FC2カウンター

プロフィール

スレイプニル

Author:スレイプニル
上り坂では別脚を持つ事がHNの由来
自転車で普通にも異常にも走ります。
ロード・MTB・小径車で楽しみ*
メンテや改造も得意と仕てます♪

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

リンク

twitter

カテゴリ

検索フォーム

全記事表示リンク

月別アーカイブ

まとめ

タイヤ交換が面倒で丈夫なやつ。

劣化
通勤のアシとして、クロスバイク化してるチタン塊。
いつもの様に出したら、空気が抜けてる…
パンクか?そりゃ~見るからに参った状態だ;
※↑まで仕ないとパンクしないコンチもタフ。

補修材
チューブラーのタイヤ交換は兎に角億劫な作業&
チューブラーは高価だから、尚”酷使させよう!と
シーラント液を注ぎ込んで騙し騙し使った、、、
しかしシーラントでも塞ぎ切れないか?再び空気抜け。

新たに
仕方なく新調*前はコンペを使ってたが、高いし
鯔に着ける様なレース志向でもナイ街乗り程度なら
スプリンターに格下げ(苦笑)ソコまでコンチに拘る!
※コンチ最大の弱点はサイドカットに弱い事;
それ以外は超高性能だから他に変える気は無い。
補強版
その…弱点の克服ではナイが防止に一役買うのが
ゲータースキンのシリーズに使われるデュラスキン。
乗り心地はコンペより硬い印象”25Cで和らげてる
から、四季ほど硬く感じないし、グリップに黒唐辛子
配合で、よく回り、よく曲がる。中堅ながら高品質*

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

<< 下山家 | ホーム | 立て続けの依頼 >>


コメント

シーラント材

Dr.こんばんは。

今夏の大雨で地盤流出して家屋倒壊しましたが、昨今に移転先の空き家を見つけて転居しました。

空き家は数年放置されてた物件なんで、取り敢えず住める状態まで修繕して速入居したので、優先順位の高い部分から修理修繕しながら住んでいます。

で、本題ですが、今春に預けたGTですが、前後ともスローパンクに....

チューブを外して水没させても何処からも泡は発見できず、バルブコアも交換したのに一晩でペシャンコに....

チューブはTIOGAの26×1.9~2.3米式で、購入は昨年の春頃。

幸いなことに、今までスローパンクになったことがなく、今回はタイヤシーリング材を試してみようかと思いまして....

で、アップされてるシーリング材って、臭くないですか??

コンビニで休憩してるサイクリストに話を聞いてみたら、「Stan's NOTUBES TIRE SEALANT」は安くて入手し易いが凄くく臭いとのことで、多少高価だが「CaffeLatex」の方がいいよ~ って言ってました。

シーラント材のお薦めって、ありますかぁ??



Nervさん こんばんは。

引っ越ししたのに倒壊とは災難ですね;
でも無事で、なによりです*

@本題のスローパンク。
以前オーバーホールした時も、引き上げ直前で
スローパンクが起きてました;その時も泡は出ず
虫のネジを締めた事で治まりましたが…

シーラントを入れれば、薄い膜が貼られて機密性が
増すのでスローパンクには効果あるかも*
※チューブはチューブレスやチューブラーほどの
パンク修理(穴埋め)効果は期待できませんが。

このシーラント凄くと言うほど臭くナイですが
臭いはします;ピカールよりマシなぐらい。
>シーラント材のお薦めって、ありますかぁ??
シーラント剤を使わない事をお薦めします。
空気漏れ防止や小さな穴を塞ぐ効果があっても
空気の補充時に噴く!すぐ拭かないと固まる取れない
手に付くとベタつく&臭い!石鹸でもなかなか落ちない
チューブレスの場合、リムを腐食させる場合もある。
USTの様なシーラント無しで使えるチューブレスが
良いのでチューブレス女は使ってません。

では、チューブ交換ですねぇ....

と、その前にチューブは交換する前提で、一度どんなもんかシーラント材を試してみます。

シーラント材の使用はお勧めしないとのことですが、どういう感じなのか身をもって経験しときまし....

Nervさん こんばんは。

スローパンクのチューブで試してみる試みが素晴らしい!
何事も経験と失敗(苦笑)理解できれば応用も効きます*
シーラントは長所もあれば短所もあって出来れば使わない方向で…
機密性が増して数日経ってもタイヤがパンパンなのは嬉しいけど
補充の時に噴くのが…米式なら少ないかな?仏は噴く&バルブが固まる。
※今の自動車は電池スペースで予備タイヤを載せられず
パンクしたらシーラント注いでコンプレッサーで空気入れ
一時的な応急処置に過ぎないとか?ホイールも傷める様子。

シーラント材の使用はお勧めしないとのことなのに....

チューブ交換を前提でとは言え、敢えてシーラント材を試してみようとの考えを、お叱りされるかと思っていましたが....

チューブに使用するのでリムへの攻撃は少ないとは思いますが、サイクリストが勧めた「caffelatex」というのを試してみます。(アンモニアを含有していないらしく、扱いやすいとのこと)

どうせチューブは交換するので、ナチュラルスリック化したタイヤを組んで色々と実験してみます。

さて、どうなりますやら....

とりあえず1週間ほど毎日60分程度、鬼怒川河川敷のガレ場を無造作に走行してみましたが、空気漏れはありません。パンパンの状態を保ってます!!

で、本日は通常使用しているタイヤを外して、ナチュラルスリック化しているタイヤに交換。

エアを抜く際バルブが下方にあると、バルブコアを緩めるとシーラントが吹き出ます....

シーラントは速乾性のようで、垂れるとすぐ乾いて、薄いゴム幕になるようです。乾いたらペロペロと剥がせて、洗うまでの必要はありませんでした??

エア抜きも補充も、バルブが上方にあれば吹くことはありませんでした。

さて、トレッド面に画びょうを刺して、そのままホイールを回転させます(走行中のパンクを想定)。
刺したままでは、画びょうの頭からシーラントが10秒程度ブクブク滲み出ますが、それでパンクは塞がったようです。

画びょうを抜くと、シーラントがブクブク出ますが今度は数秒で止まりました。

千枚通しを刺して抜きます。同じく10秒程度のブクブクで穴は塞がるようです。

タイヤサイドでも同様に試してみましたが、サイドのパンクでも、14秒程度で塞がるようです。

ここまでの結果は、素晴らしいです!!

彫刻刀の丸刀を刺してみたところ、塞がるのは20秒以上かかりました。エア抜けもそれなりにありますが、競技中であったとしても気づいてすぐに補充すれば大丈夫なレベルでは??

カッターで15mm程度の切れ目を入れてみたところ、穴を塞ぐには無理があるようです....
しかしながら、エアが一気に抜けることはないので、慌てずに停止出来れば転倒や、車体のダメージは回避出来るかと....

一応、カッターで切った部位をパッチで修理を試みましたが、シーラントを綺麗に拭き取らないと糊が付きませんでした。アルコールで拭いてから修理すればパッチも付きました。

その後、チューブを裂いて中身を見てみました。チューブ内面全体がシーラントの泡だらけになってました。放置しておいたら乾いてゴム化してましたので、べたつくこともなく廃棄も楽でした。

これって、パンク防止(予防)にアリじゃん??

って、思ってしまいました....

Nervさん こんばんは。

これはインプレ記事に成りますよ!
当記事のシーラントではココまで即効性は無いので;
caffelatexは高いだけの事は有るようですね*
漏れたモノが固まっても剥がせるのは良いかも。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP