム

全記事表示リンク

月別アーカイブ

まとめ

ウサギの楽園*Rabbit Island

ウサギ島
今ではウサギ島と言った方が通用する大久野島。
有名に成る前から存在は知ってたが、なんせ遠い!
行きたくても行く機会が無く諦めてた所を、考え方を
変えたら可能性が見えて、実現する事が出来た♪

明け方?
前回の続き>ビジフォに泊り、6:45に目覚ましが鳴る
外は真っ暗!あと1時間後でイイ”二度寝(爆)
7:30でも薄暗い、更に遅れると混み合うから…

朝も喰い放題
朝食は普通にセルフの取り放題・喰い放題。
皿が大きいと無駄に取り過ぎて仕舞う;
※骨が多いが鰤スープが結構イケた*

三原駅
船が出て無いので、三原駅から汽車で移動
乗車区間が短いから18切符を使わずに
西瓜で改札をパス!しかし寒い;

キイロ列車
8:22の汽車に乗車”やはりキイロい列車。
※広島でなく「広」行きって何か紛らわしい!

海辺を走る
呉線は海辺を走る路線で、浜辺のすぐ横!
江ノ電より海に近いし!絶好の車窓ですな*

ただの海
降りる駅は、何の変哲も無い、ただの海。
余りに海が身近過ぎて、どーでも良い感じ。。。

船着き場
船の乗り場は駅の裏側、歩いて回ると…
客船ターミナルとは思えない↑忠海港。
喫茶店みたいな船着き場w兎が目立つ♪

待合室
待合室もウサ。
更に兎グッズも売られてて、取り敢えずエサも。

乗船券
乗船券を往復で購入”片道¥310×2
目の前に見える島だから安いのか高いのか?

ウサギだらけ
反対側の仮設待合室は…
この壁の前でインタビュー受けたい。

コレは運休
こんな船も、1時間に1本のフェリーより間隔の短い
高速船…主に混み合う休日に運行の様だが、
今日は運休!お陰でフェリーが来るまで40分待ち。

船に乗る
やっと船が来た!寒かった;先頭だから一番乗り!
振り返ると桟橋の奥まで行列!出港が遅れそう。。。

15分クルーズ
案の定5分の折り返しなど出来る筈無く15分遅れ
移動は15分ほど…窓辺を取ったが、混み過ぎて
外に立った者に阻まれ景色は期待出来ず(涙)

大久野島10:00
大久野島に上陸”本当に来れた!ウサギ島に♪

早速ウサギ!
その名に偽り無く、至る所にウサギ・ウサギ・ウサギ

逆回りに
殆どの人が時計回りに進むから、敢えて逆に移動
その方が煩くナイし、ウサギの歓迎も受けられる*

発電所跡
ウサギを目的に来てるが、嘗てココは戦時中
毒ガス製造を行っていた…その当時の遺跡
一番有名かも?発電所跡らしい。

ブツブツ模様
ウサギも沢山居ます、ブツブツ模様まで。

進む
取り敢えず、展望台方面に進んでみよう
道は舗装されてて、傾斜も緩く歩き易い。

手丸い*
手を丸くして警戒してるウサギ。

火薬庫
道なり進むと煉瓦造りの@火薬庫。物騒な所。

中は?
中は?屋根が落ちて煉瓦の囲いだけの状態。
保管が火薬だっただけに、この一角だけ窪地・土堤?

未舗装
一部で未舗装の所も、登山靴だから問題無し。

続・ぶつぶつウサギ
今度は茶系のブツブツ兎”マイナーコースを
辿ってるせいか?観光客の通過が少なくて
ウサギ自ら(エサ欲しさに)駆け寄ってきた*

うさぎリンゴ
ウサギ島に因んで@うさぎリンゴ

耳から齧られた
挙げると耳から齧られた!流石に喰いつきが良い

水
島の随所にウサギの水飲み場が在る。
今日はドコも満杯だった、餌は観光客から
貰えても、水はコレが頼りの様だ。

持参品
持参したのはスライスしたリンゴと、船着き場で
買ったペレット、水、ドライフルーツ等も持ってきた。
ペレットや野菜は飽きてる筈、寒いから栄養と
旨味のある果物に仕たら、ウサギ達に好評だった*

登山道
どーせなら、整備された道よりマニアックな方向へ*

結構あるリアル・ガチ
普通にジャングル…ウサギの遭遇率は0%だった
水皿や巣穴が有るから、日中は表で夜にココか?
タブン島が要塞だった頃は↑な道だったのかも。

舗装路に
突き当ると舗装路に出た、ショートカットしたか。
展望台に近い様だが、結構な坂道になってる;

兄弟ウサ
誰も居なく、黙々と歩いて居るとウサギが!
褐色で耳の先が黒い野兎系の兄弟ウサ♪
短足だからANA兎でしょう。

立った*
立ちあがった*(´∀`=)この仕草に燃える。

広場
広場に出ると、ココにも居ました。
駆け寄って来ないから腹は満たしてる様子。

わらわら…
展望台へ揚ると、わらわら…ウサギが湧いて来た!

展望台10:39
展望台、誰も居ない。

眺め
瀬戸内海を一望”良い眺めですな。

集まって来た!
ウサギが更に集まって来てるし!
持参の餌が足りなく為りそう…

たくさん居る
キリが無いから餌をバラ撒いて、群がる隙に離脱。

追って来る
駆け寄る者も居れば、追って来る者も
その内、他の誰かが揚って来るでしょう。

中部砲台跡
展望台を降りて広場に戻る、案内板の通り
進むと@中部砲台跡なる物騒な場所へ。

遺跡です
石積みに蔓が巻いて遺跡の雰囲気を出してる。

倉庫
砲弾の倉庫だろうか?造形美がなかなか*

中身
中は広く無く狭くも無い、よく作ったな~

階段
階段を登れば上に行ける様子。
てか遺跡を使って良いものなのか?

上は広場
上は広場になってた、砲台跡はドコ?

ウサギ来た
更に奥の道へ進むとウサギが現れた*
駆けて来るウサギは飢えてるからエサやり。

鉄塔
本島から延びる電線を通す鉄塔。
他の離島に渡してる様子、県で電気も違うのか?
コレを見れば遠くからでも大久野島を見分けられる

降りる
長い急階段を降りる、流石に誰も居ない…
眺めは抜群に良い!方角は北かな?

何かの跡
ココにも人工的な囲いの何か?
花壇?そんな余裕無いか~
でも日本庭園跡も有ったから…

ウサギ居た!
こんな辺境の地にウサギは居ないだろう…居た!
広場でなく↑な場所に佇む、孤高のウサギ。

懐いてる
相当餓えてるのか?すぐに寄って来たw
撮る前に喰らい付きに来るし;かわいい*

ドライ・フルーツも
栄養補給にドライ・フルーツ*
手皿は噛まれるが、ソレはウサギを飼ってた
から大丈夫”大概はバラ撒いて与えたがね。

出口…
下山すると出口は…ココから登る者は居ないやね。

ココも台場
降りた所に広場@北部砲台跡らしい。
あのウサギ!孤高でも何でも無いじゃん

砲台の台座
ココの方が砲台跡って感じがする。

加農砲
cannonって加農と書くのか~知らなんだ。
蛙の歌かプリンターかと思ったら大砲とは;

土台
砲台は撤去されて土台のみ。
それでも規模が伺える大きさ;

タンク置き場
その隣は毒ガスタンクを置く場所…
重火器の隣に置いて危なくないか?

通路を進み
半地下とか在って要塞ですな。
ココはウサギが少ないから移動しよう。

毒ガス貯蔵庫
急坂を降りて海辺に進むと、巨大な建物が!

でかい
毒ガス貯蔵庫らしい、これまた物騒な…
当時の写真を見ても超巨大!
※直径4m高さ11m容量85t

大きい
よく破壊されずに残ったモノだ…
そもそも地図から消された島だから
攻撃の対象外だったのか?攻撃すると
毒ガスが舞って危ないからか??

網の向こう
道なりに南下、テニスコートが見えるが利用者0!
時代を感じさせる…そのネット内側にウサギさん。
コチラに来たいが網に阻まれて来れないオチ。

あげ過ぎ
これは誰かがバラ撒いたモノ…
食に不自由無いと思うが、挙げ過ぎだろー

海辺
海が近いです、海の無い群馬・長野・岐阜とか
行ってたから海に馴染みが無く、久々な気分;
※東京湾・相模湾・駿河湾を見慣れてる筈が。

駆け寄る*
ウサギが駆け寄って来ると嬉しいものです*
餌やりも楽しみの1つだが、辺りは正露丸だらけ。

丸いウサギ
ココでも手を丸くしたウサギが(´д`*)
只でさえ丸いウサギが更に丸く_(゚;ё;゚;` 」 ∠)_.

遺跡前でも
遺跡の周りだろうとウサギには関係無し。

余裕のウサ
休暇村の施設まで来ると、ウサギの数が倍増!
おそらく島のウサギ1/5はココに集中してるかと?
宿泊利用者が朝夕に餌やりするから、近付かない
満腹で餌に喰い付かないから、駆け寄る者のみ。

休暇村
この島で唯一の宿泊施設@大久野島 休暇村。
平日ぐらいしか宿は取れません、週末や連休とも
為れば100%取るのは困難で、ココを諦めた。

俄か霰
さっきまで晴れてたのに急に降り出した!
雨に混じって霰も*寒い訳だ;広島って
こんな寒いイメージ無かったが迂闊だった。

白黒ウサギ
白黒ウサギを発見!吾が輩にとって白黒ウサギは
特別な存在”手なずけて餌やり*やっぱ白黒に限る

照明跡
何か誰も行かない道を進むと照明所跡なる遺跡。

エサやり禁止区
休暇村の送迎バスが通る道側はエサやり禁止区
道路に出て轢かれるのを防ぐ為、ウサギは結構
賢いから、しつけると大体理解してくれる。

開いてナイ
ウサギ島と呼ばれる前は、毒ガス島だった…
それの資料館が在るのだが今日まで休館。

集音器
ビジターセンターに移動すると、ウサ耳集音器。
流石に独り体験する勇気は無かった・・・。

ウサギ島
ココにもウサギが沢山居る♪流石ウサギ島。

まだ有る、お台場
取り敢えず人の少ない内側の道へ行き…お台場。

かなり味がある
かなり雰囲気のある@南部砲台跡。

当時のまま
他の台場より、攻撃的な造り。

白ウサギ
白ウサギ発見!陸に天敵は居なくても、空からの
敵は居るから目立つ白ウサギは貴重な存在だ。

1週終えて
1週終えて船着き場に戻って来た@13:17
帰るには早いし、船も大分後に来るから…

時計回りに進む
も~1週回ろう!まだ寄って無い所も在るし
観光客も散ったから、今度は時計回りに進む。

仔ウサギ
仔ウサギが走り回ってる*ウサギは癒される。

良い雰囲気
さっき雨霰が降ってたのに、この天気!

セクシー
ビーチで日焼けするセクシーうさぎ。

瀬戸内海
瀬戸内海です。

大久野島の灯台
名も無い大久野島の灯台。

膝に寄る*
灯台守のウサギ。
マイナーなのか?囲まれた。

ウサギの塊
ココでペレットもリンゴも尽きて、乾燥果物だけに。

夕日の丘
夕日の丘…夕暮れまで待てません。

見晴し台
休暇村の山側(照明所跡の隣?)の見晴し台。

やり過ぎ
球技場を過ぎて巨大貯蔵庫も通り、激坂を進むと
またも大量のエサ!やり過ぎじゃろ。よく見ると
キャベツの芯や虫食いの葉など廃棄する様なモノ
捨てちゃうならウサギとっては御馳走*これは◎

砲台
分岐の先に台場が在った!どんだけ警戒してんだ?

北部砲台跡
北部砲台跡って先も見たな…上のが24cm砲で、
ココが12cm速射砲を配備してたと書いてある。

重厚
コレもなかなか雰囲気でてて恐い。

孤高のウサギ
今はウサギが黒歴を拭う存在になってます*
しかし↑のウサギは今までの中で一番警戒心が
強くなかなか近寄らないが、最終的には手懐けた。

戻る
行きは登山道で脱線したが、その分岐に戻って
あとは桟橋まで進むだけ>さっき兎リンゴを与えた
ブツブツ模様のウサギが居た”テリトリーなのか?

桟橋14:34
船が来るのが見えて慌てたが、来る方向が逆!
やはり経由しただけ、しかし今の時間で??
訊くと15分遅れらしい…この寒さでマジか!
取り敢えずウサギを観ながら、折り返しを待つ。

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

<< 帰りも鈍行… | ホーム | 鈍行で広島に行くってバカじゃないの? >>


コメント

ウサギ年

同類沢山!
うさぎ年としてはいつか行かねば。

momongerさん こんばんは。

去年も今年も来年も毎年ウサギ年ですね♪
大久野島はウサギの癒し効果が絶大で、
殺傷力も強大*ただ倒れると正露丸が付着!
ココは島並み街道より、お勧めします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP